ハウルさんの映画レビュー・感想・評価

ハウル

ハウル

暇さえあれば映画。

最高傑作→DVD購入確定
傑作→DVD購入は迷うが、レンタルでも見直したい
良作→DVD購入はしないが、見たい映画がないときに見直してもアリ
凡作→魅力を感じず
駄作→絶対に見直すことはないし、残念な映画

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.4

他のレビュー通り、ホラー版スタンドバイミー。
ホラー9割、コメディ1割。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

この映画は予備知識なしで鑑賞。
戦争映画でありながら、武器を持たずに戦地に赴くという主人公の信念・生き様を丁寧に描写。

臨場感のある戦闘シーン、狂気じみた日本兵、丁寧な各人物の描写…どれを取っても秀
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.8

水の量が倍ということで初の4DX3Dで鑑賞。
内容より4DXのインパクトが印象的。
今まで見てきた映画とは別物でした。
これからはアトラクション感覚で劇場に足を運ぶというのも増えてきそう。

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.8

大人の映画。
きっとこの映画の魅力の理解度は、人生経験に比例する。

鑑賞後すぐにレビューが書けなかったので記憶を辿りながらではあるが、良作だったのは間違いない。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

テンポが良くて終始、雑念なく観れる。
ラストは涙が止まらない。
デヴ・パテルがかっこよすぎるし、子供時代のサルーもかわいすぎる。

壮絶な実話を、沢山の人が見やすいよう丁寧に作られてる。

良作。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.0

盛り上がりも、盛り下がりもしない。
それでも一瞬たりとも飽きない。
こういったタイプの映画は珍しい。
スマート、スタイリッシュ…尚且つディープ。
傑作という程ではないが、観て損はしない映画。

スノーデン(2016年製作の映画)

4.2

暴露本が出たときに読んだものの、専門用語ラッシュと実感がない内容でイマイチ頭に入ってこなかった。
でも今回の映画は素人でもイメージしやすくなってるし、ましてやトランプの大統領令も踏まえると、今起きてる
>>続きを読む