snさんの映画レビュー・感想・評価

sn

sn

記録用(2019年944〜)

映画(1051)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

1.0

NYマンハッタンを舞台に、
将来の悩みを抱える青年が奇妙な隣人と出会い
一歩を踏み出していく青春ストーリー。
「500日のサマー」「gifted」監督最新作だが、
同じ監督とは思えないほど雰囲気は異な
>>続きを読む

S 最後の警官 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE(2015年製作の映画)

-

ドラマを観ていたので映画も鑑賞してみたが、
あまりに面白くなくて途中で停止…

ドラマは向井理と綾野剛の
性格は正反対の二人がタッグを組んで
事件に立ち向かう感じが面白かったのに
映画はタッグ感があま
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

1.0

あまりにぶっとんだストーリーに
好みははっきり別れる作品ではある。
(さすがに最後の龍はぶっとびすぎかな…)

三木監督(時効警察)のシュールな笑いに
肩の力を抜いてゆるく観るのにちょうどいいし、
>>続きを読む

奇跡(2011年製作の映画)

4.0

九州新幹線の博多から南下する「つばめ」
鹿児島から北上する「さくら」
二つの新幹線が行き交う瞬間に
願い事を叫ぶと叶うという噂を信じて、
子ども達だけで旅に出る物語ー。

子ども達の演技が自然で(さす
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.0

アパルトヘイト政策(人種隔離政策)が
廃止されたばかりの南アフリカで、
1994年に初の黒人大統領となった
ネルソン・マンデラが国民を一つにするために
国のラグビーチーム🏉を立て直す実話ー。

ワール
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

2.0

アフリカの王国プライドランドを舞台に
"サークル・オブ・ライフ"
自然界の命は大きな環で繋がっている
という壮大なテーマを描いた作品ー。

25年前に制作されたとは思えないぐらい
今観ても全く色褪せる
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

2.0

OZ(オズ)とはインターネットと現実社会が
密接に結びついた仮想世界であり、
買い物・納税・行政手続き・交通機関など
あらゆるものがOZにより管理されている。
人工知能ラブマシーンは、情報を吸収し
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

3.0

視力を95%失った青年が5つ星ホテルで働くまでの
ドイツ在住サリヤさんの実体験を映画化ー。

主人公が視力を失っても決してウェットにならず
持ち前のアイデアと努力と周囲の助けにより
多くの壁を乗り越え
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

3.0

山犬に育てられた娘サンとアシタカをモチーフに
「自然と人間の共存」というテーマを描くー。
ジブリ作品の中でも難解な内容で
子供の頃に見た時はよくわからなかったが、
大人になって改めて見直すと、自然への
>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

2.0

シリーズ2作目。
シリーズの中では一番暗めな印象で、
前半は「高齢者の免許返納問題」
後半は「無縁社会、下流老人」と
高齢者をめぐるシリアスな社会問題に
考えさせられる部分もあるが、
終始平田家のドタ
>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.0

ナイジェリアの難民青年と
青年を受け入れる家族の再生の物語ー。

ドイツは難民の受け入れに寛容な国だが、
亡命してくる難民や移民は増え続けており
今や世界中で大問題となっている。
そんなシリアスな難民
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.0

アクションやスペクタクルなシーンが
テンポよく繰り広げられ、その中に
シータとパズーのピュアな交流や
ドーラ家のコミカルな場面が入り、
物語にどんどん引き込まれていく。
魅力的な登場人物も面白さの根源
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

1.0

共感率100%の青春こじらせムービー!

主人公ネイディーンのこじらせぶりに
自分も同じことをして、言っていたなと…
周囲の人達の愛情に気づかず反抗して、
常に世界一不幸みたいな顔をしていた
当時のリ
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

1.0

いいね!のために生きているー。

SNSを行政サービスのインフラにする動きや
1つのアプリに全てを集約する動きが出てきたり、
現実の多国籍IT企業(GoogleやApple)の
今後の方向性を見ている
>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

2.0

有川浩の人気小説を実写化、
青年が猫と共に繰り広げるロードムビー。

結末は最初から予想できてしまうが、
それでも終盤は悟とナナの絆に泣ける…
心優しい青年を演じた福士蒼汰の
等身大の演技もよかったし
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

5.0

台湾の人気作家が自伝的小説を自ら映画化し、
社会現象を巻き起こす大ヒットを遂げた作品ー。
(日本リメイク版を見てからの鑑賞)

男子高校生達がバカなことをするシーンが
日本版よりもかなり多くとってあり
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.0

200万年以上前に絶滅したといわれる
古代に実在した巨大ザメ"メガロドン"ー。
もしメガロドンが絶滅せずに
今も深海の奥深くで生きていたら?

