神堂さんの映画レビュー・感想・評価

神堂

神堂

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.5

本当に面白い!何故黒澤がスゴイと言われるのかシミジミしてしまった…

最初の1時間は1つの部屋の中だけで展開する。しかし、それぞれの人物の描写が丁寧なため、全く飽きない。その後、話が捜査に移っても奇を
>>続きを読む

昼顔(1967年製作の映画)

3.2

ヴェネチア映画祭最高賞受賞。カトリーヌ・ドヌーブ主演の現実、幻想、妄想の入り混じったエロティックな異色作。

女性の性をテーマに妄想に苛まれる1人の人妻を描いた話。下世話になりそうな話だが、美しい映像
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

モヤモヤ感が残ってしまう…
罪を裁くこと、司法制度の歯がゆさがテーマなので、真相はそこまで重要ではないのかもしれない。けれど、ミステリー的な話運びをするので、解決編がないと消化不良に感じてしまう。
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.4

テンポいいし、ノリが良くて面白かった!
題材的には暗くシリアスになりがちなテーマを、エンタメ感を強くして大正解。

出来も良く、優等生すぎるくらい細部まで行き届いていた。小中学校の授業の教材としても十
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

今作はシリーズの中で最も"静"な感じがした。暴力描写は前作に比べると少なめ。じっくりと人間関係がこじれる様子を描いていく。

繰り返し続く抗争を止めるには武のように舞台から降りるしかない、というテーマ
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

2.9

冒頭で喰われそうな姉ちゃんが、シリアスに鮫と格闘する映画。

とにかく映像が綺麗でロケーションが美しく撮られてる。それだけでも見れるくらい。撮影の仕方が上手いんだろうな。

最初の方は、主人公のスキル
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0

評判通り2時間ずっと緊張感の漂う映画だ。法による秩序が崩壊した国で生きるとはどういうことか。正義の象徴である警察も組織に協力するしかない。一度関わると2度と抜け出せない。本当に恐ろしい世界だ。

とこ
>>続きを読む

泥の河(1981年製作の映画)

4.3

過酷な家庭人生を送るしかない少年と、周りの人から愛され育てられた少年の出会いと別れを描いた映画。

丁寧に丁寧に作られた水準の高い作品。アカデミー外国語映画賞にもノミネートされ、スピルバーグも絶賛した
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.2

キレキレのスピード感と凄い緊張感。あっという間を映画が終わってしまった。

ジェイクギレンホール演じる主人公は稀に見るクズ野郎。法的にアウトなことを次々とやってのけ、人のことをなんとも思っていない。始
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.6

黒沢監督にしては大胆なSF映画であり、コメディ色が強い。CUREがよりコミカルになったような感じ。賢いのか馬鹿か分からない長谷川と、天野少年の噛み合わない会話がとてもおかしくて笑える。CUREの役所と>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

よく作り込まれた脚本だなと思う。物語が二転三転するが、最後は綺麗に着地する。2時間30分の映画なのに長さを感じさせないほど引き込まれた。

ケリーの行動は流石に過激過ぎて、理解ができない所もある。ただ
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

4.5

奇妙な映画。
全編を通して不快な音楽、不安になる映像で溢れている。見てる間何が起こるのか分からず、画面に引きつけられた。

面白いというより深く記憶に残る作品ではないだろうか。間宮の不思議な能力と現実
>>続きを読む

トリュフォーの思春期(1976年製作の映画)

3.2

午前10時の映画祭にて鑑賞。
トリュフォーは子供が好きなんだなぁというのが伝わってくる。子供達は皆伸び伸びと演技をしていて、とても自然。きっと演出が素晴らしいからだろう。
ただ可愛いだけの映画ではない
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.6

迫力満点のリアルドキュメンタリー映画のようだ。

主に陸海空3つの視点で描かれる。その中では一人称視点に度々なったり、人間関係の描写が極力排除されている。さらに圧迫感のあるbgm、リアルな銃撃音が鳴り
>>続きを読む

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.7

悲しい話だがいい映画だった。撮影、演出が素晴らしいため、セリフに頼らずとも関係性や変化を理解できる。

海から上がるシーン、ラストシーンの美しさは圧巻。

演技では菅田将暉が突き抜けている。匙加減を間
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

4.1

いやー気持ち悪い映画だった。

監禁室のセットの非現実感、独特のショット、登場人物の言動がどこか狂ってる所、変な映画見たなーって気にさせられた。

きっとシナリオの欠点はいくらでもあるのだろうと思う。
>>続きを読む

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

2.5

完全に別物だと考えればアリなのかな…
原作既読の自分からすると、突っ込み所が多く映画に入っていけなかった。
1時間半の映画にまとめるのは無理がある。

特に気になったのは人物の魅力のなさ。ライトとLは
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

期待よりはそこまでだったかな。
ただ普通に面白い。ダイアナとスティーブのカップルがお似合い。もっと見たかったです。

アクションは序盤、中盤は凄かった。ラストバトルが個人的にイマイチ。画面の暗さが気に
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

