shen1oongさんの映画レビュー・感想・評価

shen1oong

shen1oong

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

「あいつはバーで3人の男を鉛筆で殺した。鉛筆でだ」

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.5

見せ場が前半で集中し過ぎており、これが90分のタイトで軽くてバカっぽい007ノリで終わってたら良かったのに。レアセドゥとヴァルツもったいない

アウトロー(2012年製作の映画)

4.0

会話の節々にあるジャックの社会不適合者感が最高。なんで服脱いでるのとか。パイク後半誘惑しようとしてね?とか

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.5

やっぱこういうのが好きなんや…

エイミー最高
あとべつにそれぞれの内面の解決を勝手にしてるところがよかった

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.0

悲しいかな、結局スターウォーズプリクエルと繋がったという瞬間だけが盛り上がってしまうのよね。1〜3と一緒で。
それよりは別のベクトルを持たせようと、影の功労者たちの話をしようとしてるのはわかるけど、影
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

2.5

福田雄一監督作品は「アオイホノオ」がダントツで最高傑作だと思ってるのですが、これ、面白いの?なんか笑ったってコメントが多くてびっくりしてしまった。菅田将暉と吉岡里帆が出ていることでおそらく鑑賞者がこれ>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.3

途中から「なんかマンガみてーだな」という気持ちになった。実際マンガですが。
神々の戦いサイドと現実サイドの戦いをどう組み合わせるのかと思ったら、最後「組み合わせられませんでしたー!」という感じ
(この
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

4.5

最高です
娘を助けるという目的のために手段を選ばなさ。躊躇するという瞬間が全くない

恋する惑星(1994年製作の映画)

4.5

アカデミー賞をとった「ムーンライト」や
満島ひかりの「ラビリンス」
あとTWICEのPVなどでもオマージュ、パロディを捧げられるなど近年再評価著しいウォンカーウァイ
もう90年代からいく数年が経つと、
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

甘〜い!でもちょっと甘すぎる!
エドガーライトは単独だとちょっとおたくの願望充足が濃すぎるのでは。
きっとエドガーライトはベイビーで、いつもつるむ悪いあんちゃんがサイモンペッグとニックフロストだったの
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.5

この映画が公開されると知ったとき「まさか今更の続編?ジリ貧の悪あがきかよ」とおもって正直しらけてしまった。リアルタイムではないにしろ、90年代にDVDレンタルで見ていた者としては。

しかし観て、すご
>>続きを読む

月とキャベツ(1996年製作の映画)

3.5

この映画に出てたのが山崎まさよしじゃなくて、
最後に歌われる曲がこの曲じゃなかったらと思うとすげえ怖くなる

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.7

すんごく「ムー一族」とかを思い出させる(見てないのに)
趣味が合うやつらの共同体や、目的が一致している共同体でないところがこのシリーズ最大の良さで、つまり終わる理由がないってことなんですよね

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.5

「世界で一番私がかわいそう!」と十代で思ってしまったことがある人、そして今思っているティーンのための映画
お兄ちゃんの視点から見ると、連続テレビ小説的な物語にすることだってできそう

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

3.0

最近三国志にはまっていてこちらも
いろいろ非難はあるけど、個人的に好きな武将周瑜をトニーレオン様がやっているのに嬉しい
決して殺陣も上手くないし、歌の披露まであるのだけどトニーがやらされてると思うと萌
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.1

2度目の鑑賞で気付いたのだが、今作のOPはこれから描かれるドラマ"より"もその後の人生の方に主題が置かれている。どんな劇的な出来事や人生に重大な事があった後でも、人生は続いていくのだと。それこそが今作>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

-

みんな良いとか悪いとかではなく「効く」とか「食らう」という表現を使うのがめちゃくちゃわかる

この世界の片隅での世界の片隅では、はだしのゲンもいるはずだし、「仁義なき戦い」もあるのだ

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

これを映画館で観た後の観客のざわめきが忘れられない笑
町山智浩の映画解説でも「これは良くわかんない」と言っていたんだけど、多分この作品に関しては「当初細田守が初の外部招聘の監督を予定していたが、現場で
>>続きを読む

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

3.5

アマゾンプライムで鑑賞。
松本零士は、自分たちの世代ではもう「著作権管理にうるさいじーさん」くらいのイメージしかなかったりするのだけど、当時のオタクやクリエイターへの影響力は半端ではなかったらしい。特
>>続きを読む

青春の殺人者(1976年製作の映画)

5.0

シンゴジラ、あのビルが使われてるじゃーん!とよく言われる程、よく見られている名作「太陽を盗んだ男」
しかしなぜ太陽〜のようなビッグバジェットな大作映画を長谷川和彦が2作目ながら撮れたのかというと、今作
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.8

開始15分で「これ、凄いのでは」と震えてきてその緊張感が最後まで続く中、「この映画を今日本で観れる喜び」に打ち震えてしまった。繰り返し二回見た。
この映画自体が「政治映画」であるようなものなのだけど、
>>続きを読む

アマデウス ディレクターズ・カット(2002年製作の映画)

4.7

午前十時の映画祭で鑑賞。
面白い、しかし、長い!犬伯爵のシーンをバッサリ切った公開版は正しかった。(コンスタンツェのヌードは入れても良かったかな笑)
未だに中世の雰囲気の残るチェコの街並みと、レンブラ
>>続きを読む