しおぽんさんの映画レビュー・感想・評価

しおぽん

しおぽん

映画(30)
ドラマ(0)

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

去年映画館で見たけどNetflixに来てたのでまた見た。
あんまり人に勧められる内容ではない。前半のアーサーが世間から孤立してる様を見るのは胸糞悪いけど、なんだか憎めない終わり方をのでめちゃめちゃ面白
>>続きを読む

劇場版 幼女戦記(2019年製作の映画)

3.7

なかなか後方勤務させてもらえないターニャおじさん…

メメント(2000年製作の映画)

3.5

物語終盤から話を遡ることで、視聴者にも主人公の体験を感じさせてるのがうまい。話自体ハッピーなかんじではないけど、バッドでもないところのもにょりがある

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.5

最初のほう、もう何の映画見てるか分からなかった…。破のラストがあんなかんじだったので、もしやパラレルワールドに突入したのかと100人中70人くらいは思ったのでは

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.5

破あたりからだんだん意味わからなくなってくる展開。全員碇シンジ視点

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

4.5

公式Youtubeで公開されていたのでついに手を出してしまった、エヴァンゲリヲン。ゲームのコラボなどでデザインは知っていた使徒が、アニメではあそこまで凶悪なものだったとは………

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

4.6

高校の同級生がドウェイン・ジョンソンになってるシチュエーションがまず面白いし、テンポよく進む話とキャラクターも良かった

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

4.3

危機的状況の演出であったり、どうしようもなさであったりが最高に伝わってくる映画で良い。終盤はずっと "アメリカにマイクが居てよかったな!!!!!" っていう気持ちで見ることになる

エクスペンダブルズ2(2012年製作の映画)

3.7

やはりスタローンとステイサムの夫婦ぶりを見るための映画…。1に続き2もよかったです

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

4.0

アニメのところどころで滲み出たSHIROBAKO臭詰め合わせといった作品で、相変わらずものづくりの良さを教えられる作品でした。ただ、アニメ業界には行きたくない………

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.1

話自体サクサク進んで見やすいし、こう来たかといった展開が刺さった。なにより、主演の圧倒的な歌唱力に圧倒される映画でもある…。誰でも見やすい大変良い映画でした

レディー・ガガ:Five Foot Two(2017年製作の映画)

3.5

圧倒的に強い女性なイメージのあるレディー・ガガが、本当は誰よりも人間らしいことが分かる映画。とても良い映像だった

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

3.4

マッツ版ジョン・ウィック、理解した。マッツの格好良さを眺めるだけの映画だと思ってもらって相違はない

スター・トレック(2009年製作の映画)

3.6

ずっと見ようと思ってたけど見れてなかったので、今更。SFのいいところ詰め合わせだけど、全体的に見やすくて良い話だった(USJのアトラクション映えしそうな演出が大変多い)

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

初めてかと思ったら、4年くらい前に見たことがあるかも…。心温まる良い映画。このデ・ニーロみたいなおじさんになりたい

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.8

最近話題になる映画同様に、これも貧富の差を取り扱った映画。しかしながらコミカルで映画らしく、しっかりしすぎた起承転結があり、見終わった後の清々しさもある。万人に勧められる良い映画だった

エクスペンダブルズ(2010年製作の映画)

4.1

話もアクションも良く、なによりスタローンとステイサムの夫婦っぷりが良い。エクスペンダブルズはじめて観たけどこれは2と3も観ちゃうな

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.5

俺はロードムービーかドキュメンタリーを見せられていたのか…?フランクの半生を振り返る重厚なストーリーで、長いけど見ていて飽きない。とてもよかった

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

2.7

可もなく不可もなく、という映画だった…。人を操れるけど頭脳戦というわけでもなく、人海戦術的な描写がとても多い

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.9

今更見たけど世紀末すぎる。なんかよく分からんけど、すごかった

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.1

不思議な魅力のかたまり。ペンギンかわいい…お姉さん良い…ずっと見ていたい映画

アクアマン(2018年製作の映画)

4.3

DCの映画はほとんど見ることなかったけど視聴してみた。映像、ストーリー共にとても良く、進行もテンポ良いので楽しく見れる映画。水中の戦いのシーンとかどうやって撮影してんだろ…

トータル・リコール(2012年製作の映画)

4.2

SFもサイバーパンクも好きなので最高だった。なんで見たこと無かったんだろうと思うくらいの面白さ(1990年のほうも見てみたい)

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

4.2

話が複雑そうなわりに分かりやすく、サクッと終わるので後味も良い。最初から最後まで面白くて良い映画だった

劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS(2015年製作の映画)

3.3

バトルは淡々と進むし退屈さはあったけど、無印アニメ見てた勢としては久しぶりに遊戯とか海馬を見れて楽しめた(思い出補正)

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.0

カーチェイス、銃撃戦、爆破とかグロテスクがてんこ盛りで圧倒的マイケル・ベイ感を楽しめる。2時間に設定から過去から世直しまで詰め込んでるのもあって展開が慌ただしい

スノーデン(2016年製作の映画)

3.2

実話だけあって迫力があり、フィフス・エステートを思い出す。視聴後はPCカメラに蓋をせざるを得なくなる映画