しげおさんの映画レビュー・感想・評価

しげお

しげお

映画観る時間欲しいよぉ…

2016/09/24にFilmarks始めてから鑑賞した映画をMark!しています。🔰初心者ですが宜しくお願いします🙇

『Mark!本数』 2016年 42本 / 2017年 ?

スティング(1973年製作の映画)

4.0

どんでん返しペテン大劇場!

誰が誰を騙して、誰が敵で誰が味方か?伏線ばらまかれ思考回路が混乱しながら、大オチで一気にまとめ上げる見事な構成。

若かりしポール・ニューマンの知的な演技に、そして映像に
>>続きを読む

傷だらけの悪魔(2017年製作の映画)

3.0

―――誰が悪いのかが解らない…

それは内容が解りにくいという意味ではなく。

いじめる側も、いじめられる側も、傍観者も。
「いじめ」は全員参加型の地獄劇場だという事です。

そういう事もあって、僕と
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.3

オープニングクレジットとエンドクレジットのキャスト名に「GATTACA」の英文字が入っていれば、その文字だけ色を変えたり太文字にしたり…

しょっぱなから「遺伝子映画」なたたずまいの演出で小洒落ていま
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

2.3

高校生の青春と言われても恐らく日本人の感性からするとちょっと違うと思う。

主軸が、恋愛なのか、トラウマの克服なのか、やりたい仕事に就きたいのか、病の克服なのか?

―――詰め込み過ぎて軸のブレ幅が半
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.3

しっぽり恋愛物だと思っていましたが、あっち行ったりこっち行ったりのドタバタ劇でした(汗)

突っ込み所は多々ありますが、ネタバレ回避の為今日は突っ込まないでおきます。

と言ってもとても良い映画、多分
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.8

結論から言うと痛快!
School of Rock…素晴らしいタイトルです。

中々あり得ない設定。でも設定うんぬんなんて置いてけぼりで、物語は爆走していく。

とりあえず、ダメ先生の自由奔放さと、親
>>続きを読む

でーれーガールズ(2015年製作の映画)

3.1

些細な事で友情が生まれたり、また些細な事でそれが崩壊したり…

甘くもほろ苦い、「子供以上大人未満」の高校時代の友情のお話し。自分の青春時代と重ね合わせ懐かしさを感じながら鑑賞しました。

突っ込み所
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

2.8

橋本忍氏脚本で検索し本作をチョイス。原作未読。

これだけの高評価の映画なので、さてさて如何に?
…と期待一杯で鑑賞も、僕には色々と薄味に感じました。

小さなテーマを数個、無理やりこねくった様な構成
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.2

原作既読です。僕の友人は映画のみ鑑賞済み。
そんな二人が議論したのが…

僕「この原作を映像化するのは無理でしょ?」
友「この映画を文章化するのは不可能でしょ?」

取っ掛かりが原作か映画か?によって
>>続きを読む

切腹(1962年製作の映画)

3.8

新境地を開拓すべく、目先を変え、時代劇。
食わず嫌いはよろしくないと再確認いたしました。
自身の映画感を変えるに値する名作だと言えます。

さすが時代劇最高峰と名高い本作…

脚本、構成の素晴らしさが
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.8

伏線見落としや理解不足な部分があり2回連続で鑑賞しました。

これは相当良いです。好きです❗

「お笑い」と言う観点からも、「構成」と言う観点からも。

そしてキャスティング……

これ以上ないと言っ
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.7

今日は散髪に行ってきました。カットしようがしまいが、得も損も無い髪の毛をカットしてきました。

しかしラプンツェルの髪には素晴らしい力がありました。
そのスペックは長さ21m、重さ4.5kg

振り回
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.7

アメリカ物にありがちな説明不足やご都合主義的な部分も少々見受けられるのですが、そんな事はお構い無しに力技でねじ伏せてきます、背負い投げ一本です(笑)

カメラワーク、音楽、演出…その他諸々の構成の素晴
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.0

アリエッティからの連投。

意外な結末でラストは愛を感じウルッと来たのですが、そこまでが長い長い(笑)超単調、現実か夢か良くわからない物語の流れ、無理やり感を感じる場面多数あり「どないやねん」と突っ込
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.5

我が家のDVDレコーダーのHDDに金ローで録画して丸3年。HDDに眠っている映画記録を更新中の本作でしたが、本日ようやく鑑賞。

「現実と非現実の狭間」が分からなくなる様な独特の世界観に酔いしれました
>>続きを読む

スターダスト(2007年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

僕にはちょっと苦手な感じでした😅

ただドタバタして、展開も超ご都合主義。
内容も薄く、僕の心には何も届きませんでした。

愛する人の為に星を拾いに行くっていうのはファンタジー的には面白い設定なんです
>>続きを読む

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.9

「雨と雪って確か上空では同じ物質じゃなかったかな?もしそうなら雨と雪に込めた監督の思いは深いんじゃないか」

そう思い鑑賞後「雨と雪」の降る仕組みについて少し調べてみた。

地上約10㎞にある氷晶と言
>>続きを読む

好きっていいなよ。(2014年製作の映画)

