せがみさんの映画レビュー・感想・評価

せがみ

せがみ

映画(236)
ドラマ(141)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

5.0

オスカー役トーマス・ホーンが素晴らしい。まっすぐで行動力と勇気のある少年。タンバリンを鳴らして駆ける姿が愛らしい。彼と関わる人々、親子の愛。元気を貰える映画。「そこに繋がるのか!」と展開が読めず目が離>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

サイコサスペンスやホラーというジャンルはあまり観ないので、ドキドキしながら観賞。ものすごく興味深かったけど、狂った倫理観の持ち主が身近にいるかもしれない恐怖を考えてしまって怖くなる。精神科領域はやっぱ>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

3.5

クリストファー・ノーラン監督作品は、「インセプション」「TENET」に続き3作品め。本作の評価はすこぶる高いのに、自分が期待しすぎたのか、そこまでハマらず。何でだろう。先に見た2作品はすごく好きだった>>続きを読む

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

3.5

カセットテープ、ラジオ、写真館。古き良き時代のものたち。小道具が切なさを加速させる。高校生でこんな恋愛したら、一生引きずるのも頷ける。「残された者にできるのは、後片付けだけだよ」、重じいの言葉がシンプ>>続きを読む

モンスター・ハウス(2006年製作の映画)

2.5

製作総指揮に、ロバート・ゼメキスとスティーブン・スピルバーグの名前があったので期待して観たけど、感想は「微妙」。
ぬるぬるしたような、なんか自動車教習所とか夕方のニュースの再現映像とか飛行機離陸前の安
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

ずーっと気になっていたピンポン!原作未読なんだけど、それでもめちゃ面白い!原作読んだらもっと楽しめるはず!

恥ずかしながら、窪塚洋介という俳優をきちんと認識したことが無くここまで来てしまっていたけれ
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

2.5

Filmarksで3.8という高評価を出しているので面白いのかな~と前情報無しで観賞。結果、わたしには合わなかったようであまり楽しめなかった。
人生は分岐点の連続で、それぞれに選んだ後のストーリーがあ
>>続きを読む

今度は愛妻家(2009年製作の映画)

4.0

前情報無しでぜひ観てほしい。豊川悦司さん、薬師丸ひろ子さん、石橋蓮司さんの演技が素晴らしい…!序盤は「トヨエツめ💢」と思って観ていたのに、ラストはすっかり彼に肩入れして観てしまう。薬師丸ひろ子さんのか>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オシャレに興味の無かったアンディがだんだんと洗練されていく様子や、仕事ができるようになり認められていく様子は気持ち良く観ることができた!

ただ、劣悪な労働環境(着用している洋服や靴を笑われる、プライ
>>続きを読む

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

2.0

現在、ドラマ「タリオ 復讐代行の2人」視聴中で、岡田将生フィーバーが来ているので若かりし岡田将生を観たくて観賞。

ほぼアドリブで撮影されたとあって会話はすごく自然、その代わり単調ではある。我儘な彼女
>>続きを読む

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の2日間(2014年製作の映画)

3.5

「アフタースクール」、「鍵泥棒のメソッド」の内田けんじ監督の脚本。どうやら「鍵泥棒のメソッド」とリンクしているようで、未視聴のわたしはそちらも興味深い。コナンシリーズでこういう試みは滅多に無いから新鮮>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

コロナ禍以降、久々の映画館。朝早くの上映でお安く観ようと思って行ってみたら、観客はわたしを入れてたった4名。随分と鬼滅の刃にお客をとられているようで。笑

ネタバレ無しで感想。前情報は、ポスターの「ミ
>>続きを読む

愛が微笑む時(1993年製作の映画)

5.0

交通事故で死んでしまった、バスに乗り合わせた男女4人。そのとき近くで産まれた赤ちゃんに取り憑き、成長を見守る。やがて成長したトーマスの力を借りて、成仏するために思い残したことを果たしていくハートフルコ>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

3.5

三谷幸喜!って感じのコメディで、小ネタでクスクス笑える作品。ただ、「THE 有頂天ホテル」や「ザ・マジックアワー」と比べて、ラストのほっこり要素強め。西田敏行さん、中井貴一さん、生瀬勝久さんのキャラク>>続きを読む

フライトプラン(2005年製作の映画)

3.5

離陸後、飛行機内でいなくなった娘を探す母。母親役ジョディ・フォスターの鬼気迫る演技がすごい。「どうなっちゃうの?」と先が読めなくて、展開も飽きること無く最後まで観ることができて良かった!

