To34さんの映画レビュー・感想・評価

To34

To34

映画(2359)
ドラマ(0)

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.2

ハリウッドが作ったらポケモンはこんな感じになるのかって思った。
ピカチュウの可愛さは健在だったし、CGの技術も素晴らしかった。
ストーリーが今ひとつ何か足りないというか、ポケモンと人間の友情がもっとあ
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.7

RBGの方も良いけれど、この映画もいい!
社会の変革を目の当たりにし、憲法が先駆けて世の人々を守るためにはどうしたらいいのかを考えた女性の話。
法曹界に関わる人たちなら一度は見て欲しい作品。

RBG 最強の85才(2018年製作の映画)

3.6

ルースギンズバーグの名をこの映画で知ることができた。
ペンは剣より強しという言葉が似合う女性であった。
ジェンダーレス社会を目指して戦った人達が居たから今の私たちがある。先人に感謝し、正しいことを正し
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.5

冒頭から約20分、主人公は喋らず表情と行動のみで演技をする。台詞は多くなくても振る舞い方、表情だけで魅せてくれる。
記憶を消し去りたいくらいの過去から逃げるためにパリ、テキサスを目指す。そこにいけば答
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

-

うーん、面白そうでそうでもない。
ジャッキーチェンを起用してるけど、無理やりにこの映画で結びつけてるのが違和感である。
アイルランド問題はイギリスで根強い。

ミスミソウ(2017年製作の映画)

1.0

最初は面白そうかと思ったのにどんどんつまんない映画の方に話が進む。
こういう映画は受けるか受けないか分かれる。バトルロワイヤルみたいな題名からもわかるようにすればいいのにミスミソウじゃ戸惑う。

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.5

小さな町ならではの権力者に従う弱者たち
へ勇敢に立ち向かう書店の女性の話。
自ら屋敷に引きこもる読書家のご老人が心を開き、久しぶりに信じられる人に出会うことが出来た。彼女へ送った「別の時代で別の誰かで
>>続きを読む

ハイヒール(1991年製作の映画)

3.5

母親から愛情を受けたい一心で人生を過ごしてきた娘の話。
シャネルの赤いサングラスとバックからスタートして赤がこの映画の中で愛情を表している部分なのではないかと思った。
拘置所にいる娘へ向けて舞台から歌
>>続きを読む

クリスマス・カンパニー(2017年製作の映画)

3.3

本当にサンタクロースがいるとしたらと仮定した映画の中でもコメディ要素が強過ぎることが多い。
34丁目の奇跡を超えられはしないけれど、サンタクロースを信じてみたいと思わせてくれた映画。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.0

いやー胸苦しい映画。
自分の仕事がうまくいなかくなったら誰かのせいにして生きるみみっちい人間なんていくら成功者であっても尊敬できない。
アルマは愛されたいと思って様々な行動を取るけれど終いには人として
>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

4.5

どうしてなのか本当にわからないけれど人生の中で同じような苦い経験に遭遇する。
子供に対して自分の人生経験から得たことを押しつけてしまったり、大人の都合で子供を家の仕事をさせてしまったり、見知らぬ土地と
>>続きを読む

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.6

日本のスーパーを舞台にして同じように映画を撮っても映えないだろう。
陳列の仕方や服装から全てがおしゃれに見えて、Mr.Childrenのスーパーマーケットファンタジーを彷彿させる。
定職に就き、スーパ
>>続きを読む

母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った。(2018年製作の映画)

3.1

安田顕さんの涙って泥臭くていい。
こんなに息子さんから愛された母は幸せだと思う。
ただ、ストーリーにスパイスがない。

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

3.6

ジュリアロバーツさんはプリティウーマンで一躍有名になった人である。最近の出演している作品はアメリカ社会問題を取り上げている意味のある映画に出演することが多い。
この作品は麻薬、覚醒剤濫用による中毒者が
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

やっとこの映画を見ることができて、嬉しい。作品が公開されてから話題だったのに長いこと見れなかった分、この映画に対する期待が大きくなった。
この映画のジャケットのイメージからSF系なのかと思っていたら全
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.3

歳の差を埋めるのは難しく、若くてハンサムな人へ惹かれるのも共感できた。溺れるほど人を好きになって自分を止められないのも羨ましい限り。
世界史の授業で習ったことがあったけれどチューリップとお金を天秤にか
>>続きを読む

ドラえもん のび太のドラビアンナイト(1991年製作の映画)

3.5

アラビアン・ナイトに因んでドラビアン・ナイトとは…どらえもんもディズニー張りに昔の物語を使うんだなーと驚き。
砂漠の中で蜃気楼が見えたり、過酷な環境を演出して最後まで見応えあり。

ドラえもん のび太の大魔境(1982年製作の映画)

3.4

最後にはしずかちゃんのとんちが効いて、そうくるのかと感嘆してしまった。
ジャイアンがどらえもんの道具を置いてきてしまうところにはヒヤヒヤしてしまった。
ペコちゃん可愛いのに逞しさ、賢さも兼ね備えていて
>>続きを読む

