雪音さんの映画レビュー・感想・評価

雪音

雪音

  • List view
  • Grid view

ワンライン/5人の詐欺師たち(2016年製作の映画)

3.5

イムシワンはやっぱりミセンのイメージ強くて賢い好青年役ははまりますね。

チャン室長は誰かと思えばリーガルハイの方でした。

娯楽として楽しめる作品です。

セブンデイズ(2007年製作の映画)

3.8

スムーズにそして劇的に展開が進んでいくのでやや長めのストーリーだけど飽きることない作品です。

最初は無実の容疑者を無罪にするための誘拐なんですが、そこから容疑者も二転三転、終盤にかけては真の目的が見
>>続きを読む

ロスト・マネー 偽りの報酬(2018年製作の映画)

3.2

リーアムおじさんが珍しくダサかっこ悪い子悪党でした。

主役は犯罪者の妻たち。

終盤どんな形で纏めるかなと思ったんですが、色々雑でした。
もう少し腑に落ちる形で閉めてほしかったかですね。

ビッグ・ショット(2019年製作の映画)

3.5

中国、ハリウッドと絡まない方が面白いの作れるじゃん。

至極真っ当な作品で勧善懲悪で面白い作品でしたよ。

キャストは当然全く知らない方ばかりなので先入観もなく観れましたし。
アクションもカーチェイス
>>続きを読む

幼い依頼人(2019年製作の映画)

3.9

終始辛い。

子供が命を落とすまで動けない大人の無関心に情けないやら腹立たしいやら。

ただ、当事者になった時に自分は動けるのかと。きっと見て見ぬふりを、もしくは誰かが動いて初めて行動に移すのかなと考
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.5

細田作品の中では割と好きな方かも。

OSTが全般的に良かったです。
ただ世界的な仮想空間の中で相手が同じ日本人てのは若干都合良過ぎな気がする。

BLOOD-CLUB DOLLS 1(2018年製作の映画)

1.0

開始10分でチープ過ぎて観る気力が失せた。


お金かけるならもっとまともな作品作らないと。

長沙里9.15(2019年製作の映画)

3.6

何のための作戦だったのか。
言い方悪いけど、もう無駄死にとしか思えない。

その為に若者たちが命を落とすのも納得できないし。同じ民族で殺し合うのも許せない。

いつまでこんな悲劇が続くんだろうねぇ。人
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.1

壮絶

に尽きる。

作品としての完成度の高さが邦画とレベルが違いすぎて溜息しか出ませんでした。

セリフは本当に少ないのにここまで魅入ってしまったのは久々かも。

いや、凄い作品でした。
そりゃあ、
>>続きを読む

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

3.3

重い。

些細な嫉妬が命を奪い、たくさんの人の人生を激変させてしまう。

映画だけど、これは日々どこかで起きていることなんじゃないかなと感じました。

轢き逃げ、けっして許されることじゃない。ただ当事
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.4

多分、日常生活をしていては絶対に踏み入れることのない世界を知る事が出来て面白かった。

オタクのオタクによるオタクのためのライブがあるのは興味深いし、成立してるのが凄いなと。

しかし松坂君は多彩です
>>続きを読む

王妃の館(2015年製作の映画)

2.7

一体何を見せられてるのか良くわからない作品でしたが、フランス旅行をさせたくなるのには充分ですね。

プチフランス観光した気分にはなりました。

裏アカ(2020年製作の映画)

2.7

承認欲求と承認欲求の価値のなさをエロスを交えて表現したかったのかな?

濡れ場を多用しなくてもいくらでも表現できそうな気がしますが。

まあ、承認欲求は人間の本質でありインスタやツイッターはそれを増幅
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.6

続編らしい少しマイルドな仕上がりに。
スリリングさはほぼ無く、少しグロい程度の仕上がりかな。

ストーリーは分かりやすくて娯楽として楽しめるものでした。

ナインイレヴン 運命を分けた日(2017年製作の映画)

3.8

9.11は誰にとっても悲劇でしかなく、作品を観ることで犠牲になった人たちへ哀悼の念を抱くことしかできない。

教訓とするには犠牲が多過ぎる。

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.3

曜日ごとに人格が変わるという多重性人格障害という面白い設定の作品。

ながら見だったので結局なんで水曜日が消えたのかわからないままでした。

ちゃんと見れば面白かったのかな。

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

ブラピとトミーリージョーンズ出てるのに全く面白く無かった。

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.7

怖すぎる。

女性がその気になれば男なんていつでも殺人犯にされてしまうなぁ。

恐ろしや。

しかし、最初の30分の印象がここまで劇的に変わる映画は中々ないですね。

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

3.6

キムタクのドラマ同様、トムクルーズの作品はやっぱりトムだよねという感じ。

まぁ王道ですよね。コメディ女王のキャメロンとトムならこういう作品だろうなという想定通りの作品で、ある意味期待を裏切らない作品
>>続きを読む

ヘル・フェスト/アトラクション(2018年製作の映画)