ジェイソンステイサムvs巨大ザメという
シンプルなパニッ
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

2.0

人間になりたいと願うさかなの子・ポニョと
5歳の少年・宗介の物語ー。

明確な起承転結がなく、死後の世界だとか
色々な憶測があるほど世界観が複雑で、
宮崎駿監督のイマジネーションを
優先した構成となっ
>>続きを読む

メガマインド(2010年製作の映画)

3.0

日本未公開、ディスク発売未定の作品。
悪役であるメガマインドを主人公とした、
今までにない斬新かつコミカルな
スーパーヒーロー映画になっていて、
まさかの展開の連続に楽しく振り回される。
ヒーロー視点
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.0

人類にとって脅威を感じる存在とも
共存していこうとするナウシカの強さ、
行動力と責任感と優しさもあって、
ジブリの中で上位の魅力的キャラクターであり、
王蟲、巨神兵、キツネリス(テト)、メーヴェなど
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0

寝静まった夜、意気揚々と箒に乗って
ラジオを聴きながら颯爽と空を飛ぶキキの姿は
何回見ても一番印象に残る名シーン。

海の見える大きな港町の景色も素敵だし、
話のほとんどがその港町で終わるという
広い
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.0

前作はカタワレ時、口噛み酒、御神体など
様々な要素があり、それが幾重にも重なり合い
運命を感じさせる壮大さがあったが、
今回は"人柱"の説明が少なかったり
穂高の家出理由、鳥居になぜ力があったのかなど
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

インドで生理用品の開発と普及に人生を捧げた
実在の人物をモデルに描く、驚きの実話ー。

前半は偏見や差別の連続で観ていて苦しいが、
中盤は資金も学歴も支援者もいないラクシュミが
どうやって状況を打破し
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.0

色濃い差別や偏見が渦巻く閉ざされた僻地、
そこは"アメリカ最大の失敗"ともいわれる
先住民保留地ウィンド・リバー。

先住民がどのような立場に置かれているのか、
今もなお正確な失踪者や志望者数がわから
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

2.0

舞台となる新宿御苑の緑溢れる風景
夕立、天気雨、豪雨などの様々な雨
反射する光まで丁寧に表現し、
実物より美しいほどの圧倒的な映像美と、
雪野の心境を部屋の荒れ具合や
割れたファンデーションで表現した
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.0

冒頭の端折った見せ方も実にスマートで、
物語はチューリングテストを軸として
シンプルかつコンパクトにまとまっている。
AIの不気味さや、境界線が曖昧になり
将来人間を超えるものが生まれるかもしれない…
>>続きを読む

星守る犬(2011年製作の映画)

2.0

海辺の旅館→コンビニ永崎
リサイクルショップ→レストラン
おじさんとハッピーが出会う人々が
演技力の高い役者揃いなので、
ロードムービー的な要素も楽しめた。
秋田犬のハッピーが可愛い🐶

ただ、奥津(
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

事件の当事者本人を俳優として起用するという
大胆な手法をとり話題となった今作ー。
上映時間94分中の約70分は
幼少期の出会いから現在の生活模様
ヨーロッパ観光を楽しむ様子が淡々と描かれ、
物語のなさ
>>続きを読む

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

-

EDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)を
題材にした、現状を打破しようとするも
うまくいかずもがく若者4人の青春物語ー。

評価が高いので見てみたが、
DJやEDMに興味がない自分にはハマらず…
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.0

オリジナル曲とはまた一味違う
遊び心溢れる楽曲の数々にワクワクするし、
歌に合わせたフォーメーションダンスや
マリン・アーミー衣装も可愛くて魅了される。
シリーズおなじみリフオフのシーンだが、
今回は
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.0

イルミネーションが手掛ける初のXmas映画ー。
クリスマス飾りでキラキラ輝く街並みや
絵本みたいな世界観がすごく可愛かったし、
グリンチが発明したガジェットを使って
クリスマスを盗む工程は工夫されてい
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.0

シリーズ3作目となる今回は
「夫婦への讃歌」がテーマとなるー。

母親という役割がいかに家族を支えているか
家事の対価とか改めて考えさせられるし、
他人が協力し合って家族となるのだから
大変なことは山
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

1.0

監督兼、夫のリー役を務めた方は
実生活でエミリーブラントの夫であり、
今作でも夫婦役を演じている。
映画館の無音を活かした設定が新鮮で面白いだけに
ツッコミどころが多すぎるのは非常に残念…
上映時間は
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

2.0

あの時、どうしたら君に追いつけたのだろうー。

2011年公開の台湾映画のリメイク作品。
ベタなスイーツ映画ではなく、
初恋や思い出を懐かしむような大人の恋愛映画で
終わり方もタイトルに終着していて良
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.0

シリーズの続編としてだけでなく
フェーズ3の最終作にもなっているし、
お決まりのエンドロール後の数分で
観客をしっかり次のフェーズ4に惹きつけて、
さすがmarvelだなと思わせる完成度。

NYの摩
>>続きを読む

>|