SatoshiFujiwaraさんの映画レビュー・感想・評価

SatoshiFujiwara

SatoshiFujiwara

ビーチ・バム まじめに不真面目(2019年製作の映画)

4.1

一見したところの野放図さがその野放図さにおいて一個の倫理を表しているという。下手に教条主義的にならないのがハーモニー・コリンよ。あるいは楽観主義的悲劇、か。

あみこ(2017年製作の映画)

4.0

映画はもはや大衆娯楽じゃないと1996年頃の蓮實重彦は言っていたけど、それは別にゴダールの映画が大衆娯楽じゃないって意味じゃなくてメディアの文脈が変質したってことだろう。「あんな女大衆文化じゃん」と吐>>続きを読む

コミック雑誌なんかいらない!(1986年製作の映画)

3.2

前半は構成がのっぺりしていて大して面白くもなく、麻生祐未とのシーンがいかにもだせえ。結局は豊田商事事件を再現したラストが全て持っていく構図。なんとなればたけしばかりが印象に残ってしまう。まあそれはそれ>>続きを読む

The Rape of the Vampire(英題)(1968年製作の映画)

2.9

ゴシックホラー的な前半は良かったが後半いまいち(しかし音楽は良い。バルネ・ウィランのクレジットがあってちょっと驚いた。フリーキーなサックス最高)。雑な編集には苦笑。だから運動感が出ず鈍重。まあキワモノ>>続きを読む

東京裁判(1983年製作の映画)

4.3

ニュルンベルク裁判のドキュメンタリーもあるんで観ねばなるまいな。

日子(2020年製作の映画)

3.9

東京フィルメックス
邦題『日子』

『郊遊 ピクニック』で商業映画の監督から引退って話だったはずのツァイ・ミンリャンだが、では本作はなんなんですかね。まあそれはともかく、これも前作のドキュメンタリーで
>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

3.9

東京フィルメックス
邦題『逃げた女』

キム・ミニが昔なじみの3人の女の友人知人を訪ねて回って他愛もない話をするだけ、しかしその会話の端々もしくは実際に「闖入」してくる訳あり/癖の強い男の存在が時間の
>>続きを読む

オープニング・ナイト(1978年製作の映画)

4.7

本作に基づいたイヴォ・ヴァン・ホーヴェ演出の同名の演劇作品の特別上映を観るにあたって久しぶりに元のこれを再見。すげぇなしかし。意表を付くカメラワーク、映画内演劇がスムーズに進行しているのか否かがわから>>続きを読む

空に住む(2020年製作の映画)

3.5

明日子(美村里江)と雅博(鶴見辰吾)、特に前者の嘘くさくイタい感じは終始背中がむず痒くていたたまれなかったし、作家の吉田(大森南朋)が妻がいるのにこれまた婚約者のいる編集者の愛子(岩井ゆきの)と関係を>>続きを読む

本気のしるし 劇場版(2020年製作の映画)

4.2

本作、長いなあと躊躇しながらも「最高の幸せってどんな時に思います? 私は今です」と少し前のチョーヤのCMで瀬戸康史演じるバーテンダーにはにかみながら語りかける綺麗なお姉さんの土村芳(気になってたんで>>続きを読む

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)

3.8

割にシンプルな話をこねくり回して映像的/音響的にも極めてフェティッシュなこだわりがブチ込まれた快作と思う。ノワールって宣伝文句だが、ノワールのパロディですねこれは。チョウ(フー・ゴー)が死にいたる前、>>続きを読む

>|