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

コメディ恋愛映画かなと思っていたら全く違っていた。根底にあるテーマは安楽死・尊厳死。脊髄損傷による四肢麻痺なんて、五体満足で暮らすわたしには分からない世界。ウィルを自分に置き換えて想像することすらでき>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

4.5

ハッピーで愛に溢れた映画。許すこと、やり直すこと、愛すること。大晦日のカウントダウンが終わっても物語が終わる訳ではなく、新年は明け、みんなそれぞれ何かを抱えながらも生きてゆく。群像劇形式のストーリーの>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.5

初めてのクリストファー・ノーラン作品!難解だと聞いていたのでびびりながら観賞。途中途中で「?」となりながらも話が進むにつれ、だんだんとルールが分かってきて楽しめた!2回目はより楽しめると思うけど、頭使>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

3.5

気分が明るくなる邦画が観たいと思って再観賞。飛行機に携わるお仕事ってなかなか馴染みがない。そんなスペシャリストたちを観ることができ、かつ、コメディなので楽しく観られる作品。笑えるネタがそこここにあり、>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

これが名探偵ポアロ!初めてのアガサ・クリスティ。結末を知らなかったので楽しめた。真上からやガラス越しなど、カメラワークも素敵!
ただ、洋画初心者なわたしにとっては、カタカナの名前が飛び交い、登場人物が
>>続きを読む

On your mark(1995年製作の映画)

4.0

地表が放射能で汚染され、人類が地下に住むようになった未来。あるカルト教団の施設を襲撃、制圧した武装警官隊。その中の警官2人(CHAGE&ASKAがモデル)と翼の生えた少女との物語。7分弱のショートムー>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.0

1回目は劇場で、2回目は地上波にて観賞。仄暗いような印象のシーンが長らく続き、ラストに向けて夜明けが来るように明るくなるイメージ。杏奈の境遇や心境にどれだけ共感できるかによって、この映画を肯定的に受け>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

5.0

レオンとマチルダの奇妙な共同生活、一言では言い表せない深い愛情。ナタリー・ポートマンが13歳でマチルダを演じたのが信じられないくらい素晴らしすぎる。物語にのめり込みすぎてひとときも目を離せなかった。良>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.5

肉まんアニメ。初めて観たときは驚いた。肉まんながらも、家族や人生(いや、人じゃなくて肉まんだけど…笑)についてちょっと考えさせられるショートムービー。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.0

それぞれのクリスマスの伝統を集めに街中の家庭をまわるオラフが主役のストーリー。短編ながらも見応えあり。

ウォーリー(2008年製作の映画)

4.0

荒廃した地球。ゴミだらけの無人の街を片付けるお掃除ロボット。遠い将来、我々の住む地球がこうならないことを祈るばかり。ほとんど台詞無しでもストーリーが理解できる、ディズニーピクサーの素晴らしさ。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

5.0

昭和な雰囲気や、レトロかわいいお洋服。凛として美しい綾瀬はるかに、くしゃくしゃ笑顔でお人好しの坂口健太郎。モノクロやカラーを意識した映像も綺麗。キラキラが詰まった、おとぎ話のようなファンタジー映画。世>>続きを読む

恋とニュースのつくり方(2010年製作の映画)

4.5

仕事に一生懸命で、恋に不器用なベッキーが頑張る姿に元気を貰える映画。周りに振り回されながらも、健気に頑張るベッキー、輝いてる!主演のレイチェル・マクアダムスがかわいい。

余談。洋画をあまり見ずに育っ
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なかなか見ない海外の恋愛映画。どこか共感できないのでは…と勝手に敬遠していたけれど、あっという間に観終わった。良い作品だった。
認知症って本当に悲しい病気だと思う。ノアはどんな気持ちで晩年を過ごしてい
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.0

豪華な共演者!どんでん返し!どんな結末になるのか全く予想できなくて面白かった。視聴者をミスリードさせるのが上手い。もう一度はじめから見返すとさらに楽しめそう。
ヤクザの絡みの辺りが小難しくて一回では理
>>続きを読む

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

3.5

蒼井優演じるはぐちゃんは透明感があり、関めぐみ演じるスタイルの良いあゆちゃんもハマり役。男性陣キャスティングは好き嫌いあるかも。わたしは原作漫画も好きだけど、映画版も好き。ドラマ版主題歌平井堅「キャン>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.0

初めてSWシリーズ観賞。気になってはいたけど手を出せずにいた作品。冒頭から情報量が多くてなかなか頭に入ってこない。シリーズ観ていくうちに分かるようになるかしら。
でも、これ1作観ただけでもディズニーラ
>>続きを読む

ブレイブ ストーリー(2006年製作の映画)

2.5

中学生の頃観たときは面白く感じたけど、今になって観ると、展開が早くてよく分からないまま物語が進んでいってしまった…。宮部みゆき原作は長いようだし、かなり端折ってるんだろう。
ラストのワタルの考え方が好
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.0

吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世と、その治療にあたった言語療法士の友情を描いた映画。ずっと画の色みが暗~い印象だったけど、ラストにかけて明るくなったように見えた。友情ものの作品はやはり良い。

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

南極地域観測隊として南極大陸に派遣されたメンバーの日々を描いた作品。実話を元にしているそうな。なんてことはないけどクスッとする。息が詰まることもたくさんあるし、メンバー同士衝突もするけれど、きっと貴重>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.5

洒落てて、世界観がカワイイ。アメリの“幸せの悪戯”を繰り返すという密かな楽しみはとっても共感できる。こういうの、わたしも昔憧れたなぁ。途中ストーリーがよく分からなくなって、「???」となったが、最後に>>続きを読む

>|