滝井椎野さんの映画レビュー・感想・評価

滝井椎野

滝井椎野

映画(21)
ドラマ(0)

淪落の人/みじめな人(2018年製作の映画)

4.2

主役二人の心の交流を丁寧に描いており、見終わった後も胸が温かくなる作品。
失わざるを得なかった夢を、それでもお互いが背中を押し合うことによって一歩を踏み出す展開には王道ながらも感動した。
季節が巡り、
>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

4.5

非常に素晴らしいエンタメ映画だった。
アクションは派手で内容もなかなか捻りがある。何より多少強引にも感じられるシーンを、それでもこの人なら確かにやれそう……と思わせてくれるプラバースは流石だった。バー
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.7

バックとハリソンフォードの友情に胸が熱くなった。
最初、CG全開のバックが登場したときはどうしても違和感を感じてしまったが、それも少しのことで後は最後まで楽しめた。
内容的には成長物語として王道展開の
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.5

これでもかとばかりに格好いい女性が描かれる作品。
こういうシーンがやりたい! というのをとにかく詰め込んだような本作は見ていて飽きない。
内容に関してはもともとあって無いようなものなので、言うだけ野暮
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

レニー・ゼルウィガーの演技にただ脱帽。
ジュディのまさに身を削っているかのような痛々しさや、ステージでの力強さを見事に演じきっていた。特に、儚いながらも力強く、まさに命を燃やしているかのようなラストの
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョジョが靴ひもを結べるようになるまでを描いた作品。
全体的にコミカルな雰囲気で描かれており、故にその悲惨さが際立つ。
物語が進むにつれて、ジョジョの心が変化していく。最初は盲目的にヒトラーを崇拝して
>>続きを読む

プレーム兄貴、王になる/プレーム兄貴、お城へ行く(2015年製作の映画)

4.2

ボリウッド入門におすすめの作品。
楽しい歌と躍りに美しい風景はインド映画の良いところを全て詰め込んだかのような映画で、改めてこの国の映画が好きになった。ラスト、力業でハッピーエンドに持っていくところも
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

これは今の自分には評価できない……。
歌はもちろん素晴らしい。しかしそれ以外の部分は何とも評価が難しい作品だと思う。
映画が始まって早々に猫たちが登場するのだが、その光景は何ともおぞましく、一体自分は
>>続きを読む

劇場版 Gのレコンギスタ II ベルリ撃進(2020年製作の映画)

3.8

TV版視聴済み
かなり内容分かりやすくなってた。
gレコの魅力のひとつは何といってもキャラの掛け合いだろう。独特の言葉遣いや間の取り方、各々のキャラがそれぞれ言いたいことを言いたいときに言う。これが自
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ただの映画鑑賞に収まらない、まさに映画体験を味わうことができた。
全てのシーンに伴う緊張感は、意識を映画館から戦場へと飛ばす。爆発や銃声が響く度に思わず身体がびくつき、自然と敵の姿を探している……そん
>>続きを読む

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

すごく胃にくる内容だった。
辛いシーンが多いが、それ以上に冒険シーンは胸が躍り、戦闘シーンは血が煮えたぎった。ワイヤーアクションはやはり良い……。
こらからも冒険は続く。彼女らの旅の行く末を祈らずには
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ミステリー作品としては手本のような作品。
クリスティやカー、クイーン等の古き良きミステリーの血を現代に甦らせた点において、敬意を表したい。
舞台設定や皆が怪しい登場人物たち、魅力的な名探偵……今の科学
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

とても心の暖かくなる映画だった。
場面の一つ一つ、言葉の一言一言が心に染み込み、優しい気持ちになれた。個人的に、最初の方に出てきた 「友達とは自分で選ぶことの出来る家族だ……(うろ覚え)」の台詞がこの
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

これといって派手な展開等あるわけではないが、ニヤリとしてしまうような場面がいくつかあり退屈せずに観れた。
物語の背景を念頭に入れて観るのとそうでないのとではかなり違ってくるであろう作品であった。なので
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

滅茶苦茶熱かった。
鑑賞している内にここまで力の入る映画も珍しい。レースシーンに合わせて体がついつい動いてしまった。
エンジンの音やタイヤの擦れる音……ここまでの迫力だと、車にそこまで興味があるわけで
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

4.0

とても楽しい映画だった。
やはり、大人が本気で馬鹿をやる映画というのは面白い。
今作の根底にあるのは子供の頃に夢想したあれやこれや。それに大人たちが溢れんばかりの熱意と知識を合わせた結果、フィクション
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

とにかく最高の一言だった。
見終わった後、ここまで爽快感に包まれる映画も珍しい。話の要所要所で挟まれるボケにボケ、過剰ともいえるそれが許されるのはひとえに登場人物の愛すべき馬鹿さ加減故だろう。
話も小
>>続きを読む

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

4.2

頭をカラにして見れる映画。
良い意味での馬鹿馬鹿しさに終始笑いの止まらぬ映画だった。
これでもかとばかりに、製作者のやりたいことを詰め込んだ子供のおもちゃ箱のような映画で、故にゴチャゴチャとして拙いと
>>続きを読む

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.5

今回含め新三部作、色々と言いたいことはあれど無事完結させてくれたことには敬意を表する。
こちらのハードルも下がりきっていたとはいえ、概ね満足のいくものが見れた。
まさに終わりよければ全てよし、映画館で
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

減点方式で見ると色々と引っ掛かる点があるが、加点方式で見れば渥美清演じる寅さんが出る度に点数がうなぎ登りしていく作品だった。
映画単体として見ればそこまで抜きん出た作品ではないかもしれないが、『男はつ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

長男の明日はどっちか?
どの視点、立場で見るかでジャンルが変わる。