しもむさんの映画レビュー・感想・評価

しもむ

しもむ

映画(313)
ドラマ(0)

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)

4.4

警官殺しで追われることになった男の逃避行。
物語自体はよくありそうな話だけど、ビジュアルと演出が最高過ぎて、鑑賞中ずっとエンドルフィンが分泌されていたと思う。
『薄氷の殺人』で印象的だった淡いネオン色
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

1回目は何も前情報無しに。
2回目はパンフや解説サイトを読み込んで観に行ったが、それでもついていけない点は多い。
正直、分かりにくさでは『インセプション』、『インターステラー』ぐらいが自分の好みかも。
>>続きを読む

8日で死んだ怪獣の12日の物語(2020年製作の映画)

3.6

なるほど、こういう世界観なのね。
ウルトラマン関係の話が結構出てくるから、
カプセル怪獣が何かくらいは事前予習しておいた方が
分かり易いかも。(ちなみ現在放送中の『ウルトラマンZ』ではウィンダムが活躍
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

スケートボードもHIPHOPも無縁との少年時代だったけど、
新しい世界へ飛び込む時のドキドキ感や仲間と呼べる人達と過ごす時間の
楽しさはよく分かる。
パシリから始まって、チキンレースで認められてのし上
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.5

見えない目撃者
後半まではすごく面白かった…!
テンポも良いし、邦画なのにグロ描写がしっかりしてる辺りも製作陣の気合を感じて「おおっ!」てなったのに…。

登場人物全員の見せ場を作ろうとしたのだろうか
>>続きを読む

凱里ブルース(2015年製作の映画)

4.0

まさに白昼夢。
場面説明なし&時系列不明のカットが多用されるので、観てるこちら側はだんだん、地に足が着かなくなってくる。
フー・ボー監督の『ロング・デイズ~』同様、中盤まで取り留めのない話か続くので、
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.0

前評判の高さの割に、公開したら色んな感想を見かけたけど、どんなもんじゃいと観たけど、凄く良かった。

プレイリストに基づいて脚本を書いたという事たったけど、音楽と場面のシンクロは、自分には正直そこまで
>>続きを読む

破壊の日(2020年製作の映画)

3.8

爆音にのせて怒りを叫んでるかのような作品だった。
音が本当凄くて、映画を観てるというよりはライブにきたかのよう。観てて身体がピリつくような感覚を何度も味わった。

もともと、東京オリンピックに対して書
>>続きを読む

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵(2020年製作の映画)

3.8

シネマート新宿の先行上映にて鑑賞。
今度は政治犯になったダニエル・ラドクリフが刑務所からの脱獄を目指す話。

あくまでも実話ベースという感じで、過剰な脚色はしていないという印象。
いわゆる脱獄モノのハ
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.0

メインは、「私と世界」という普遍的なテーマだけど、主人公のウニを通じて、当時の韓国社会や抑圧された女性の姿(男性も)が描かれていて、多角的に掘り下げる事ができるのが面白い。
物語の構造は、キム・ボラ監
>>続きを読む

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

4.0

映画史上初ともいえる、途中で3D&60分のワンカットに変化する映画。
この映画、本国での公開にまつわるエピソードが面白い。
作品の原題は『中国最後の夜』、そこで監督は題名にちなんで、敢えて2018年の
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.6

ハーレイの語りで進んでく構成(少しデップーを思い出した)に最初は不安になったけど、上手く纏まってるし、何よりアクションが本格的。
最初の警察署襲撃シーンにしろ、ビジュアルが凝ってるから、ボーッと観てる
>>続きを読む

人間の時間(2018年製作の映画)

3.6

自分にとっては、久し振りのキム・ギドク作品。
リアリティという点では突っ込み所満載だけど、これは人間の歴史を表した寓話なんだと解釈した。血の足跡で描かれた∞が言わんとしてる事を伝えてると思う。
にして
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.6

正統派かつ健全なホラー映画。
もしホラーを観に行きたいけどお薦めあると言われたら、『ミッドサマー』じゃなくこっちをお薦めしたい(そもそもミッドサマーもホラーではないけど)向こうの児童文学のシリーズを纏
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.2

怖いというより、凄く嫌なモノを見せられたという気持ちの方が強かった。
そういう意味では、ラース・フォン・トリアーに通じる露悪趣味を感じる。

エンタメより、アートっぽさを感じたし、監督の失恋が映画作り
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.0

主演の子が韓国の人気アイドルらしいけど、そこ知らずタイトルとビジュアルに惹かれて鑑賞。
スケボーが題材の映画だと勘違いしてたら(2枚目のビジュアル、スケボーに乗ってるように見えませんか?)タップダンス
>>続きを読む

テリー・ギリアムのドン・キホーテ(2018年製作の映画)

3.8

苦味と哀愁を感じさせる大人達の御伽噺。

この映画の企画が何度も頓挫した経緯はリアルで見ていたので、こうして完成した作品を観るのは感慨深い。
というか、失礼な話、完成させれると思ってなかったからその事
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.0

