zakishioさんの映画レビュー・感想・評価

zakishio

zakishio

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.2

パッケージからは想像つかない、壮絶な事件の実情を物語るヒューマンムービー。パラサイトのお父さんでお馴染みのソンガンホが憎めない平凡なおじさんを名演。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.6

やたら評判いいみたいで気になってた、それゆえに期待値高かったんかな。依存した恋愛したことある人には刺さるんかも。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.6

なんか全然関係ない映画の作中でこの映画のネタバレ食らってて結末知ってたけど、サスペンスの王道ということで。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

タイムループ続編。今回はループする理由が判明&パラレル要素も追加。

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

4.1

SFパラレルファンタジー。人生の選択には意味がある。寿命という概念がなくなった2092年、寿命で死ぬ最後の1人となった主人公が記憶をたどり人生を回想し始め、本編へ。選択肢で分岐した後の未来、12通りの>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.7

やっと観れた、楽しく泣けるエンタメロードムービー。とにかく良い映画過ぎますわ、おじさん。。。印パ関係に宗教文化と複雑な背景やけど物語はシンプル。愚直も通せば強さ、歌って踊るだけじゃないインド映画。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.7

はいきましたあざます期待以上におもろかったですスケールやべぇです多分年内にもう一回前編から見直します古代インドの王様が王国を取り戻す映画後編(過去編+完結)。

ルーム(2015年製作の映画)

3.8

ワンダーのオギー君からシフトして鑑賞。無垢だからこその子供の適応能力、それが未熟な母にも作用して成長していく、、、設定は強烈やけど重くない作品。

海辺の家(2001年製作の映画)

4.6

ファミリードラマ、特に父と子みたいなテーマ物。手作りの家を建てることで破綻してた家族関係を修復していく一夏の感動物語。筋書きは王道なんかもしれんけどこーれはめっちゃ良かったなぁ。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

感動ヒューマンドラマ。主人公を取り巻く様々な登場人物視点で描かれてて、リアルな日常を切り取ったような展開方法でストーリーが進んでいく。

オアシス(2002年製作の映画)

4.3

まさに純愛の極致って感じのどえらい作品。私感、まともな人格持ってるん弟君だけ、、、ジョンドゥに対してはあぁコイツだめだわって印象が9.5割の鬱重映画やけど終わり方良き。

PK(2014年製作の映画)

4.2

インド産2時間半SFコメディ、ランチョーと監督再び。中盤まではちょっと我慢もあったけど、トータル観てよかったしかないかな。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.2

なにこの映画、、、いろいろと斬新でめちゃくそおもろい。後編はさらにおもしろいっぽいけどU-NEXTにまだ無いのが残念、早よ観てえ。。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

評判通りの綺麗な映画。ジェンダーを題材にするも差別描写等は特に無く、それとは違うまた別の深い苦悩が描かれてて、共感はできないけど考えさせられた。

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

4.0

人生の岐路、もし取捨した方の選択をしていたらどんな人生を歩んでてどっちが幸せかってのを天使に気づかせてもらえる話。邦題とジャケットだけ見たら奥さんが天使なんかなと思てまう、まあたしかに天使やけど。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.1

久しく観るがっつり鬱系映画。徐々に社会、家族の板挟みの沼にはまっていく感じが観ててしんどいけど、イギリスの名匠が引退を撤回してまで創った作品だけあってメッセージ性がすごい。

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.9

どんでん返し系サスペンス。これは騙されたなぁ、ただただ切ない家族の過去が明らかになっていく。。。

アス(2019年製作の映画)

3.6

立て続けにジョーダンピールのホラー?スリラー作品。意味深な終わり方。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

不気味さぶっちぎりサスペンス。ネタバラシ割と最後の方まで引っ張るけどタイミングが逸品、思い返せば結構伏線散りばめられてた。

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.6

ほっこりロードムービー。控えめに言ってめちゃ良い映画、どことなくパーフェクトワールドを感じた。

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

3.9

悲劇の実話。聞く耳を持たない鉄道警察官に黒人青年が射殺された事件を題材に、青年の人生最後の1日が描かれる。

マトリックス(1999年製作の映画)

3.9

ありがちな意見やけど第一弾が設定も新鮮で1番おもろかったな。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

韓国の格差社会を皮肉やユーモアを込めて描いたコメディサスペンス。最初は2時間半かぁと思ったけどそう思わせない展開で、話自体単純で何も考えずに観れた。

パプリカ(2006年製作の映画)

3.8

設定はインセプション。どっちがどうってのはないけどこれも面白かった。理詰めじゃなくて雰囲気で観る映画。

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

3.9

どんでん返し系サスペンス。ラスト予想外やった、途中ちょっと間延び感はあったけど筋書き面白い。

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.8

連続殺人犯と隠居ドクターの予知能力追跡劇。設定もストーリーも単純におもしろかった。

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.4

小笑い多めのスパイ映画。失礼ながらマックス役の俳優の顔面が元々なんか抜けてる感じで笑えた。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.3

カルトに意味不明はナンセンスと分かってても色々何で?が多くて意味不明って言いたくなる映画。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.9

タイトルでも察せるしなにより取り調べで供述し始めるシーンから始まる映画には割と耐性ついちゃってどんでん返し系なんやろなと思ってもうたけどちゃんと面白かった。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

花束もいつか枯れるように恋愛も終わりがあるって、いわゆるキュンですな恋愛映画ではなかった。主演2人が良かった。シリアスなシーンでパズドラしか癒しがないってセリフぶっ込んできたのにツボってしまった。

>|