ソガさんの映画レビュー・感想・評価

ソガ

ソガ

映画とシロノワール大好きマン
いいねしてくれた人を大体フォローします

映画(68)
ドラマ(0)

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

ワイルドスピード第8弾。

新たにシャーリーズ・セロンやヘレン・ミレンなど豪華な女優さんが新たに登場。セロン姉貴も車に乗るかと思ったら本拠地で独り言や囁いたりするのみで、アクションはしてくれなくて残念
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.5

ワイルドスピードシリーズの中でこれは傑作です。

悪役にジェイソン・ステイサムやトニー・ジャーといったアクション俳優を使い、車でスカイダイビングしたり、車でビルを飛んだりとやりたい放題です。

頭空っ
>>続きを読む

ハイヒールの男(2014年製作の映画)

3.6

女として生きたかった男の夢物語だと思います。

主人公は長身でスラリとしてるのでアクションは映えるし、筋骨隆々で身体は傷だらけの無敵の男で、正に男の中の男。
悪役が彼のことをヒーローでファンだとべた褒
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.2

昔のドラマが原作のスパイ映画。

舞台が東西ドイツ。最近のスパイ映画は冷戦時代と昔の007に戻りつつありますね。(アトミックブロンドも壁崩壊のちょい前)

スナッチの監督だとすぐに分かる音楽。スパイ道
>>続きを読む

イベント・ホライゾン(1997年製作の映画)

3.3

7年前に失踪したイベント・ホライゾン号の通信を受けた博士と救助艇ルイス・クラーク号のクルー達が酷い目に遭う映画です。

内容はエイリアンや惑星ソラリス、シャイニングなど監督が好きな映画を盛り込んだんだ
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

デジタル先行配信で視聴しました。

これまでのキャラやインフィニティストーンが遂に集まって、正に集大成でした。
始まりから絶望なスタートでこれをどうやって逆転するんだという状況がずっと続いてハラハラし
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

アカデミー賞取るなんて凄い派手なミュージカル映画なのかなと鑑賞。

オープニングはどうやって撮ったんだ言いたくなるミュージカルで始まり終わった瞬間にタイトルがドン!!ここだけでも十分アカデミー賞取って
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

これは今年の邦画No.1です。

最初の30分は本当に「ナニコレ?」って感じでこれがどう面白しろくなるんだよと思ってたんですが、本当に後半は最高です。笑いが止まらなかったです。

上映が拡大してすぐ近
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

4.0

自分にとってノーマン・リーダスといえばこの映画。

当時はまだ無名だった彼が今じゃ「デスストランディングス」や「ウォーキング・デッド」などでここまで有名になるとは思わなかった。

主人公達はお茶目でク
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

陛下は単独映画でもやっぱり聖人だった。

シビルウォーの後のワカンダと陛下が陛下になっていくまでの成長が描かれてます。
ワカンダの技術が凄まじく、トニー達のこれまでの技術が霞んでしまう位ヤバイです。
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

コミカルだけどシリアスなマイティ・ソー第3弾

今回は殆ど宇宙の果ての星が舞台でソー達が大暴れする内容。敵もソーの姉だけあって強い。ムジョルニアが壊されてしまいます。
フェイズ3でやっと自身の単独作品
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

マーベルスタジオにスパイダーマンがホームカミングした作品。

設定も今までのピーターは成人だったけど、今回のピーターは15歳の高校生という若者なので新鮮でした。
未熟なヒーローが大きな事件を経て成長す
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.6

このシリーズはマーベルシネマの中では相変わらず独特です。

今回はクイルの素性や父親の正体が判明します。また、ネビュラとガモーラとの確執もある程度解消されます。
今回の注目はなんと言ってもヨンドゥ。彼
>>続きを読む

RENDEL レンデル(2017年製作の映画)

3.9

フィンランド産ダークヒーロー映画。
マーベルで疲れたので箸休めに視聴しました。

仮面かと思ったら、細胞と一体化して皮膚が硬質化するものを塗っており(一生取れない)ジャケットも家族が遺した最後のプレゼ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

神とか血清とかハイテクスーツのヒーローの次は魔術師のヒーローが登場。

マーベルの中では珍しくファンタジー作品です。異次元での戦いがメインでインセプションの世界でバリバリアクションを見せてくれます。
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.5

マーベルシネマ以下略のフェイズ3第1弾
キャプテン・アメリカとついてますが、キャプテンが主役のアベンジャーズ2.5みたいな作品です。

黒幕は出てきますが、今までのようなメインヴィランは出てこない作
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.3

窃盗犯からヒーローになる映画?