清水崇監督の作品を劇場で観るのは初めて。
ビックリ系ホラーかと思ってたら、日本特有のジメジメホラーで、突然の大きい音が苦手な自分が観ても大丈夫なやつでした。

某大型掲示板のオカルト板に一時期いた身と
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

2.8

AIの暴走という物語は、奇しくも現在放映中の仮面ライダーゼロワンと同じ。
手垢がついた題材が、今になってこれだけ作られてるという事は、それだけAIが人々にとって身近になってるんだなと伺える。

映画は
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

練りまくってある脚本は言わずもがな、役者の印象を敢えてハズしたキャスティングや、館の内装や美術も凝っていて、綺麗に纏まった作品だった。
移民問題を取り入れてるのが意外というか、ライアン・ジョンソン監督
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.0

お馴染みのバイオレンス描写に、ホラー演出や青春風味…
これまで、様々な作品を撮り続けてきた監督だからこそ撮れたであろうジャンルMIXな作品。
脚本がツイスト効きまくりで、当初の予想と違って、どこに到達
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.0

#ラストレター

恋愛において「女性は上書き保存、男性は名前をつけて保存」と言われるが、これまさしくその通りだと思う。
映画を例に挙げてみても、別れた彼女の事を思い続ける男性を描いた映画なら、すぐにい
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.0

海外からの評判を聞いてたからこそ、敢えてフラットな状態を心掛けて鑑賞したが、残念ながら合わなかった。

やはりビジュアルでの違和感が一番の要因だと思う。
この珍妙なビジュアルも映画終わる頃には慣れてる
>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

4.0

何といっても、ロメールを思わせる映像が魅力的。
淡く溶け込むような映像は、そのままスクリーンの中に入り込みたくなるくらい。
極端な話、この映像を流してるだけでもボーっと観ていられる。
16mm フィム
>>続きを読む

象は静かに座っている(2018年製作の映画)

4.2

決定的な事は映さずに、人物の表情から、状況を描く手法や物音の使い方など、この監督、不穏な雰囲気と緊迫感を作り出すのが凄く上手い。
『象』といい、背後から追いかけるようなショットの多用といい、監督、絶対
>>続きを読む

男はつらいよ お帰り 寅さん(2019年製作の映画)

3.8

冒頭の桑田佳祐のMV的な演出は驚いたし、今の時代の感覚からするとズレを感じる部分も多いんだけど、今作は長年の寅さんファンに対するファンムービー。
余計な突っ込みは野暮なんだろう。劇場内の温かな雰囲気と
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.6

安定のFOX SEARCHLIGHT製作という事で、ある程度の期待感はあったがそれ以上。

第二次大戦下のドイツ軍側の人々をチャーミングで愛らしく描いてるの何気に素晴らしいと思う。
創作物では何かと非
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎忘れな草(1973年製作の映画)

4.0

安定の寅さん、リリー初登場の回。
酪農にいくものの、即効で戻ってくる寅さん面白すぎる。
終盤、駅で寅さんの財布にお金入れるさくらとの場面が切なすぎて大好きな場面。

レゴ(R)スター・ウォーズ パダワン・メナス(2011年製作の映画)

3.3

LEGOのSTAR WARSシリーズ始めて観たけど、こんなほのぼのして可愛らしいとは。まさかのヨーダと○○○○がこの作品で共闘してるとは!
ダースベイダーのお馬鹿さんっぷりも愛らしい。しかし、この子達
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995年製作の映画)

3.6

寅さんシリーズを飛ばし飛ばしで観てて、一気にこの作品を観たから、みんなの老け具合に驚いた。特に寅さんとタコ社長のよぼよぼっぷりはヤバい…
映画を年々追っかけてきた人なら違和感ないんだろうけど、自分は出
>>続きを読む

男はつらいよ 柴又慕情(1972年製作の映画)

3.8

安定の様式美。自分の故郷が出てると聞いて観てみたけど、名前だけの登場だった。
安定の面白さ。

男はつらいよ(1969年製作の映画)

3.9

『おかえり寅さん』公開に向けて、この機会に寅さんシリーズを観てみる事に。
…面白いなぁ!!寅さんのダメダメなキャラクターが何とも愛おしい。寅さんが愛される理由を知った。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

ネタバレには触れていなけど、未見の方は映画を観てからの方がいいかも。
相変わらずストーリーテリングがお見事。これまでのポン・ジュノ監督作品同様、社会風刺を作品に取り入れてるのだけど、今作は社会問題とエ
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

4.2

映画好きの友人から教えてお薦めされるまでノーマークだった作品。
何でも完成に7年も掛かったという。調べてみたら、何とゆらゆら帝国の坂本慎太郎が声を務めてる!!これは確かめにいかねば!と思って観てきたけ
>>続きを読む

ティーンスピリット(2018年製作の映画)

3.3

エル・ファニング主演×この題材で、これだけの盛り上がりの少なさ。
「エル・ファニングを見れればいいや」くらいの気持ちで観たけど、なかなか面白かった。

一言で表すなら「エル・ファニングのアイドル映画」
>>続きを読む

>|