shalanlaさんの映画レビュー・感想・評価

shalanla

shalanla

ビッグ(1988年製作の映画)

3.5

言わずと知れた名作。


見た目は大人
頭脳は子ども
逆コナンバージョンになった主人公の
ちょっぴりほろ苦い大人なお話。


トムハンクスが当たり役で
本当に子どもに見えるのが凄い。
 

アイデアも
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.5

ショーシャンクとはまた違った
刑務所内での話。


3時間という超大作だけど
あっという間に時間が過ぎる
とても面白い。


人っていうやつは…


最後の皮肉たっぷりのユーモアが
なんともスティーブ
>>続きを読む

ブラッド・レッド・スカイ(2021年製作の映画)

3.0

旦那が「あれ?俺が観たかったやつと違ったかな?」て言う程
前半と後半でかなりガラッと話が変わる作品。


こういう作品、好物です。


でもなんだかハチャメチャ過ぎて
もう少しシンプルにまとめられなか
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.5

ゾンビから見た世界。


昔「コリン」というインディーズ映画でもゾンビの視点で描かれていたけど
全然違う。

こちらの方がユーモアもあって
面白かった。


人間に恋するゾンビ。



ゾンビもこんな
>>続きを読む

半分処女とゼロ男(2011年製作の映画)

3.0

額に浮かび上がった数字は何を意味するのか…

記憶喪失になった主人公が
童貞を卒業する為に奮起する序盤。

掴みはOK。


でも徐々に失速していくのがとても残念。


そして1番残念なのは
つぐみが
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー: ホーリーチキン !(2017年製作の映画)

3.5

勝手に1と同じような作品かな?て思ってたらちょっと違った視点から養鶏場の闇(?)を描いた作品だった。


放し飼いとは…

ヘルシーとは…


実際ショップを期間限定開くのも凄い。



ヘルシーに見
>>続きを読む

のんちゃんのり弁(2009年製作の映画)

3.5

こういうのほほーんとした映画
私好物です。


どんな時も前向きで
子どもを沢山愛している
そんな主人公に元気貰った。


「食」を取り扱ってる映画に
ハズレは少ない気がするなぁ。

パリの恋人(1957年製作の映画)

4.0

マイフェアレディでは
あまりにもオードリーの歌が下手だった為全て吹き替えになったって聞いていたから
よっぽど下手なのかな?て思ってたら

なんだ。

全然うまいやん!!!


踊れるのは知っていたけど
>>続きを読む

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密(2012年製作の映画)

3.0

マリリンモンローの直筆の日記(メモ?)を手掛かりに
モンローの半生を描いたドキュメンタリー。



この手記を名だたる俳優達が
読み上げていくうちに
マリリンがどんな人物だったのか
少しずつ浮き彫りに
>>続きを読む

ニュースの天才(2003年製作の映画)

3.0

実話ベース(だったはず)


彼が書く記事は全てキャッチーで
世の中の人の心を掴んでいた。


彼がどうやって面白いネタを探してきたのかってことじゃなく
彼のネタを裏付ける上司の動きに焦点が当たってた
>>続きを読む

アリス(1988年製作の映画)

5.0

幼少期に観たらトラウマになるアリス


もう好きな要素が詰まり過ぎて
観ていて辛かった。

これは立派なアートだな。

ヤン•シュヴァンクマイエル
絶対自分の好みだとは分かっていたけど
なかなか勇気が
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.5

この展開
誰が見破れるのか!?!?



心不全で亡くなったはずの
妻の死体がなぜか行方不明に…


どう見ても怪し過ぎる旦那。


物語が進むにつれ二転三転と展開していき…


いやぁ、このラストは
>>続きを読む

蛇にピアス(2008年製作の映画)

4.0

SM純文学
金原ひとみ原作の映像化


原作知ってる者として
これをどう映像化するんだろうと興味本位で観てみたら
とんでもない衝撃を受けた記憶があります。

なにが良いって
吉高由里子。


原作のイ
>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

4.5

タマ子と過ごす春夏秋冬


大好物な山下監督の作風。
こういう何気ない日常を
面白おかしく切り取るの本当天才。


この役あっちゃんこと前田敦子にしか出来ないのでは?て程的役で
彼女の太々しさがとって
>>続きを読む

青春H ring my bell ~リング・マイ・ベル~(2011年製作の映画)

1.0

幼なじみと一つ屋根の下で…


駆け出しの若手監督が手がける青春H

たまーに掘り出し物が見つかるから
漁るの辞められないんだけど
これは…

ほんまになんぞこれ…

な作品だった。


なんだろう。
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.5

自由の国アメリカの本質



謝肉祭を目指して
自由気ままに旅をする2人による
ロードムービー


もう冒頭がかっこよすぎて
あの有名なデッデデーンって曲がかかった瞬間めちゃくちゃ痺れた。


2人と
>>続きを読む

SPACE BATTLESHIP ヤマト(2010年製作の映画)

1.5

なんかキャラ感満載。

演じてる人全員キャラを演じてるように見える。

アニメの実写化だから仕方ないのかもしれないけど

唯一木村拓哉だけが
きちんと「生きた」人物に見えた。
んでもってめっちゃ美しい
>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

2.5

掴みはOK。


顔を隠していない安田顕がある意味最強。


鈴木亮平の体素晴らしいなぁ。

そしてふみカスの可愛さといったら…♡


福田監督の作品いつも演者さんが楽しそうに演じられてて良いなぁ。
>>続きを読む

ハンサム★スーツ(2008年製作の映画)

2.0

大切なのは見た目じゃなくて…




鈴木おさむって実はコンプレックスの塊なのでは?

