kendoboyさんの映画レビュー・感想・評価

kendoboy

kendoboy

映画(51)
ドラマ(0)

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.2

こういう大どんでん返し系の映画ほんと好き。
PCの画面の中から移らない話の展開の仕方はとても斬新だった。違和感全く感じなかったし、新しい映像革命だと思う。
ストーリーも完璧。色々な所に伏線があって、見
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.2

うーん期待していたほど面白くなかった。
もっと巨獣同士の乱闘を想像していたが、そのシーンはあまりなく。
設定は面白いのに、物語があまりよくない、TIMEみたいな映画になってしまっている

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.8

メイズランナー三部作のラスト。
劇場で見れなかったのが残念。
1を見た時点ではあんなラストになるとは全く想像がつかなかった。
2は少し中弛みした感じが否めなかったが、3で見事に取り戻している。
ミンホ
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.9

試写会にて。
脳死という重いテーマであるのにも関わらず、目まぐるしく変わる展開に引き込まれる。
物語終盤の怒濤の展開では、篠原涼子と西島秀俊の演技力すごいです。見応え大有り。
ミステリーでありな
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

期待していたよりよかった。
大きくなったり小さくなったり、ユーモアも溢れていてとても楽しめる映画。
前作と、アベンジャーズインフィニティウォー、シビルウォーを見ていないと話についていけないところが少し
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

ハラハラドキドキで終始楽しめた。
メガロドンは迫力十分で、3Dで見れたらもっとすごくなりそう。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

やっと見ました!!
見終わって最初の感想は、、、なるほど。の一言。
最初に見て感じた違和感の正体が、後半になって全て明らかにされる。個性豊かなキャラクターたちも作品にいい味を与えていて、よかった。
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.0

東野圭吾原作。
原発を人質に取り、自分の要求を飲ませようとする犯人との攻防を描く。
原発の上空でハウリングするヘリコプター。時間までに要求を飲まなければ、ヘリコプターは原発に落下する。もしそうなれば、
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.4

期待せずに見ていたら、意外と面白い展開で引き込まれた憶えがある。
最後はスカっとするし、設定もよい。
見よう。

バンクーバーの朝日(2014年製作の映画)

4.2

隠れた名作。泣ける。
弱肉強食が当たり前の世の中で、いかにして強敵に立ち向かうか。どうにしかして勝つ術はないのか。
傑作。

12モンキーズ(1995年製作の映画)

4.0

まず、謎が多過ぎて、一回見ただけでは理解できない。しかも、その謎が作中ですべて明かされる訳ではない。
高校の英語の先生におすすめされてみたが、最後のどんでん返しはやはりいい。
まだ見ていないなら見てみ
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.5

事件に関わった人々が、自分の思いを告白していくタイプの映画。

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

3.0

その家には、何かがいるー。
日常に潜む恐怖に怯えながらその原因を突き止めようとするが…

ラストシーン、めっちゃ驚きました。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.5

アナベル。その人形は、人間の魂を狙う。
一度捨てられても再び戻ってくる。その執念は異常なまでに強い。そしてその人形を手にした人間を破滅へと導いていく。
刻一刻と状況が悪化していく中で、所有者に出来るこ
>>続きを読む

エクソシスト/ディレクターズ・カット版(2000年製作の映画)

3.5

エクソシスト(悪魔祓い)、それは古代に存在した禁断の魔術ー。
悪魔に取り憑かれ、変わり果てて行く一人の少女を救うため、二人の神父が悪魔祓いに挑む。

当時は画期的だった特殊メイク、人間とは思えない行動
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.5

全ては、ここから始まる。
運命に翻弄されながらも、自分が背負った宿命を果たすため奔走する。
父譲りの圧倒的な強さと頭脳で、一つの大国さえも危機に陥れる。

時間があっという間に過ぎていった。インド映
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.0

もっとド派手なのを期待してたからか、全体的に物足りなさが目立った。

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

5.0

最高。文句なしで面白い。
権力を持つと人は変わってしまう。それが大きければ大きいほど、倒すのは難しい。でも、それはいつまでも続かない。運命という繋がりが必ずそれを打倒する。この映画が言いたいのは、そう
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

一言で言ってしまえば、考えさせられる映画。
どこかぎこちない家族が醸し出す雰囲気は独特で、ついつい見入ってしまう。
そんな中で、一人の少女がきっかけで物語が動き出す。
本当の愛情とは何か。そして
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

続編映画は前作を上回れないと言われることがあるが、本作はそのジンクスをいとも簡単に破っている。
劇場が笑いに包まれることが多々あった。現代に求められている映画とは、こういう映画なのかもしれない。
1
>>続きを読む

藁の楯(2013年製作の映画)

3.3

設定は素晴らしいのに、内容がもったいないかな。

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.3

正直、うーんって感じが否めない。なんだか、ストーリーがおかしな方向に行ってないか?
三部作の最後にすべての伏線が回収されて、満足いく結末になることを期待する。

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

4.3

初めて見たとき、こんな面白い映画があるのか!と感動した作品。
騙された、と思って一度見てみてほしい。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

どんでん返しとはこういうこと。
一回目で犯人わかった人はすごいと思う!
色々注意して見ていても騙される…
こういう映画が増えてほしい!

永遠の0(2013年製作の映画)

4.0

さすが日本アカデミー賞。
ストーリー構成も、原作とは違う部分があるにせよ、素晴らしい。
何よりも、岡田准一の演技力には舌を巻く。
迷ったら見ましょう。

127時間(2010年製作の映画)

3.5

実話を基にしているため、描写が非常にリアル。見るに堪えない所もある。
考えさせられる映画。

ルーム(2015年製作の映画)

3.2

脱出してからが長く感じた…
脱出するまでもう少し長くとってもよかったのかなと思う

ズートピア(2016年製作の映画)

3.8

動物の大きさ、ストーリー構成など、非常によく作り込まれている作品。
見て損なし。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

最高機密文書を良しとしない政府VS報道の自由を盾にする新聞社の闘いを描く。
人物がたくさん出て来て、誰が誰だか把握するのが大変。
展開が単調すぎた。ストーリーは面白いので3,5

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.2

アクションシーンはさすが。鳥肌もの。とにかく安室かっこいい。
アクション映画になりがちだった最近の映画に比べ、推理要素も増え、全体的にバランスがいい印象。
安室の正体にも近づけた気がします。
おすすめ
>>続きを読む

>|