かとさんの映画レビュー・感想・評価

かと

かと

映画(88)
ドラマ(0)

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

リスペクト❗️

半地下で暮らす4人全員が失業中の家族と、とてつもなく広い家に家政婦と共に住む4人家族。一見接点のなさそうな二つの家族が交わったとき、衝撃的な事件が起こる。


ポスターを見て面白そう
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.7

逆再生

ものの数分で記憶を失くしてしまう男は、妻殺しの犯人に復讐するために行動していた。


もう一度見返したいけど見始めるのに勇気がいる。難解な映画。


ちょっとシャッターアイランドに似てる?け
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8



銃を持てない(気持ち的に)青年が何故兵士になろうと思ったのか。銃を持てない彼が戦地で成し遂げたことは何か。


彼は救い主だった。
半分を過ぎた頃からすごく良い。戦闘シーンは気持ち悪くて汚くて、
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.6

聖痕

ナホンジン監督のコクソンに魅せられて、監督の初作品である「追跡者」を鑑賞。

義務感、罪悪感、悲哀、やるせなさ。
いろんな感情が交差する人間ドラマっぽいサスペンスなのかなあ、と思っていたら、
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.9

真理

途中から「えっ?そういう話だったの?」って驚いちゃうだろうけど、最後はちゃんと泣かされる素晴らしい映画。

天才、奇才って底知れない努力をして、周りからハブられても自分の信念を信じてる人。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

惑わされるな、疑え。

見終わった後も考察を読みふけるしかない映画!スッキリした終わりなんて見つからないのに、とても面白い!と感じる不思議な映画。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

Aal Izz Well
ただの消息を絶った人生を変えてくれた友達を探す友情映画だろとか思ってたのに…
破茶滅茶コメディーでずっとハプニングなんだけど、その中でもちゃんと心に残るメッセージを伝えてくれ
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.6

注射とハイ

親って無条件に子どものことを信頼して愛を与えてくれる。そんな風に思われてるけど、実際は子どももその愛と信頼に応える行動をしないといけない。

人は結局一人では何もできない。たくさんの愛を
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.3

「神様は存在する」

お父さんは神様。お母さんは神に怯えて何もできない女神。お兄ちゃんはイエス、お父さんに反抗して家を出たけど、磔になって死んじゃった。そして10歳の娘が主人公。

お父さんが作ったの
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.7

イモムシ

邦画なんだけど、邦画じゃないみたいで、日本じゃない架空の世界のことなんだけど、日本のリアルを描いてるみたいな不思議な映画。

普段邦画の記録は付けないけど、これは記録に留めたい。



>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

ハッピー

ジョーカーはなぜ誕生したのか。
終始不気味で薄暗くて気持ち悪い。
だけどジョーカーになってしまったアーサーを悪者にはできない。

社会に訴える問題作。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

「この夜を生き抜け」

アメリカ史上最大と言われる暴動、実際に起こった出来事を当事者の証言などを元に再現した作品。どこまでが本当でどこからがフィクションなのか。

胸糞悪いデトロイト市警を演じきったウ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.6

犬と火炎放射器

ピークを過ぎた元人気俳優とそのスタントマン。彼のお隣に越してきたのは、シャロンテート事件で有名な売り出し中女優。

事実とフィクションを織り交ぜ、絶妙なエンディング。時代感がとても良
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.6

嫌われ者か、英雄か。

チェンバレンのヒトラーに対する宥和政策が失敗した後、政権を任されたのは嫌われ者のチャーチルだった。皆がドイツとの平和的交渉を推し進めたいと考える中、チャーチルはその逆を行く。
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.3

アナグラム

「誰にやられたんだ?」
ある島にある精神病院から極めて危険な患者が謎の脱走をしたことをきっかけに、連邦保安官の2人が島に派遣される。

そこで暴かれる精神病院の真実とは。


とても面白
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

「何を恐れる?」

もどかしい。だけど見終わった時にはスッキリとした。最後のスピーチ、心に残る。

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.0

「俺の目を見ろ」

先日DNA判定で真犯人が見つかったという報道が出たので、気になって視聴。


韓国の田舎町で起こった女性の連続殺人事件。犯行方法の異常さ、次々と起こる食い止められない事件。当時、韓
>>続きを読む

フューリー(2014年製作の映画)

4.2

イエスはヒトラーを愛するか?

数々の戦場を同じ仲間たちと共に生き延びてきたチームに新しく配属されたのは、事務要員で戦闘経験のない新人。

この流れ、どこかで見たことあるような?
と思ったらプライベー
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

父が知らない娘の真実。

自前のMacBookでの視聴。本当に自分のパソコンの中で事件が繰り広げられているように感じて、すごく面白い魅せ方だった。

独特な手法に負けず劣らず、ストーリーも面白かった。
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

彼の居場所は家庭か戦場か。

「戦争で影響を受けない人はいない」
愛する妻と子供が待つ家に戻っても、心はずっと戦場にいる夫。

クリス・カイルという実在した人物を知らずに観てみると、結末に驚いた。
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.7

血の海

戦場の悲惨さ・不条理・無情感。言葉で表せない光景がそこに広がっている。

エスター(2009年製作の映画)

4.0

ただのホラーではない。

子どもを流産で亡くした親が孤児院から養子をとったが、その女の子エスターはどこか変…?

ラストまで夫にイライラが募るがそれはホラーにありがちだから許容。ネタバレを見るなんでも
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.7

考えさせられる映画。見るか迷う、じゃなくて、見なければならない。

戦敗国ドイツの少年兵がデンマークの砂浜に何万個と埋められた地雷を除去させられる。ドイツに憎しみを抱くデンマーク人たち、そして戦争につ
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.8

穏やかな夜に身を任せてはいけない

全ては繋がっている。諦めてはいけない。
食糧不足で荒廃した地球から飛び出し、人類が移住できる惑星を探す。
よく思いつく話だと思うだろうけど、展開が全然想像出来ない。
>>続きを読む

>|