t.t34さんの映画レビュー・感想・評価

t.t34

t.t34

見た映画は自分の正直な気持ちで評価してます。今まで見た映画を一気に登録したのでコメントのないものもありますが、どうぞよろしくお願いします。

映画(1987)
ドラマ(0)

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

青春時代を思い起こさせる話。
だれもが共感できるところがこの映画に含まれてる。
主人公の子のように素直になれない自分や男女関係が始まる時期だったり…。
全然違うけど耳をすませばのアメリカ版って感じで似
>>続きを読む

結婚(2017年製作の映画)

1.0

ディーンフジオカさんが出てるから見たけど、大したことない。

オデッサ・ファイル(1974年製作の映画)

3.6

1970年代の映画って映像がなんとなくちょっと古さがあって、そこもまた良かった。ドイツのヒトラー政権時代はいくら時代が流れてもずっと語り継がれて行くだろう。憎しみからは何も生まれないにせよ、それだけ憎>>続きを読む

13階段(2003年製作の映画)

3.0

自分を殺そうとした人を許して、命を助ける場面が印象に残ってる。

潔く柔く(2013年製作の映画)

3.0

ただただ長澤まさみさんのかわいさに見惚れる映画。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.5

笑ったんだけど、意外と真剣な場面もあって、、、
友達と一緒に見ると楽しめるかな。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

東野圭吾さんの作品には悲しすぎる過去があって、容疑者となってしまう人に同情したくなる。
心にじわっと暖かさと切なさ、やるせなさが広がる。

ハドソン河のモスコー(1984年製作の映画)

3.3

ソビエト連邦の社会背景がどういうものかよく分かる。
自由を憧れてアメリカに来たけど、自由であることの大変さも描かれてた。ソビエトにいる家族は本当に大丈夫だったのかすごく気になる。

ブリムストーン(2016年製作の映画)

2.3

残酷すぎて見ていて吐き気がするし父親の愛が異常すぎて気持ちが悪い。
この映画は何を伝えたいのか、わからない。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

お母さんの子を想う気持ちの大きさを知った。猟奇的な映画ってだけじゃなくて、愛が込められた言葉で人はこんなにも変わるのかと驚いてしまった。
そして最後の結末も今までにない斬新な感じが受けたんだと思う。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

松岡さんの喜怒哀楽の表情、すごかった。また違う映画でも松岡さんの作品を見れる事を楽しみにしてます。

アンストッパブル(2010年製作の映画)

3.6

なんでだろー。
すっごい単純な話なのに最後の方は肩に力が入っちゃうし、涙も出てくる。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.9

カーズはどれもハズレがないんだなー。
子供向けでもあるけど大人が見てもちゃんと飽きずに見せてくれるのは凄いと思う。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

蒼井優さんの涙を流すシーンはどれも綺麗だったし、そのシーンに合った涙だった。
薄汚い、顔も悪い、変態って思ってた同居人。実は1番彼女の事を想う、心が暖かい人っていう役は阿部サダヲさんが適役だと思った。
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.0

モノクロからカラーになるシーンは生を、モノクロは喪に服して悲しむ姿を視覚から表していた。
隣の国同士なのにドイツ人はビールを飲み、フランス人はワインを飲むというのと同じように文化も考え方も育ち方も違う
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

2.5

現実的な部分と非現実的な部分が織り混ざっていたのがよかった。
どこまで人間と動物が心を通わせられるのかや多様な動物を仕っている映画が少ないから貴重な作品だと思う。
でもあまり好きじゃ無い映画だった。

ウソはホントの恋のはじまり(2013年製作の映画)

3.0

彼女の好きなものを知って、ギターを習ったり本を読んだりする姿は健気で可愛かった。

黙秘(1995年製作の映画)

4.0

サスペンス映画の中でもかなりできのいい作品。
シーンカットも見せ方も、演技も最高だった。
ヒッチコックの作品を見ているような時の流れも心地よかった。

クローズド・ノート(2007年製作の映画)

2.9

沢尻エリカさんの涙って本当に綺麗だと思った。
竹内結子さんの演技が自然で、先生役もハマってたと思う。一生懸命に生徒のことを想う先生って生徒に必ず気持ちが伝わるんだろうな。

ホテル・ファデットへようこそ(2017年製作の映画)

3.2

こんなホテル泊まってみたいけど、お金は払いたくないな。
バルバラには沢山笑わせてもらった。

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

4.2

いい映画に出会えたと心から思った。
自分がなんで生きているのか、生きてる意味って沢山あっていいんだよなーと心が疲れている人に見て欲しい作品。
吉田鋼太郎さん本当に怖くて、いろんな顔を持つ本物の俳優さん
>>続きを読む

めぐりあう日(2015年製作の映画)

2.3

人生でどこか自分に自信を持てなかったこと、子を育てることへの葛藤が自分の出生を知ることで少しずつ自分を肯定し、歯車が回っていくことがこの映画で表現したかったことではないかと思った。
でも内容はありきた
>>続きを読む

絵文字の国のジーン(2017年製作の映画)

2.8

可愛い映画でお子さま向けでした。
自分らしさを大切にしてほしいって言うのがこの映画からのメッセージだと思った。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.7

心がじわっと暖かくなる。
それぞれの道の中で生きるってことがどういうことなのかを知るストーリー。
邦画らしく、みていて心地よい作品が増えたらいいな。

アンカーウーマン(1996年製作の映画)

3.0

セリーヌディオンの挿入歌が良かった。
女性のサクセスストーリーは勇気をもらえる。

スイッチ・オフ/森へ 少女ネルの日記(2015年製作の映画)

2.9

途中まで楽しめて良かったけど、最後の家を焼き払う部分には全く納得がいかなかった。邦画のサバイバルファミリーの方が見応えあるなー。

張り込み(1987年製作の映画)

3.3

すっごくオーソドックスで展開が読めてしまうけど普通に楽しめた!

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

2.7

平祐奈が可愛くってキュンキュンした。
金持ちと貧乏人というコンセプトが崩れないところも良かったし、漫画を見ているような気分になれたのも良かった。

崖っぷちの男(2011年製作の映画)

3.4

最後までハラハラさせられて目が離せなかった。
誰が裏切り者で誰が味方なのか読めないところも楽しめた。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

感動して涙が流れてしまった。
自分の信念を貫く姿、医療者としての心を学ぶことができた。
ステキな映画。

アンデッド刑事<デカ> 野獣捜査線(2016年製作の映画)

1.0

こんなつまらなくて無駄な映画ない。不毛な時間を過ごした。

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

2.6

物足りないしパンチもない。YOUさんの言葉だけこころに残ってる。

>|