ひとみさんの映画レビュー・感想・評価

ひとみ

ひとみ

2016年 「ハムレット」〜
2017年 「あなた、その川を渡らないで」〜
スコアの基準は、好みの比重が大きいです。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.3

良い話・良いセリフ・良いキャストなんだけど、タメや遊びの部分がなさすぎる気がしてそれ程心に残らなかった。。

母なる証明(2009年製作の映画)

4.6

後味の悪さと展開の妙に引き込まれる面白さが混在して残る。
好きと言うのは憚られるような設定の作品だけど、でも好き。

音楽の使い方とウォン・ビンの視線がすごく良かった。
逆光の引き絵と共に音がフッと消
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.1

うーん、マインドゲームよりは分かりやすくて万人受けする作りだったけど、合わないと思った点は変わらず。

映像表現がすごいけどくどい。
ストーリー普通。
感情の起伏の誘導がいまいち。

ブランコのシーン
>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

2.9

色彩と疾走感の波に呑まれる映像表現。

描いていて楽しかっただろうなぁ。
すごいと思うものの、こだわりが強すぎて私にはクドかったです。。

昼下りの情事(1957年製作の映画)

3.9

コミカルでチャーミングでロマンチック!!

まさか壁ドンがこの時代からあったとは…!
放心状態の人の目の前で掌を振ったり、書き始めた手紙をクシャクシャに丸めて捨てたり。
昔の漫画みたいな表現が多いなと
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.3

自分の中で鑑賞後の感触が定まらなかった作品。

なんだろ。

「ユーモアを失うな」

「義務に追われているうちに人生は終わる」

もとても良い言葉なのに、思いの外響かなかった。
ユーモアセンスが合わ
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

5.0

恵比寿の野外シネマにて初めて観ました。
雨の4D上映!
いつ観ようかタイミングを窺っていた今作ですが、思いがけず雨の中たくさんの人々と大笑いしながら観るという最高の映画体験ができました。


音楽・歌
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

5.0

御徒町の野外シネマで久しぶりに鑑賞。


初見は小学生の頃だと思うけど、大人になった今でも何度観ても色褪せない魅力を再確認しました。

大人になってからも自分を支えてくれる、子どもだけの限られた時間。
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.6

登録漏れしてた。

コナンくんを劇場で観たことはなかったんだけど、人にお勧めされたのと百人一首が絡んでいる点が気になってついに行ってしまった笑

冒頭の爆破ビルからの脱出もラストの消火からの救出も。
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.6

原作既読。

設定や展開が原作と違うことは観る前から知っていたけど、少し変えるだけで人物像や動機の領域まで随分印象が変わるなぁ。
映画では心情や人間関係を掘り下げない分、よりシンプルな逃亡劇になってい
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.7

何この映像美!
た、たのしい!!

人から“3Dで観た方がいいよ”と言われていた今作。
都合により結局2Dで観たんだけど、色彩も造形も隅から隅まで飽きない映像でした。
輪郭の浮かせ方と影のつけ方のため
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.3

少し前に観た「はじまりへの旅」が2人の父から見る家族の物語でもあったのに対し、「LION」は2人の母から見る家族の物語でもあった。

人身売買や施設の闇といった社会的な問題もしっかり描いているものの、
>>続きを読む

>|