シンさんの映画レビュー・感想・評価

シン

シン

王道が一番。

映画(593)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

このレビューを見てくれてる映画を愛してやまない人たちへ。
やっぱり映画って最高っすよね!

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

終始話に入り込めなかった。
全然感情移入させてくれへんし、とにかく複雑。
ただ、
ラストシーンだけは秀逸すぎた。是枝監督は天才だと思う。あんな風にカメラを使うのか…。って思わせるようなシーンでした。も
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

エンディング最高。
アジカン。中村佑介。
動く。アジカンのジャケ写にいつも居たあの娘が動く。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

5.0

すごくない??
この映画めちゃくちゃ面白いねんけど。
この主役は菅田将暉以外誰にもできひん役やった。訳のわからん映画のヒーローやってないで、こういう最高に痺れる作品で主役を演じ続けて欲しい。もう彼はそ
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.5

正直、これで釜山無冠はビビるくらい面白い。(釜山レベル高くない??)
色んな人間の色んな感情を惜しむことなく、かつ、情緒的に、時に率直に表現している。あまりにも滑稽で愚かな人間たちの姿が、どうしようも
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

思ってたよりラブストーリーやった笑
冒頭で「major Tom」が流れて、もっかいLIFE観たくなりました。素晴らしい曲ですね。
ローレリーヌが素敵すぎたので良かったです。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.5

言葉って、どんなにでかくて硬い戦車よりも、何よりも速い戦闘機よりも、ありえない大きさの空母よりも強力で、それを操る人に壮大な勇気とクレイジーさがあれば、勝てるものなんてないんじゃないかと思った。そらジ>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.6

京都みなみ会館にて鑑賞。
映画はもちろん良かったですが、建物の老朽化なんて理由だけでこの素晴らしい映画館が無くなっていいんでしょうか…。
悲しすぎるけど仕方がない。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

2.5

これはこの映画が悪いんやなくて、俺が原作を好きすぎるのに問題があった。
やっぱり太一がなぁ…。でも仕方ないのも分かんねん。広瀬すず主演やから千早がメインってのはしゃあないねんけど、この3年生の回は絶対
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

3.1

う〜ん。

俺には合えへんかったなぁ。
部分的に秀逸なカットとかあったけど、やっぱ音楽少ない系の映画は苦手かも。
ただ、冒頭のトイレの下から映してるカットとか、鏡の前で作業員の移動した流れでカットが移
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.5

ソラニンといい、音楽青春漫画原作は三木監督なら間違えへん。
ただ、それを考慮してもこれは原作が良すぎる…。
漫画もアニメも見てますが、全然面白かったです。
とにかくりっちゃん役の小松菜奈ちゃんが最高で
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

ダントツ今年一。
これやばいわ。
あんまりこんなん言いたないけど、これは観た方がいいと思うよ。

サラバ静寂(2017年製作の映画)

3.8

得体の知れない何かが体内にぶち込まれた時の、初めてロックを聴いた時のあの狂い死にそうな感覚は…。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

怖さの中の美しさ。
ギレルモ監督のグロさはやっぱり過激ですね。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.2

まず、タイトルと内容の不一致は否めません。
それと、ところどころの蛇足カットが気になりました。

ただ、それ以上にこの狂った世界観にハマります。
パンクってこういうこと言うんだぜ?
って改めて聞かされ
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

5.0

これくらい恋に溺れてみたい。深く深く、死んでしまいそうになるくらい、気が狂いそうなくらいに、恋に溺れてみたい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

正直、脚本は薄すぎると思います。
でも、踊りと音楽が圧倒的に良い…。ドルビー最高。
この映画はスクリーンで観ましょうね。

ある日どこかで(1980年製作の映画)

4.5

すごくステキな映画。今の自分にはとても感動的だった。
一生に一度の叶うはずのない恋だとしても、諦めてしまえばそれまで。
人の愛に限界なんてない。
人に逢いに行くことを信じて進めばいい。
美しいなぁ…。
>>続きを読む

ライオンは今夜死ぬ(2017年製作の映画)

3.5

自分に欠けてた映画に触れる上で一番大切なことを教えてくれた映画だった。
この先映画を愛し続けるなら、楽しまなきゃいけない。
ただそれだけを追求したい。

内容があまりにも難解なためこの評価です。

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.6

時々流れに違和感を感じたが、全体的にみても、すごく見やすい映画だった。ただ、もう少し絶望感があってもよかったかな…。あまりに簡単に物語が進みすぎてる感は否めない。
p.s.予告編見ない方がいいです。ほ
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.4

こういうジョークが一番おもろい。
あとホント拘り強い監督。
レストランのポスターがジミヘンで音楽がブルース調ってのが、ほんまに粋な計らいっていうか…。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

驚くよ。
すげぇから。
いつかこんな映像があったら美しいんだろうなって映像が再現されたイメージ。
動く絵ならアニメやけど、これは動く絵画なんだ。
アーティスト志望の方はこういう映画を観て感性を磨いてほ
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.8

これはバッドエンドでありながら、ハッピーエンドな映画だと思う。あなたにとって大切なものはどっちですか?って監督に問われたような感覚です。

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

4.0

物凄くよくできた映画だった。
ただ、とにかく難解…。
映画なのにまるで小説を読んでるかのような感覚でした。
それくらいオーディエンスの想像力に委ねた作品だと思う。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.1

“Manners makes man”
これに尽きる。


あとやっぱり映画は映画館で観てほしい。年間200も300も観るのは素敵なことやと思う。でも全部ネットで観てしまうのはもったいないですよ。せめ
>>続きを読む

ソニータ(2015年製作の映画)

4.4

マジでおもろい。
ドキュメンタリー嫌いな人はこっから入ってほしい。

ほんで、こういう映画を学生に観てほしいのも事実。関西の学生は一回でいいから第七藝術劇場に映画を観に来てほしい。確かに癖のある映画を
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今年最後に今年一。
本当に素晴らしい。でもこれ見てて思ったことがある。
天才児ってどうしてあんなに苦しい思いをしなくちゃいけないんだろう。人よりも優れているという点で社会から除外されるのは絶対間違って
>>続きを読む

>|