にっしーさんの映画レビュー・感想・評価

にっしー

にっしー

映画なんてならなくても普通の毎日でいいから

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.0

作りが安っぽすぎ、急に手を抜いた感がすごい。香川照之の演技が気持ち悪すぎて震えた。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.6

ジェーン・ドウ綺麗、綺麗って中にグロテスクなものもあって、一言で済ませないものだなあって思った。伏線も回収して、怖くて鈴の音しばらく聞けないですね!!こわあ!!

CUBE(1997年製作の映画)

3.5

この手のホラーが一番こわい、人間って怖いし、閉じ込められて出れない中で人間の究極な心理って感じ

テッド 2(2015年製作の映画)

3.4

げらげら笑った、セックスドラックアメリカンって感じで好き

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

3.5

思ってたよりも面白くて怖かったこういうホラーのオチすきだなあ

愛の渦(2013年製作の映画)

3.3

セックスしたってそれは愛があるからじゃなくて性欲があるからで、セックスしたって愛は生まれない

リング(1998年製作の映画)

2.9

ホラー全然大丈夫やけど、やっぱり不気味系は苦手だなあ、音うるせえ

自分の事ばかりで情けなくなるよ(2013年製作の映画)

3.5

生きてきて頑張って褒められたくて、けど全部うまくいかなくて。好きな人も自分の人生も全部恨みたくなっちゃうくらい、情けなくて、辛くて、苦しいなあって見て思った。「クズ」の一言で済むんだろうけど、この気持>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.8

29歳で自分の人生、自国の秘密を暴いたのは本当に正解かわからない

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

4.1

面白かった、思春期の苦しみは思春期を過ぎた人しかわからん

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

4.6

おもしろかった、、、「まだ生きてるぞ、隊長」って聴いて泣くかと思った、、、。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

これを良い悪いを付けがたいなあって感じでした、、。
自分がもし、起こされた立場やったら確実に殺す。

モテキ(2011年製作の映画)

3.6

長澤まさみに口わたしされるのってこの世の天国だなあ、、、、

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

3.9

「差別とは、夫婦とは、父親とは」
みててそう感じました。黒人というレッテルを、貼られて生きていくのが辛かった主人公を見てると胸が痛かった

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

途中寝てたけど、めちゃくちゃ良かった、本当に裏切られ続けた、面白かったあ!

ヘル・レイザー(1987年製作の映画)

2.9

ぐろお、、、って感じ、安いぐろさが出てた、なんとも言えない

光をくれた人(2016年製作の映画)

2.8

胸糞悪う!って言うのが見た後の感想でした。愛してるからこそ罪をかぶる、愛してる人のために嘘をつく、愛してるからこそっていうのがひしひしと伝わりました。
ただ、話がトントンと進むのが早いし、感情移入する
>>続きを読む

死の恋人ニーナ(2015年製作の映画)

2.7

セックス血だらけパーティって感じや、、、確かに新しい、、。

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.5

こんな苦しい最高の映画は今年初めてでした。発展途上だった台湾での淡い青春時代。光り輝く10代と闇に陥りやすい10代。
極端な状況が自分の側にある状況でこの2つの状態に板挟みで、恋に落ちてしまう。
自分
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

原作がすごく好きでどんな風になるんだってワクワクして観ました。The森見登美彦ワールドと感じながら、黒髪の乙女の色彩豊かな大学生活を見てはあ〜〜って声が出そうでした、京都でお酒を呑み歩きたい。

同級生(2015年製作の映画)

4.0

BLだから、どうなんだよ、、、って思ったら死んだ、なんだよこの青春

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

國村隼は尋常じゃない怖さ、夢に出てくるタイプのやつ。
エクソシストとゾンビとかいろんなものをゴッチャにした映画で話もわかりやすくて、映画の切り替えとかもすごくわかりやすかった。とても楽しめたがもう観た
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.6

痺れた、、、レオンとマチルダの関係性可愛すぎた、この2人の関係は最初依頼者と殺し屋だったのに相棒になって愛する人になって、愛する人のために殺すレオンやばい、、、ラストは苦しくてたまらなかったけど総じて>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.9

このつみきはおじいさんの人生の中であった出来事1つ1つを表していて、失ったものも得たものも全部海の中っていうのはなんとも言えないなあって思いました

>|