ブスの瞳に恋してると似たテーマ。


ブスで相手にされなくて悩む人
美人で中身を見てもらえなくて悩む人
どちらも
>>続きを読む

Seventh Code(2013年製作の映画)

2.5

ーなぜ彼女は彼を追いかけるのかー




前田敦子のMVと知らずに観たらびっくりすることになる作品。

とてもカッコいいし、綺麗。

黒沢清が撮るアイドルMVてなかなか観られないから、そういった意味で
>>続きを読む

悪魔のシスター(1973年製作の映画)

4.5

この冒頭忘れられないよ。




シャム双生児の妹ちゃんが暴走するお話

もう冒頭からデパルマワールド

「覗く」がテーマの作品だけど

なんでここから始まるのか。

そして女優とモデルである意味はあ
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

4.0

トンネルを抜けるとそこは
マルコヴィッチの穴だった。



ずっと気にはなっていたけど
ジャケットからもあらすじからも
かなりトンデモな作品だと思ってたので
元気な時じゃないとな〜と
なんとなく後回し
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

4.5

私が好きな瀬々監督だ。


ヘヴンズストーリー以来あまりピンと来なかった瀬々監督作品。


この作品があまりにも良すぎたから
どうしても期待値高めで観てしまうのがいけないのか
肩透かしを喰らうことが多
>>続きを読む

だいじょうぶ3組(2013年製作の映画)

3.5

誰かに自分は大丈夫って言ってもらえたらどれだけ救われることだろう。



子ども達の自然な演技と
先生の嫌味ない演技。


乙武くん、めっちゃやるやん。


今は表で見ることが無くなっちゃったけど
>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

3.5

ムーミンが深いのはこういった背景があるからか。



大好きなムーミンの作者
トーベ・ヤンソンの物語。

もっと明るく
オンネリとアンネリ的な
フィンランドー!!!て感じの話しかと思ったら
180度真
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

5.0

原作映像化で好きなシリーズが少ない中
ダントツで好きな賭ケグルイ



劇場で観る気満々だったけど
こんなご時世なので家で観るのを楽しみにしていましたが
まさかこんなに早く観れる日がくるとは!!!
>>続きを読む

四月物語(1998年製作の映画)

5.0

普通の女の子が
ある目的の為に上京して
一人暮らしをして。。。

どこにでもある
もしかしたら似た経験したことある
かもしれない話。

なのにここまで魅せてくれるのが凄い。

光と色の魔術師
岩井俊二
>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

3.5

女子に翻弄されるおっさん達…



なんだろう。
悪くない。
悪くないんだけど
んーーーーー
なんか惜しい。


日本のアニメ魔法少女に憧れる女の子。
でも病気で余命間近。
そんな女の子の願いは魔法少
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

5.0

赤ちゃんは正義


きゃ。。きゃ。。きゃわいいー♡♡♡


犬の人気が高まり過ぎて
赤ちゃんの需要が減っていき
なんとかするためにボスベイビーが地球にやってきた。


赤ちゃんなのにおっさんの声。たま
>>続きを読む

虹の女神 Rainbow Song(2006年製作の映画)

5.0

男女の友情って成立するのかな?




友達と劇場で号泣した思い出の作品。
切ない。
あまりにも切ない。

一大ブームを起こした
「愛がなんだ」のような
切ない片想いムービー。




男女の友情って
>>続きを読む

アトラクション -制圧-(2017年製作の映画)

3.0

宇宙人って意外と紳士なん??



ロシア映画ってあまり観たことないけど
ハリウッドみたいに派手で豪華で
規模もデカくてびっくりした。

皆さんも仰ってる通り
映像がとにかく綺麗。

カメラワークや
>>続きを読む

シライサン(2020年製作の映画)

1.5

観ると後悔する系。


スルーしてましたが
フォロワーさんが
「絶対観て!!!」てレビューしてたので
珍しいなと思って観てみたら
まんまと術中にハマってしまいました…


これは…

おま…

なにか
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

4.0

ギルティみたいに音声だけで
魅せてくれる作品かと思ったら
めちゃくちゃ暴れまくる作品じゃないですか!!!


思ってたのとちと違ったど
面白い。

美しいハル・ベリーを拝めたのも◎


ただ後味の悪さ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

心がじんわり温かくなった。


黒人専用の旅行ブック片手に
2ヶ月共にする2人。


あまりにも節操がなく
乱暴な主人公に
初めは嫌悪感が強く気分が悪かったけど

最後には大好きになってるから不思議。
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.0

凄く楽しみにしていたけど
想像していたのと違って
ちょっと肩透かしを食らった。


アメリカ社会を皮肉ってるって言うけど
意味がわかっても
んー。

単純に好みでは無かったのかも。


アメリカンホラ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

こっわーーーー。

何が怖いって

ラストの不穏な音楽がかかるまで

これを過去に観たことすっかり忘れてた…。



私と旦那、2人とも…。


既視感あるって思ったのそういうことか。
そりゃあるわ。
>>続きを読む

>|