momokaさんの映画レビュー・感想・評価

momoka

momoka

映画(170)
ドラマ(0)

アラジン(2019年製作の映画)

4.3

吹替

中村倫也、喋りの吹替はすごく上手!
歌も上手なんだけどやっぱりジャスミンと一緒に歌うと粗が目立つような…
でも、アラジンにぴったりの素敵な声でした。
あとはやっぱり山ちゃん、小さい頃から見てい
>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.5

前半はモヤモヤするし、見てて嫌な気持ちになるシーンが多かったけど救われてよかった。
やっぱりこうゆう映画はハッピーエンドに尽きる。

ちょうど自分も就職活動をしていたから、「自分が何か」という問いは何
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

ハングリー精神と利益追求がこの世は全てなのでしょうか、、、。
そうゆう人が成功するのかな。

後味の悪い映画でした。

だけど、来年社会人になるためビジネスの闇を知れてよかったかな。

河童のクゥと夏休み(2007年製作の映画)

4.0

夏のアニメ映画はどうしても心に刺さる物が多くて…夏休みに見たい映画。

子供向けにしてはかなりヘビーなシーンもあったけど、子供には見てほしい。
みんな似通った人間になりがちな世の中だけど、その中でもひ
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.6

前作よりはメッセージ性が強くて、ストーリーもしっかりしてました。
加えて、最後のシーンは圧巻でした〜〜。

ミュージカルは好きだけどマンマミーアシリーズがそこまで乗れないのは内容が薄いと感じちゃうから
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.2

前作の方が好きでした。

すぐグウェンに正体ばらすし、
力持ってからしばらく犯人探しのため
だけでしか行動してないし、、、残念

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.7

見ているのが辛かった。
優越感に浸って周りが見えなくなることがこんなに恐ろしいことなのか。
もう少し説明欲しい箇所は何点かあったけど、今後のシリーズで解決されていくのかな。ヴェノムが見たいです。

>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.2

就活中に見るなと忠告を受けながら鑑賞。
そんなにダメージはくらわなかったな〜〜

自分が何者かにならなきゃいけない、とゆうのは簡単そうで案外難しいんだよなと就活始めてから感じています。
自分って何なん
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.5

独特でユーモアもあって、くすっと笑っちゃうシーンが何個もあった。
30、40代になる前にこうゆう青臭い映画をたくさん見ておきたいな〜〜。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

戦争を身近に感じることのない生活をしてきたけど、追悼シーンからアメリカ人は戦争を身近に感じている人が多くいることがよくわかった。
祖国のために何で命まで捧げられるんだろう。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

とんでもない撮影の苦労を感じた
この時代やこの大自然の中だからこそ描けるも復讐劇だったのかな

ダンボ(2019年製作の映画)

3.7

コリンファレルの太くてたれた眉毛がかわいい映画

動物好きには、いや動物好きでなくても見るのが辛いシーンがたくさんあった
今の日本では即動物愛護団体に潰されますね
そんな時代も感じる物語の中でもやはり
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

5.0

ダサいヒーローほど面白いものはない
会場が笑いで溢れてて元気が出る映画

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

ジワジワと壊れていく当たり前の日常を、すずさん特有のほんわかした雰囲気の中で描いていくのが逆に恐ろしかった。
みんなの中で『死』が当たり前になっていく中で、近所の方(?)の息子が無残な姿で死んでいたこ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

5.0

ニックフューリーがアベンジャーズを計画するきっかけのお話
どんでん返しがぐっときました
はやくエンドゲームが見たい

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.9

私たちが考えるより何百倍、何千倍も恐ろしい宇宙空間。いつも死と隣り合わせ、その中で冷静に迅速に対応していかなければならない。

私だったらここで諦めてたな、、、と自分に置き換えて見たり、カメラワークで
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

話題すぎて見に行かずじまい、金ローでやると聞いて期待値上げすぎずに見ようと思ったらびっくり大爆笑、それとともに大感動、映画ってすごい

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.4

こうゆう恋愛映画は久しぶりに見ました。
行ったことのある台湾だから親近感が湧いたのと、中学生みたいな恋愛で久々に甘酸っぱい感情が芽生えました。

内容はいたってシンプル、モギさんの笑顔結構タイプでした
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

3.9

毒を吐いても失敗しても憎めないアニー
こんな人間なら明るい明日が待ってるんだよな

エスター(2009年製作の映画)

3.9

ヒメアノ〜ル以来の衝撃、サイコ系映画。
演技の上手さがよりリアリティを生んでる。マックス役のアリアーナ・エンジニアは実際に聴覚障害を持ってるらしくて、より手話などのシーン自然にとけ込んでた。なによりほ
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0

どこを切り取っても幸せな魔法
劇場には小さい子がたくさんいたけど、ほんとこうゆう映画が子供の記憶に残されていくんだろうな〜〜