しまさんの映画レビュー・感想・評価

しま

しま

主にNetflixとAmazonプライムで観てます。もちろん映画館大好き

Mr.タスク(2014年製作の映画)

-

どう感想を持てばいいのかわからない…
猟奇殺人鬼でもう話が通じないくらいイっちゃってるジジイが見てる側の理解を超えててすごい怖い
セイウチになれって…え?人間語ですか?くらいの衝撃
しかも大真面目に。
>>続きを読む

ポセイドン・レックス(2013年製作の映画)

-

このかわい子ちゃんどこかで?と思ったらジュラシック・リボーンの子だあ!恐竜好きなんだね!
思ったより端役だったけど…ポセイドン・レックスが先にできた映画だったから、この後主役級に格上げされたのか。頑張
>>続きを読む

JOY(2015年製作の映画)

-

ジェニファー・ローレンスが大好きなの
最初のちょっとした綺麗な若い母から話が進むにつれて顔つきが変わって、最後には肝の座った起業家の顔に。
その過程を特殊メークなどの変わったことをせずに見せられる稀有
>>続きを読む

28週後...(2007年製作の映画)

-

子供うざい…というかあの家族…

私、嫁を見捨てたロバート・カーライルは悪くないと思うのよ。あの状況で迷い込んだ子供に固執して優先順位を間違えてる嫁と一緒にいたら死ぬもん。
それよりアメリカ軍さあ…感
>>続きを読む

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

-

この映画大好きでVHSの頃何度も借りて観たし、最初に買ったDVDはエンパイア・レコードだった
音楽たっぷりの青春群像コメディで、それぞれ問題があったり将来の不安を抱えた若者たちの話なんだけど、悲壮感が
>>続きを読む

ダイアリー・オブ・エクソシスト(2016年製作の映画)

-

悪魔がとり憑くってのは何か呪いの書を開いてみたり、コックリさんしてみたりするものかと思いきや、ブラジルでは割とカジュアルに悪魔つきになるらしい。ルシファーって大物出しすぎじゃないかな

こなれた監督が
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ(1984年製作の映画)

-

懐かしい。子供の頃から何回となくテレビで放映されてその度に観ていた
普段は吹き替えで映画観ないけど、これは吹き替えの方が馴染みがあるなあ
口八丁でハッタリ効かせてなんでも強引に物事を進めちゃうエディ・
>>続きを読む

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

-

最後だけジャンルの違う映画になってた…ナンデナンデ(・∀・)

童貞うんぬんってよりアンディが3人の友人を得たことの方が人生を豊かにしたんじゃないかな。
その上で最終目標が恋人であり童貞喪失であっただ
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

-

全てを排除してただただ復讐一本道。もはや潔いほどに。
普段おとなしく見える人ほど怒らせたらダメだし
2代目はやっぱりアホだし
犬は殺したらダメなんだって話

アメコミアクション見すぎてたので、キアヌの
>>続きを読む

モール★コップ(2009年製作の映画)

-

過剰にかっこ悪いモールの警備員VS過剰にかっこいい強盗団
もう一から十までかっこ悪くて感心する
重量級+セグウェイ+アクションの相性がここまで良いとはね…

強盗団のアクションだけかっこいいんだけど、
>>続きを読む

ジュラシック・リボーン(2016年製作の映画)

-

漂うゴーストバスターズっぽさ
あのマンション上階の感じとか、おっさんがドロドロで生還するとことか。
最初のゴーストバスターズを感じた

とにかく出来に関しては。。。なんだけど、後半に至ってはダメが一周
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

-

見てる途中「あら、先が見えちゃうわ〜」って思ってたけど
見終わってよくよく考えたら、前観たことあったかもねーーー(´Д` )
どうりで…
(過去に観た作品でも途中では気付かず、観終わってから「もしや観
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

-

二時間丸ごと障害物競走みたい
とにかく逃げて逃げて、車やバイクや足で逃げまくってどこからかわいてくる敵をバッタバッタをなぎ倒し突っ走ってた

自分の勘に絶対の自信があり適当に突き進むキンケイドと、綿密
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

-

写真の感じからてっきりコメディだと思い込んでたから、ちゃんとしたスポーツドラマでびっくりしたし面白かった
おとぎ話のような話だけど実話ベースなんだねえ
エディのひたむきさが人を惹きつけて助けてくれるん
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

ガル・ガドットの美しさよ
DCの映画をマーベルに例えて申し訳ないけど
見る前は「強めのブラックウィドウ」を予想していたけど、実際見てみたら「綺麗なハルク」だった。。
すげーぞ。。

ワンダーウーマンの
>>続きを読む

殺人魚フライングキラー(1981年製作の映画)

-

前情報なしでみはじめたら古い映画でびっくり。
でも今のシャーク何ちゃら〜とかピラニアほにゃらら〜の映画と全然変わりなくて
パペットかCGかの違いだけ。
貼り絵みたいなCGより古くてもパペットの方がなん
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

-

すごいね。たった一言、たった一瞬で景色が変わってしまう
「ちょっと変わった人」「ボケちゃって」って…
シャマランのホラーだから何かあるってのは分かってたけど
切り返し地点の怖さは格別でした

元々PO
>>続きを読む

ザ・カナル 悪魔の棲む場所(2014年製作の映画)

-

怖さほどほどだけど、後半最高にえぐいシーンがあって私はちょっと。。。

話の種明かしはさもありなんって感じだったけど
お父さんがもうどうしようもなくって
子供がいるんだから!しっかりしなさいよ!!!っ
>>続きを読む

運命の元カレ(2011年製作の映画)

-

これはアベンジャーズのパラレルワールドなの?ってくらい驚きのマーベル濃度
何か狙いがあるのかと勘ぐるくらい

まあそれなりに下品で可愛らしいんだけど、アリーにあまり魅力を感じられずコリンがアリーに惹か
>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

-

安定のファイナルデッドシリーズ
この映画って仕事場におけるヒヤリハット事案の警告映画なのでは!?

