shiorinさんの映画レビュー・感想・評価

shiorin

shiorin

トスカーナの休日(2003年製作の映画)

3.8

離婚したアメリカ人の女性がイタリアのトスカーナに旅をして、そこで見つけた古い洋館に住むことによって、出会う人々との交流を描いた作品です。

派手な展開はなく、一見なんとなく想像できる話なのですが、観て
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.4

これは、思っていたのと違いました。

宇宙飛行士が月に行くまでの葛藤のようなものを描いたらしいのですが、終始重苦しい空気が立ち込めていました。
で、主人公のライアン・ゴズリングさんの顔を観ているうちに
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.8

時間ループものにしては、わかりやすいです。
トム・クルーズ演じる主人公が、過去を繰り返すことで現在を変えていくストーリーです。主人公の前向きさとしつこさ(彼がしつこいわけではないが何度も戻る)が、コメ
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

昔、DVDを購入していたことを思い出し、再び視聴しました。

エリート銀行マンが、冤罪により刑務所に入ることになるのですが、そこであらゆる不条理な出来事に見舞われます。

それでも望みを捨てずに生きら
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.8

新聞の広告にデカデカと載っていて、観てみたくなりDVDで視聴しました。

期待しすぎたからかもしれませんが、イメージしていたものと違いました。
もう少し生徒と教師のやりとりが密に描かれているのかと勝手
>>続きを読む

ナショナル・トレジャー(2004年製作の映画)

3.6

ニコラス・ケイジさんがインディジョーンズをやったような作品です。

と言っても決して「なんちゃって感」や「二番煎じ感」があるわけではなく、ストーリーは夢があって、まとまっていて面白いです、はい。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.7

長い映画なので、時間配分をしっかりして観た方が良いです。

個人的なことなのですが、
お正月に夫の実家にこのDVDを持っていき居間で観始めたのは良いけれど、クライマックス的なシーンが何度かくるのになか
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.7

昔の映画ですがとにかく「キザ」です。
多分この映画でこの言葉ができたのではないかというくらいカッコよくてメロドラマです。
そしてすでに死語ですが、観ると「キザ」という言葉を使いたくなります。

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.5

評価が高いので観たのですが、期待しすぎました。

いろいろな社会問題、差別についてなど考えさせられることが多く、異文化を学ぶためには役立ちます。

ですが詰め込みすぎな感じがして2時間ドラマの豪華版と
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

3.8

212分と長ーいので休憩を入れて観ました。

60年前の映画ですが、ローマ帝国時代の空気感が伝わってくるような熱量の映画で見応えがあります。

キリストが磔にされる際の庶民役のエキストラの皆さまの表情
>>続きを読む

フライト(2012年製作の映画)

3.5

ホントにいそうなホントにそんなことしてそうなパイロット👩‍✈️です。

根底に流れる這い上がり感が映画のベースにあります。副題でしょうか?

ストーリーは面白く、きっちり色々起こり最後まで楽しめます。
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.6

ホントにありそうな示唆的な映画でした。

どこかの会社とイメージを重ねながら興味深く最後まで視聴しました。
面白かったです。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.9

ジェイク・ギレンホールさんに興味を持ち
視聴しました。

今回は刑事役で抑えたポジションな気がしました。

物語は根底にとても暗く奥深い問題を孕んでいるように感じます。
誰が信用できるのか、犯人なのか
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.9

ありふれた日常で突然電気が使えなくなったら、という話です。

笑えないほどリアルで、ツッコミどころももしかしたら有り得るかもと思わせる「人間いざとなったら何でもする」を体感できる作品です。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

うーん、
個人的に宇宙人がタコイカ系なのがあまり好きではありません。

ですがストーリーは最後にどんでん返しとまでは行きませんが「なるほど」と思うものがあり楽しめました。
ツッコミ所は多々ありますが、
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.7

中年の男性2人の逃亡劇なのですが、笑いあり、裏切りあり、どんでん返しありで最後まで飽きません。
ロバート・デニーロさんより、なぜかチャールズ・グローディンさんに目が行きました。役得な気がします。
その
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズピアニストとイタリア系白人運転手の2人が旅を続けるなかで友情を深めていく物語。

黒人差別のリアルを映画を通して知ることができます。
人を理解するために、
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.0

舞台の映画化です。

知り合いにオススメされて観に行きました。

始めは「何か仲間に入れられちゃったけど
ちょっと違って気恥ずかしい感じ」がしたのですが、観ていくうちにどんどん覚悟が決まり、中に入れま
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

