hanaさんの映画レビュー・感想・評価

hana

hana

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

-

長さを感じさせなかった。
手話の所作が美しかった。
余白のある音も好きでした。

浅草キッド(2021年製作の映画)

-

映画館で観たかったけど、待ちきれず。
柳楽優弥良かった。
もちろん他の方々も。
役者はすごい!芸人もすごい!

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

-

記録
この4人が良かったです。
実際のGReeeeNについては疎いのですが。
声が好き。

(菅田将暉コンプリート目指そうかな)

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

記録
自分は多くの人からサブカルと言われがちだけど、違うな、と確信。
ぎりぎり世代だし、シネマライズ渋谷で欲望の翼 とか、WAVEに買物に行ったりしたけど。オザケンは通らず、遠くから眺めていたイメージ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

-

記録
アウトレイジとか、好きなんですが、このよーな描き方もあるのか、と新発見。
グロテスクだったなー。
役者陣も豪華で、濃厚でした。
血とか暴力シーンの苦手な人には、ちょっと大変かもしれないな、と思い
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

-

記録
切なくてしんどい方向へ進んでいって、なんか、どんよりしてしまいました。
真実を追求すればさっぱりすっきりする、
とは限らないんだなーと。

夜明け(2019年製作の映画)

-

柳楽優弥と、小林薫さん、目当てで。
地方の閉塞感とか、本当の家族のうっとうしさとか。
こじらせているっぽい青年を演じる柳楽優弥見てるだけで満足しましたが、淡々としたまま終わってしまった。
なんか惜しい
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

-

かなり重くてしんどい物語でしたが、ゼインが大人っぽく、凛としていて、最後まで見届けたいと思わせる魅力がありました。

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

-

覚書
バッド・ジーニアスを観て、流れで。
チュティモン・ジョンジャルーンスックジン、なんか好きだな。

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

-

記録
良かった○
主人公のリンが、途中から良い意味で、蒼井優の凛々しさを思い出させてくれた。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

記録
懐中時計
幸せであるように

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

記録

異常なんじゃない、揺れが大きいだけだ。

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

記録
公開時から、気になりつつ後回しにしていた作品。
このご時世で、映画館に行きづらく、ノートPCで観ましたが、号泣。映画館で観てたら大変なことになっていたかもしれないです。

めがね(2007年製作の映画)

-

久々に加瀬亮をみることが出来ました。

赤いモヘアの編み物が素敵。
海老が美味しそう。
かき氷食べたい。
撮影場所はどこなんだろう?初めて宮古島に行った時のことを思い出しました。
南の島の春や秋はいい
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

記録 ふたりで
ブラピ、さらっとふわっと素敵。
子役の女の子の存在感、彼女とディカプリオのやりとり、からの撮影シーン、好き。
個人的に、タランティーノといえばレザボア・ドッグスをスクリーンで観た衝撃が
>>続きを読む