なんつってね。たまに見るとバカバカしくて楽しいわ

ダークハウス(2015年製作の映画)

-

いわくつきの家にビデオカメラ持って夜に行っちゃダメってなんども言いましたよね?ダメだっつの!
最初の方はホラーらしい絶妙な怖さもあるんだけどだんだん尻すぼみに。。
無垢なる何ちゃら…辺りで何となく察し
>>続きを読む

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

-

多分全部見た…多分(番号つけといてよ!)
最初は面白くて怖くて楽しく見たんだけど、回数を重ねるごとにただただアリスが超人的な能力で化け物と戦うだけの映画になってしまって
話もご都合感が強くなって面白み
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

楽しかった!!
スパイダーマンはトビー・マグワイアのをちょっと見たくらいで、その時はあまり好みじゃないなあって思ってそれ以来見てなかった

もうピーター・パーカーも自分の半分以下の歳で以前の感じ方とは
>>続きを読む

キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロ(2013年製作の映画)

-

相変わらずきったない映画だなあ
キャビン・フィーバーシリーズは女子の股から始めないと気が済まないのね(笑)
グチョグチョのグロ映像と擬音盛りだくさんで食事中にはちょっと無理ですよあなた
管理人が銃を撃
>>続きを読む

モンスター上司(2011年製作の映画)

-

イラつく(笑)
上司は上司でめちゃくちゃだけど、三人もどうかと思うってくらい間抜け!
2を先に見たけど1の方が断然面白かった

上司たちがすんごい豪華だったね。
ジェニファーアニストンの貫禄のエロさも
>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

-

セキュリティーとは…
前回同様マイク・バニングとそれ以外という程の能力の差
そもそも警備に不審者まじりすぎだろうとか
一国の元首が国葬に行く途中に渋滞に巻き込まれるとか
なんでやねん!って感じなんです
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

-

ファット・エイミーの自由な感じが好き。
前作同様挫折があり、みんなで不安を話し合い、団結し、成長する物語

私は仲間で団結したり、友達万歳なタイプの若者じゃなかったので
こういう学園ものは苦手なんだけ
>>続きを読む

ラザロ・エフェクト(2015年製作の映画)

-

化学風味ホラー
ゾーイの過去を掘り下げるか、死者をいきかえらせる化学に行くか
どっちかにして欲しいとこだった。個人的にはゾーイの過去がきになる

一度死んで生き返り、脳が活性化して超人的な能力を身につ
>>続きを読む

シャークトパスVS狼鯨(2015年製作の映画)

-

お腹いっぱい( ;´Д`)
シャークトパスもホエールウルフもドラクエモンスターみたいな感じ
チープなCGも相まって実写とアニメの掛け合わせ映画みたいになってる

まとまりがないというかサービス精神旺盛
>>続きを読む

シャークトパス(2010年製作の映画)

-

ほほう。。サメ+たこでシャークトパスなのね
食いつくだけのサメに足が8本できて攻撃バリエーションが広がったなあ
この頃はもうサメは海にいるってのは野暮らしいしね(笑)

なんかこう。。観光ガイドっぽく
>>続きを読む

グリーン・ホーネット(2010年製作の映画)

-

笑えなかった。全然
カトーを相棒、兄弟というけど、どう見ても単なる主従関係で召使扱い
言葉の上だけで相棒だの兄弟だのって白々しい
どことなく人種差別的に感じるのは私だけ?
なんでカトー(加藤?)なのに
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

-

強盗がドント・ブリーズってのもあるけど、観客がドント・ブリーズ状態
強盗が暗闇の中逃げ惑うあたりでは本当にこっちも息を殺してっつーか
息ができない、身動きできなかった
これ以上長かったら呼吸困難になる
>>続きを読む

キャビン・フィーバー(2016年製作の映画)

-

面白い面白くない以前に胸糞悪い映画だなあ
絵面が汚いんだよね。
感染って言うけど感染源とか原因とか全くわからず
とつぜん「水だ!水を飲むなあ!」って言ってもねえ
そしてその後水の件は誰も言及しないとか
>>続きを読む

ジュラシック・シャーク(2012年製作の映画)

-

これはダメなサメ映画
1、90分の映画なのに多分映像は70分くらいしかないのかむやみにスローや使い回し映像やオープニングロールやらある。
2、全く動かないダラダラおしゃべりしてる映像が多い
3、ダイナ
>>続きを読む

ミラーズ 呪怨鏡(2015年製作の映画)

-

ロシア版ブラッディ・メアリー
ウーーーム。あんまり怖くないね。
ここはもっとがっつり写ってくれよって場面でさらっと流されて欲求不満になっちゃうわー

取り憑かれたアーニャが友達のカーチャを襲うときテー
>>続きを読む

グースバンプス モンスターと秘密の書(2015年製作の映画)

-

少年少女向けファンタジーなんだけどすごく面白かった
ひとえにジャック・ブラックが出てるおかげと思うわ。
ぐっと物語がしまってくる。さすが!

少年少女の恋も、風采の上がらない男の子の成長も、家族の話も
>>続きを読む

>|