2.8

足立梨花ちゃんの出演作が見たくて検索。

本作は前から知っていましたが、パッケージの女優さんを完全に広瀬すずちゃんだと超思い込んでいました(^-^;。しかしこれも大好きな川口春奈ちゃんと検索後に気付い
>>続きを読む

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

天文学部に所属し天体観測中にたまたま地球に衝突する軌道を持つ彗星を発見する「高校生」(正確には気付いたのは教授)。

特ダネを求めて政治家の不祥事を捜査する内に激突すれば人類滅亡規模の彗星の事を知って
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.6

映像のセピア感、音楽……

一昔前のロンドンの下町感が心地好く視覚と聴覚を彩ってくれます。イカれた主人公たちのやり取りや、ブラックジョークもテンポがすこぶる良くノーストレスで楽しく鑑賞できました。
>>続きを読む

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.3

現代の日本社会の抱えている代表的な社会問題がこれでもかってくらい詰め込まれていました。

また、登場人物のほとんどが何かしらのトラウマや心の苦悩を抱えていて精神的に孤立してしまっている。正に現代社会の
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな方は以下スルーしてください。

……以下、個人的感想。この映画好きな方はスルーしてください。……

出だしからとんでもない出来事が起こりこの先どうなるかとドキドキし始めたらどうにもなって行かない
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.9

杉咲花に尽きる。

家族でしゃぶしゃぶを食すシーンは、ぐっさんの回鍋肉を横取りしてほおばるシーンそのものではないかと…

いや、そこではないです、ごめんなさい。

彼女の「泣き」のシーンの演技力にKO
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.8

昨日の怒りを今日、この映画「怒り」で上書きしてやった。

Filmarksの「怒り」のあらすじにはですね。。。
千葉、東京、沖縄に殺人犯と疑われる素性の知れない男が3人現れた…みたいに書いてあります。
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

超酷評となってしまうため、ネタバレにしときます。

好きな方には申し訳ありません。
この映画のファンのかたはここから先はお読みになりませぬようお願いします。
私個人の心の声として書かせてください…
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.4

就職活動に挑む若者の心の葛藤を描いた物語。

誰しもが持っているであろう表と裏の顔を描いています。
空気感がヘビーで、人の深層心理の奥が垣間見える様はまさしく
ホラーの世界と言っても過言ではありません
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

人を心から愛する事って本当に素晴らしい。

情熱的に求め合う様な愛、静かに包み込む様な愛…色々な愛の表現方法があるのだろうけど、この映画を見た後のエンドロール中に目を閉じて自分の歩んで来た人生をちょっ
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

タイトルとパッケージから超純愛お涙ラブストーリーと思って見てみました。でももう、多くのFilmarkerの皆さんからレビューがあるようですので言及しますとすれば、超純愛お涙「お笑い」ラブストーリーです>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.3

雰囲気が最高に好き。関西弁いとよろし。
池脇千鶴の独特の役風ハマった!ジョゼのファンタジー感が最高過ぎ。大好きです、ジョゼ。

若人の揺れ動く恋愛心理を絶妙に表現している。特に男性の弱さ、女性の逞しさ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

映画観てて人生で初めて時計を見なかったかもだな。
2時間数分、とにかく夢中で見てました!!アッという間に終わっちゃったよ><:

今回のテーマは「家族」ですね。

ひょんな事で出会ったならず者達が、時
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.0

成功哲学、夢は具現化する…そんな哲学を絵に描いたようにわかりやすく表現した純粋サクセスストーリーです。

明確な目標、それに向かっていくがむしゃらな気持ち、折れない心、揺るぎない行動力…

そういった
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.5

確実に言えることは、私の現時点の感性ではイーストウッド監督の表現したい事の数分の1も解釈できていないと思う。

白人と異人種、戦争と平和、弱化アメリカと強化アジアなど、対局的な事象が数多く登場し、考え
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

3.3

1994年発行部数648万部の今だ破られぬギネスを誇った少年ジャンプ。それから22年の時を経た2016年、発行部数は約3分の1の218万部、正に凋落の一途。

少子高齢化、娯楽の多様化、電子書籍化など
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.0

超贅沢な気持ちで見終えました。
もう、絶対にオススメの一本です!
こんな素晴らしい映画が私のclipに長らく眠っていたなんて信じがたいですわぁ。

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンってだけでテンシ
>>続きを読む

>|