シモドリさんの映画レビュー・感想・評価

シモドリ

シモドリ

映画(35)
ドラマ(0)

武器人間(2013年製作の映画)

4.1

C級カルトホラー

二次大戦下のナチスドイツを舞台に、フランケンシュタイン博士の孫が作った死体と武器の合成人間軍団にソ連兵士が襲われる話

とにかく武器人間たちのビジュアルが最高
役者もみんな気合い入
>>続きを読む

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

4.6

やさしい、いい映画だった
池脇千鶴は幸薄い役柄が本当に似合う

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.0

ユーモラスかつペーソス漂う個性豊かなゾンビたちの描き方がよかった
人間たちのキャラ造形は尺の都合上原作で補完してねっていう感じなのかな

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.8

そう繋がってくるかー!
シリーズで観ると面白さ倍増ですね
ラストシーン、本当にイヤ〜〜な終わり方で最高

マトリックス(1999年製作の映画)

4.6

SF設定だけでもめちゃくちゃ面白いのに、しっかりカンフーもやっててえらい
不朽の名作

Seventh Code(2013年製作の映画)

1.8

前田敦子による前田敦子のためのミュージックビデオ

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.9

テンポの早い展開とこれでもかと挿し込まれるギャグ
往年のヒット音楽のオシャレな使い方
1977年という時代背景ならではの攻めたファッションと、それを完璧に着こなすライアン・ゴズリング
ワンシーンワンシ
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.2

美しくも恐ろしく切ない重層的な映画
お風呂シーンえっちすぎる

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.0

前作「プロメテウス」で人類の創造主が判明し、今作「コヴェナント」ではエイリアンの創造主が判明する
1979年のシリーズ第1作目「エイリアン」公開から、さまざまな憶測のもとに語られてきたエイリアンとは一
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.9

音楽、映像、テーマ、なにもかも最高です
サイモン・ペグ、ニック・フロストとの3バカトリオ(失礼)でハシャいでたエドガー・ライトがここまで完璧な映画を撮ってくれたことに感謝の気持ちしかない

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.7

荒巻の扱いがあまりにも…
原作の画づくりへのリスペクトは感じられた

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

噛まれたら即発病してガンダッシュ系の今風ゾンビから新幹線の中と外を逃げ回るスリル満点のアクションホラー
決して少なくない各キャラクターの成長を丁寧に描いた人間ドラマも素晴らしい
ラストシーンは涙こらえ
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.8

死霊館シリーズで本編とは全然関係ないのにガラスケースの中から圧倒的な存在感を残したアナベル人形の単体作品
中盤のエレベーター等々、ガッツポーズシーンの連続で見応えあり
アナベル人形のルーツに迫る次作も
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.6

3時間という長い尺に散りばめられた嘘
黒木華演じる皆川七海が劇中さまざまな嘘の中で傷つき、そして救われてゆく
岩井俊二作品の中では一番好き

怒り(2016年製作の映画)

2.2

妻夫木聡&綾野剛チームの東京編が最高に美しいのでここだけ別作品として映画にしてほしい
抑え気味な綾野剛の上で妻夫木をかき鳴らす感じがたまりません
最高です

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金(2013年製作の映画)

4.3

あまりにも知性が終わっている
やっぱりマイケル・ベイは天才だ

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.7

なんか歌と踊りで素敵な感じになってるけど、実はこいつら結構ダメなやつだし、なんならイヤなやつですらあるからね!?って思いながらもしっかり感動するのはひとえにキャストの力でしょう
どうやらワンカットで撮
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

それぞれの演者がいいだけに、もうちょっといけたのでは…!と思ってしまう
なかなか一堂に会さない受刑者たちがついにクロスオーバーする後半の見せ場はワクワク感あった

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

松田龍平と綾瀬はるか夫妻が切ない
一度壊れてしまった関係が最後に形を取り戻すんだけど、でもそこには決定的なあるものが欠けていて…
ラストシーンに「未来を信じましょう」「はい」っていう小泉今日子と松田龍
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.3

アクションそのものは前作と比べて洗練されていて、登場人物の掛け合いも全体的にカッコよくなっているんだけど、しかしそもそも前作のあの垢抜けなさみたいなものこそが最大の魅力だったのではという問題がある

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

傑作
まさに作家性を貫き続けたデル・トロ監督の集大成と言える
オリジナリティを曲げてハリウッドに迎合するのではなく
オリジナリティに固執してハリウッドを諦めるのでもなく
オリジナリティを色濃く残したま
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.6

フィフスエレメントの遺伝子を正しく受け継いだ正統な後継作!
あの世界観が好きならぜひ

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

追い詰められた人間が取る選択って、その必死さも相まって側から見ると悪いけど滑稽だったりする、そのおかしみ