これまでシリアスになってたマーベルシネマ以下略の中でガーディアン・オブ・ギャラクシーと同じく物語の清涼剤的な存在の映画。

縮小するというスーツの設定などやアリを使役
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.0

マーベルシネマ以下略のフェイズ2再びアベンジャーズ集結。

見所は前回は洗脳されてたホークアイが今回は大活躍してくれます。そして、意外な事実も判明します😁

今回のヴィランであるウルトロンも人工知能の
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

マーベル版スター・ウォーズといった感じの映画。

銀河系まで規模が広がり、これまで出てきた「謎のキューブ」や「エーテル」の詳細、「アベンジャーズ」の最後に出てきたサノスが本格的に登場してきます。
ウィ
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.4

キャプテン・アメリカ第2弾。

今回はスパイアクションといった内容で、ブラック・ウィンドウも大活躍。この作品は前作を絶対に観てからの方が絶対に面白いです。
アクションも段々と進化してますが、ストーリー
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

4.2

ニューヨークの決戦後、9つの世界を守るためにアスガルドに帰ったソーのその後の話。

何かアベンジャーズの中で一人だけ相変わらずスケールがヤバイキャラ(神様だからね)再び
今回の敵はダークエルフ達、あの
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.9

フェイズ2の第1弾にしてアイアンマン最終作。

アベンジャーズの戦いでよりスーツに執着するようになってしまったトニーがどのようにして乗り切るかが今回の特徴。
最初のスイスの技術会議でインセン博士が出て
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.2

これまでのヒーロー達が集まってロキとチタウリ共を倒す映画。

この作品からホークアイとブラック・ウィンドウも本格的に活躍し始めます。
見所はなんと言ってもニューヨークでの決戦。仲がお世辞にも良いとも言
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.0

最初のアベンジャー“キャプテン・アメリカ”が遂に登場。

ハルクの「スーパーソルジャー計画」
アイアンマンの「ヴィブラニウム」
マイティ・ソーの最後に出てきた「謎のキューブ」
すべてはここから始まった
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.5

天才、超血清、そして今度は神!!とスケールがめちゃくちゃ大きくなってきたマーベルシネマ以下略の第4弾

今まで出てきた主人公が学者だったり、発明家などの頭が良い人だったが、今回は脳みそ筋肉な神様が主人
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.5

トニー・スターク映画第2弾

ブラック・ウィンドウの登場やトニーの親父さんについてなど段々と分かってきます。
中佐がドン・チードルに変わってたので最初は「誰?」となって混乱してしまいました。(ギャラ
>>続きを読む

プロジェクト・アルマナック(2014年製作の映画)

3.5

そんなに有名じゃないのにお金掛かってるなと思ったらマイケル・ベイが制作に携わってたんですね。

内容はタイムパラドックスと青春にPOVを混ぜた内容なんですが、タイムマシンが出来るまでの実験とか普通に面
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.9

大人の都合で単独続編がいまだに無い映画。

アイアンマンと違って、オープニングでハルクになってしまった経緯を一気に流すという逆のやり方をしている。
アイアンマンよりもスクリーンで暴れる時間が多いので嬉
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.0

すべてはここから始まったマーベルシネマ以下略の記念すべき第1作目

ちゃんと見るのは今回が初めてだったので、トニー・スタークがアイアンマンになる前の仕事には驚きました。まさか自分の兵器を倒す為に自分で
>>続きを読む

ゲスト(2009年製作の映画)

3.0

韓国のホラー映画「箪笥」のリメイク版

主役が「箪笥」では姉でしたが、こちらでは妹の方が主役。
「箪笥」と比べて描写や説明が丁寧で、テンポ良く話が進んで伏線が回収されていきます。しかし、「箪笥」のよう
>>続きを読む

七つまでは神のうち(2011年製作の映画)

3.7

本編よりも公式サイトの方が有名なホラー映画。(現在は閉鎖)

序盤は色々なキャラに視点が変わりながら話が進んでいくのですが、途中のミスリードが冗長でそこまで引っ張っぱるのかと思ってしまいました。
他に
>>続きを読む

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.5

まだJホラーが盛んな頃に公開された韓国の有名なホラー映画。

二度見ると最初に?だった場面が分かるように出来てるので一度しか観ないような人には不親切。
分かりにくい場面は小説で補完されてるので気になっ
>>続きを読む

無垢の祈り(2015年製作の映画)

4.5

ある年の「このミステリーがすごい」で第1位を獲得し、軽い気持ちで手に取った人達の殆どが後悔したと思われる。平山夢明の短編小説「独白するユニバーサル横メルカトル」の一編を実写化。

学校では苛められ、義
>>続きを読む

降霊 KOUREI(1999年製作の映画)

3.5

個人的に黒沢清の中で一番嫌な気分にさせてくれる映画(褒め言葉です)

何よりも霊の描写が素晴らしくて、あの見えるようでなんか見えない朧気な感じはっきりしてなくて分からないというのが逆に不気味で怖くて嫌
>>続きを読む

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー(2017年製作の映画)

4.2

中国映画って凄いわ
皆さんが言ってる通り中国バンザーイ映画ですが、映画が派手で気にしてませんでした。

終盤の戦車戦は実写版ガルパンといった感じで最高!!!元中隊長のホーさんも個人的に好きです。
ぜひ
>>続きを読む

神の一手(2014年製作の映画)

4.0

Twitterのかる人がよく薦めていたのでやっと視聴

韓国は世界レベルの棋士がいるほど囲碁が盛んとは知りませんでした。
囲碁なんだけど中身はバイオレンスアクション映画というとんでもない内容

とにか
>>続きを読む

>|