3.3

ホラー系としては出来が良いと。
とにかくアトラクションのクオリティが高すぎて、本編より結構ハラハラさせられましたね。

またあのエンディングで更に怖さが引き立ちそうです。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

3.0

キャストが増えすぎて収集つかないってのと、LDH全員カッコよくみせなきゃいけないからか、勝負事なのに白黒つかない。
ちょっと壮大なPVみたいになってるような。

あと、ヤクザと政治絡めちゃったので話が
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.1

岩田君がカッコいいねえ。
迫力は十分です。アクションシーン流石の出来ですね。

お金かけてるだけあってキャストが凄いです。

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.0

LDH作品はどうも観る気が起きなくて、とは言え観ず嫌いもどうかと思い一作目。
中国映画よりお金のかけ方は上手い。

まぁらしい作品ですね。

しかし、皆さんの身体能力の高さは素晴らしい。

プロジェクトV(2020年製作の映画)

2.5

オープニングのロゴからして「あ〜中国かぁ」という感じで、中身は香港映画ではなく完全中国映画。

無駄に金かけて中身なし。
ジャッキーも中国資本には勝てなかったかという印象。

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

期待しないで見たら、すごく良かった。

脚本素晴らしい。

最後に3つくらいやられた感がありました。
ターミネーターの続編なんかより遥かに面白い作品でしたねぇ。

スレイヤー 7日目の煉獄(2020年製作の映画)

3.0

キャスト見てビックリ。
ガイピアースなのねと。

評価低いけど、ストーリーとしては悪くないかと。
まあ、悪魔祓い終わったの?的な終わり方なのでモヤモヤされる方が多いのかもしれませんが、そもそも悪魔祓い
>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.5

隕石衝突ものとしては出来の良い作品だと。

CGも程よく誇張してませんし、人間性の表現の演出も満足。この手の作品は過度に人間性のないキャラを演出したがるけど、そこら辺もリアルに描いてましたね。

しか
>>続きを読む

ある人質 生還までの398日(2019年製作の映画)

3.9

ノンフィクションだけにISが罰せられることも人質が助かる可能性がないのを見続けるのも辛かったなぁ。

人質になってしまったことに落ち度はないとしても、やはり捕まったら自死を選ぶくらいの覚悟が無いとIS
>>続きを読む

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(2018年製作の映画)

3.7

日本はあまり幼児の失踪は少ないけど韓国は多いのかな。

しかし、ミンスが可哀想すぎて。母親ももう少しやり方あるでしょと。
亡くなった父親の保険金なんかうまく使えばジホとミンス2人とも救えたろうに。

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.9

アニメの方が爽やかな作風で好きですね。
しかも画も全編優しい雰囲気で良かった。エンドロールまでしっかり楽しめます。

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

3.9

韓国の史実に基づいた作品は同じ近代を民主主義国家として歩んできた日本と余りに違いすぎて、韓国の今の国民性に納得するところもあるなぁ。

しかし、支配層の考え方や行動は、北朝鮮とほとんど変わらないのはや
>>続きを読む

ファイナル・プラン(2020年製作の映画)

3.4

リーアムおじさんの作品の割には過激な暴力シーンも少なく、なかなかスマートな仕上がりでした。

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.6

ドンソク兄さん相変わらずの無双っぷりが気持ち良いです。

ザ・ゲーム(2008年製作の映画)

3.1

最後のところがこの作品の肝かな。

結局どうなったのかをボカシて終わらせるのはまぁアリなんだけど全編通してぼんやりとした感じだったのでそこまでのめり込むこともなかった感じでしたね。

メタモルフォーゼ/変身(2019年製作の映画)

3.2

見た顔の俳優さんたちばかりなので比較的楽な気持ちで見てましたが、韓国作品らしく容赦ない感じの展開でした。

ただ声を大にして言いたいのは、悪魔がいつ何時仕掛けてくるかもしれないのに神父が家族置いてでか
>>続きを読む

クローゼット(2020年製作の映画)

3.2

ホラーとしてはまぁまぁかな。

マザーのホ・ユルさんが出てましたね。流石の演技なんですが、出来ればもっと普通の子供役をやらせてあげたい。

そう言えばセリフに神と共に見た、見てないのくだりはクスッとし
>>続きを読む

>|