ある脚本家さんがオススメいていて視聴しました。

ありえない設定ではありますが、見ているうちに引き込まれました。

伏線がたくさん貼ってあってキチンと回収されていくので見る側はスッキリできます。

>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

これは、観た後も結構あと引きます。

どうにも嫌な予感が終始して、それが当たった絶望感を味わう感じです。

脚本は素晴らしいです。最後まで引き込まれます。
ブラッド・ピットも最高にカッコよく、モーガン
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.0

これは本当に名作だと思います。

全体的に流れる空気感は静謐な感じなんですが、そこに突然暴力とか人間模様の魑魅魍魎としたものとかが差し込まれると、自然に際立って見えてきます。

マフィアの家系にある光
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.1

私の好きなガイ・リッチー監督作品。

最近あまり日本では名前を聞かなくなったのでどうしているのだろうと余計な老婆心でいました。
まさかディズニー映画を撮るとは意外です。

ですがディズニー映画の世界観
>>続きを読む

クラウド アトラス(2012年製作の映画)

3.9

「輪廻転生していく魂が体験する世界はどの時代、場所に生まれても何か共通する」ということを伝えているように感じました。

時代が変わっても、どの世の中も魑魅魍魎としていて、なんともいたたまれない気分にな
>>続きを読む

堕天使のパスポート(2002年製作の映画)

3.5

アメリを観てオドレイ・トトゥさんに興味を持ち、こちらの作品を視聴しました。
あまりに重い題材で、どう捉えていいか少し混乱しました。
ストーリーはきちんと筋が通っていて、最後まで飽きずに観ることができま
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.7

ジブリに出てくる女の子の実写版、っていう印象を受けた映画です。
とても不思議な世界観が映画という箱の中に詰まっている感じがします。
色も綺麗でポップな美術館にいるような気分になります。

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.5

娘が英語の課題図書で「華麗なるギャツビー」を読まなければならず、映画を見てみることにしました。
1974年版のものと両方視聴しました。
原作のギャツビーのイメージを体現されているのは、こちらの方で、悲
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(1974年製作の映画)

3.4

娘が英語の課題図書で「華麗なるギャツビー」を読まなければならず、映画を見てみることにしました。
ディカプリオさんのものと両方観たのですが、原作のギャツビーのイメージを体現されているのは、ディカプリオさ
>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

3.9

元大女優役のグロリア・スヴァンソンさんの狂気に満ちた演技が憑依的です。
60年くらい前の古い映画ですがストーリーも役者の方々の演技も素晴らしくて最後まで物語の中に入り込めます。

リボルバー(2005年製作の映画)

3.9

ジェイソン・ステイサム、ガイ・リッチーのお二人が好きで内容を知らずにDVDを購入しました。
悪役のレイ・リオッタさんもとてもイイ味を出していて個人的にはとても好きな作品です。
なぜ評価が低いのかよくわ
>>続きを読む

真夜中のカーボーイ(1969年製作の映画)

3.9

ある脚本家さんがお勧めしていて観た映画です。
タイトルから西部劇だと思って観たら全然違ってビックリ^_^

思ったより深刻な問題提起を含んでいて軽い気持ちで観れる内容ではありません。ですが誰でも何かし
>>続きを読む

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.9

ジャック・ニコルソンさんはどうしても「シャイニング」の印象が抜けないのですが、今回の役はそれとは対照的でした。
始めのうちは、彼が笑っていても次の瞬間豹変するのでは、という先入観が取れずにいましたが、
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.8

なぜか「愛を読む人」と間違えて借りてしまい、とりあえず観た作品でした。
なのでなんの事前情報もなかったのですが、いきなり主演のレイチェル・マクアダムスさんの可愛らしさに、こちらおばさんですが惚れてしま
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.9

古ーい映画ですが、もう、始まってから終わるまで、見えないけれど不気味で恐ろしい何かが流れている感じがします。
でも最近のホラー映画のように狙ってないというか安っぽくないんです。
質の高いホラー映画です
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.9

陪審員として集まった12人の男達のやり取りを描いた映画です。
この方々の職業や性格による個性がわかりやすく表現されていて、そこからドラマが展開するストーリーは、いつの時代もどこでもあるテーマなんだなと
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

ジム・キャリーさんが出ている映画でこれが1番好きです。
ずいぶん昔の映画ですが、今頃になって、これってホントに社会を風刺していて、示唆しているなあ、と思ってしまいます。
学ぶところが大きいです。

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.7

レオンを観てのナタリー・ポートマンさんの成長を拝みたく視聴しました。
主役の取り合いに精神が追い詰められていく様子が見ている側にも伝わってきて心が張り裂けそうになります。
ナタリー・ポートマンさんは可
>>続きを読む

>|