ドラえもん のび太とアニマル惑星(1990年製作の映画)

3.3

ジャイアンはそのままの姿でなにも変装しなくてもゴリラに見えたり、スネ夫がキツネだったり、それぞれのキャラクターが生きていた。
歌の通り犬のお巡りさんが出てきたり、白ヤギさんと黒ヤギさんの話もあり動物の
>>続きを読む

ドラえもん のび太とブリキの迷宮(1993年製作の映画)

3.6

小学生の時と今の自分ではかなり映画の見方が変わる。
大人でも楽しめるテーマが含まれてるのがドラえもんの映画のいいところ。
ロボットに仕事を全て任せて、毎日が日曜日のような生活は憧れる。ロボットにより堕
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

最初はゲーム性が強い映画だと思って真剣に見れていなかったけれど、後半にかけてその違和感もなくどっぷりこの世界にのめり込んでた。
ショーンコネリーの娘やグリーンブックのマハーシャラ・アリが出演しててかな
>>続きを読む

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.4

ドキュメンタリー映画のような撮り方からスリリングさが感じられた。
仲間同士の揉める感じやガリガリのアフリカ人がよりリアルさが増す。
役者が揃ってるから出来た映画。

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.6

新しい恋愛映画だと思う。
この映画を見始めて、設定がよくわからなくてなんか辻褄が所々合っていない気がしてしまった。
自分の愛する人と時間を共に過ごすことが出来ないのは辛いことだけど、どの時にもその人が
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.4

趣里さんが最後のシーンにかけて本物の躁鬱病の人に見えてくる。それぐらい力の入った演技に圧巻された。菅田将暉さんの彼女を見つめる眼差しから感情を読み取ることが出来る。
2人とも凄い役者さんかつ、この作品
>>続きを読む

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

3.5

なにをしてる時が幸せに感じるのか。この言葉が映画のテーマになる。
D.Jサリンジャーが戦争を経験して、瞑想に出会い、自分を見つめていく。
どんどん人間性を失っていく中で書くことだけに専念するサリンジャ
>>続きを読む

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.6

兄弟がいるって良いことだなって思う。
ワイン造りがどのくらい手がかかっているものなのかよく分かる。
大人になって父親や母親の優しさに気づく。
そんな家族の愛を感じられる映画。

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

3.4

主演の男の子も話も面白そうって期待して見た。
確かに期待を裏切らない良い作品ではあったけれど、なんかあと一歩足りない。

師匠の人をもう一捻りして見てみたかった。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

ストーリーが緻密に作られている作品。
警察官の人たちがこの職業を選び、職務を遂行しているのが凄いと思わされた。
一切外の景色は出てこず、電話を取り続けるシーンのみなのだけれど、こんなに電話の向こう側が
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.2

シュワルツネッガーの出演作の中でも有名な作品。
1980-90年代のアクションや爆発がとても多い、ザ・アメリカ映画。
CG技術が今よりも優れてないため、スタントマンやシュワルツネッガー自身が身体を張っ
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

3.3

奴隷制度を撤廃し、黒人に自由という大義を賭け、歴史に残る偉業を成し遂げたリンカーン大統領を描いた作品
ダニエル・ルイスは本物のリンカーン大統領に見えたし、演技も最高に良かった。
でも2時間半は長く感じ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

これは良い映画!
チャーチル首相がこんな人物だったなんて今まで知らなかった。
ナチスドイツ時代にチェンバレンから引き継ぎ、チャーチルが組閣することになる。
タイピストの子と奥さん、国王の存在が大きくチ
>>続きを読む

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

3.3

アイルランド人が移民してきた頃のニューヨークの話。
ダニエル・ルイスは何の役でもやって退けてしまう。本当に素敵な役者さん。
ミュージカル映画は苦手なので点数低め。

ドラえもん のび太の恐竜(1980年製作の映画)

3.8

ピー助とのび太の関係がとても良い。
子供たちに飼育することの難しさや思いやる気持ちが育つようなすてきな話でした。
これはどらえもん映画の中で名作です。

バイス(2018年製作の映画)

3.2

能力のないブッシュを描き影の首謀者がチェイニー副大統領として描いている映画
チェイニーっていう副大統領をこの映画で知ってアメリカ人らしいと思った。

ブッシュ大統領に国民投票で選出して、戦争を始めたの
>>続きを読む

鍵 THE KEY(1997年製作の映画)

-

官能映画
川島なお美さんの美しさと柄本さんの不気味さがよかったのでは。

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017年製作の映画)

3.8

プーさんが誕生するまでの秘話。
戦争で心身共に疲労していたプーさんの生みの親である主人公が田舎での生活を始める。父子関係の中で戦争で心に傷を負っている人達への癒し、未来への希望を抱けるためにプーさんが
>>続きを読む

>|