エドガーライト監督にしてはかなりシリアスな映画。
劇中ずっと挿入歌が流れるミュージカルの様なアクション映画は今までなかったので斬新に感じました。
中盤からの一触即発になってからの緊迫感溢れる展開が良か
>>続きを読む

アポカリプト(2006年製作の映画)

4.6

かなり好きでした!驚愕のシーン連発でずっと手に汗握ってました。

痛覚に訴えかけてくる描写が多く、生々しい演出が凄い。メルギブソン映画は本当にハイレベルだと感じました。

キャスティングも完璧。美術も
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

いい青春映画でした!
男の子が壁を乗り越えて男へと成長する感じて最高だった。

周りのキャラもよかった。個人的にヒロインはメイおばさんでいいんじゃないかなって思えるくらい素敵でした。

瞬殺モードは使
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

マンガの実写化だと大成功じゃないでしょうか。日本映画としてはここまでのスケールで攻めた表現ができたのは凄い!

ただ英雄が射撃の腕が高いことを何らかの形で軽くしておいて欲しかったです。

キャスト陣も
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

マーベル物はあんまり見ないんですが破茶滅茶で最高でした!
好き勝手にやられると白けたりするもんですがちゃんと面白いのが凄い。
ある程度知識があるならもっと楽しめたかも。

「ホームランド」でも思ったけ
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

4.3

殺人事件の容疑者となった息子を救うため真犯人を追う母の姿を極限まで描くヒューマンミステリー。

親子では絶対に見たくない映画ですね。母親と息子なら尚更無理だな…
話の運びが抜群に上手く最後の最後まで飽
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

80年代不況下のダブリン。
僕らのバンドのpvで憧れのロンドンを目指す話。

いやー80年代ロック直撃世代じゃないけど面白かった!
曲に影響されてすぐファッションが変わるのがなんか良いですね。
航海の
>>続きを読む

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013年製作の映画)

3.0

ほのぼのしたロードムービー。
良作だけど、表現としてはあざとさが前面に出すぎなような気がします。
もう少し親子の絆の表現は抑えめにしてほしかったな。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

3.8

一人の少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を12年かけて撮影したドラマ。

長くて淡々としてます。しかしドラマチック過ぎない展開が本当に人生の一部を見ているような気にさせます。
様々なシーンで必
>>続きを読む

麗しのサブリナ(1954年製作の映画)

2.8

イマイチ乗り切れませんでした。
40過ぎるまで昔の恋を引きずっていた男がサブリナを簡単に好きになる理由があまり見当たらないような…

映画の要所要所のギャグも少し空回りしていた気がします。

チェイサー(2008年製作の映画)

3.9

殺人犯と元刑事の追跡劇を緊張感たっぷりに描き出した犯罪スリラー。
話はかなりシンプルですが2時間引っ張る力強さが凄い!
キツいシーンもあり、人を選びますがエンターテイメントに仕上がっているし、韓国警察
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

4.3

物凄く面白おかしい映画でした!
異物に対しては残酷な程冷徹になれるという人間の二面性を見せつけられました。

ラストもう少し締めてくれるとなおよかった。

ストーリーが勝負の映画なので予備知識をつける
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.0

途中ストーリーに退屈さを感じたけど終わってみると悪くない映画のように思えました。

キャロルは冒頭からイケメンっぷりが凄かったですね。ああいうのがさらっとできる人がモテるんだろうな。

ハージ役のカイ
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.8

cdsをどこで売り抜けるかギリギリまで悩むのが面白かったです。

スティーブカレル、ライアンゴズリングの演技もキレキレでよかった!

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.2

世界観が良くて脱獄してから最後までが本当に楽しかった!
ケーキを目の前のするとみんなメロメロになるのがなんかイイですね。

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.0

エドガーライトとサイモンペグのコンビ再びの映画。
前半イマイチだったけど後半は怒涛の展開でした!
ティモシーダルトンがゼアウィルビーブラッドのダニエルデイルイスにソックリでしたね笑

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.3

王女はそれまでワガママな子供だったけどジョーとの1日を経て大人の女性へと成長。
その変化が印象的でした。
オードリーを支えるグレゴリーペックが素晴らしかったです。

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.8

画面の色の使い方建物や服装のこだわり
など独特の世界観が魅力的でした。
「トランポリンの所で話して来い」とか
ノートンが突っ込んで助けに行くシーン
とか面白かったなー。

>|