shellさんの映画レビュー・感想・評価

shell

shell

映画(20)
ドラマ(0)
  • 20Marks
  • 9Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.8

途中まで抑揚がないと思ってたら、そうではなかった
一貫したテーマが「過去も変えられる」
哀しさの先の愛って感じ
エンディングの後考えさせられるやつ好き

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.9

綺麗、もっと汚いところはある
太賀の声とキャラの良さ
最後の歌、迷子の猫
南瓜とマヨネーズ 合うようで合わないってとこかいな

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

まさに新海誠の作品という感じ
2人の若者の純愛と、そのほかの他人顔した大人たちと、身近な良い人たちの話
ラブホで食べるインスタント飯の悲しさ
涙止まらない
最後のヒナさんは何を願っていたのかな

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

純愛
最後の終わり方が、現実ではありえないとわかってても感動できる

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

rock'n'roll is a risk
go now
do all that you can do
強く自分に素直に生きることの大切さを学べる
音楽が良い
褒めるしか出来ない映画
2019/5/4
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.4

テンポの良さ、残酷な場面も暗く見せない感じ、役者の立ち方終わり方が独特。これがウディアレンか。

チェンジリング(2008年製作の映画)

2.5

母親の意志の強さ
アンジーの演技力
予告編無しで観たら意外と衝撃的だった

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.7

純愛
相手の為に何かをしてあげることの大切さ
そう思える人と会いたいし、反対にそう思わせられるような人間でいたい

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.6

「寂しい時には自分から一歩踏み出さないと」
古き良き時代の音楽、風景が良い

タクシードライバー(1976年製作の映画)

2.5

暗い汚い難しい
またいつか観たい
ロバートデニーロの脅威は伝わってくる

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.5

bleed for this
「そう単純でないように見えて単純である」ようは結果が全て
人生をかけてでも生きる道を選んだ男

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

challenge
サクラメントの街が結局好き
母親の愛情
気にかける度合いが愛の深さ