しろくまさんの映画レビュー・感想・評価

しろくま

しろくま

映画(24)
ドラマ(0)

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サイコパス成田凌の演技が凄すぎる…なんであんな気持ち悪い演技できるの。
コードブルーのオドオドした役、カツベンの凄腕活動弁士、そして今回の人の良さそうなサラリーマンからの猟奇殺人犯…これこそカメレオン
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.7

映画館を出た後、ポスターの「愛は最強。」を読んで、短いコピーの中にずっしり来るものを感じた。と同時に、もっと良いコピーあったよーとも思ったり。。確かにその通りなんだけど、もっと深みがあるんだよと。>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.4

終始くだらなかった!(褒め言葉です)
サイタマラリア…なぜ埼玉には医者ではなく祈祷師しかいないのか…

埼玉ディスり映画かと思いきや途中から群馬の方がディスられてる展開に。翼竜飛んでるよね?白亜紀みた
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

あらすじから想像してた展開とは違って、見事に「誤訳」させられた!
映画にしては短めだけど、それにしてもあっという間に感じられて、ストーリー展開もテンポ良くて中だるみも無く集中しっぱなしの105分。
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

3.8

病気になった2人が病院で知り合った女の子の死ぬまでにやりたいことリストを叶えていくお話。

観終わって振り返ると伝えたかったことは割と当たり前というかありふれたことなんだけど、とにかく泣ける!何度も泣
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.9

家で観たからかあまり入り込めなかった。主人公のキャラが強すぎた。あの人生歩んでたらこのビジュアルにならないのではと思ってしまったり…

だれもが愛しいチャンピオン(2018年製作の映画)

4.0

良い話だった〜。
理想の父親のシーン、試合の後、みんなでコーチを囲むところ、良いシーンがたくさんあった。

スペイン映画だからそんな意図はもちろんないはずなんだけど、あの試合の後のシーンは昨年話題のラ
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

重苦しく展開も遅かった前編とは違って後編は見応えのある展開だった。ただ、ミステリーだと思ってたので犯人特定までが意外に早くて拍子抜け。2度目の犯行かと思われたまさかの犯人の心中を察する展開になるとは。>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.5

年末に観るのに良い、わちゃわちゃうるっとムービー。
今でも観れるなら活動弁士に説明してもらって活動写真観てみたいなー。

達観したあの人が「活動弁士なくして活動写真は成り立つけれど、活動写真なくして活
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

私はうるっと来たけど周りにはすすり泣いてる人もたくさんいて、きっと私が誰かの親だったら泣きまくっていたんじゃないかと思う。お母さんが息子を送り出す言葉なんて、特に。

たとえ自分がこの世からいなくなっ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.5

この題材からこの結末に行くとは。本当に伝えたかったテーマがそれだったとは。予想外でした。
「正しく使ってね」にジャックが出した答えに拍手。
ビートルズファンだったら、もっともっと楽しめたはず。
だだし
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

2.7

本当は後編まで観てから書こうと思っていたけれど録画ミスで後編観れず…完全に消化不良ですが、とりあえず前編だけでレビュー。

終始重苦しい雰囲気でハマらず。誘拐殺人事件を題材にしているので、これが事実な
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.7

アンハサウェイの歌と表情にゾクッとして、
ジャベールが革命で命を落とした子供に勲章をあげるシーンで泣き、
修道院での別れのシーンにも泣き。

実は公開当時にも観たから2回目なんだけど、あの時は理解でき
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

家族の事件をライターとしてのネタとしか思っていない(ように見えた)ゆうちゃんが、本当はどれだけ葛藤してどんな想いを抱えていたのか、それが分かったラストは泣けました。

1人だけ家族と距離を取っていたけ
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

どんな環境でも、面白くなるかつまらなくなるかは自分次第。
ラストの車で振り返ったあの瞬間、ブルーアワーに、いままでの無駄に尖って周りと距離を取ってた自分をぶっ飛ばしたアラサーのお話。タイトルの意味を最
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

とても怖かった。でも観る価値はある映画だった。

洗脳されたと言うべきか首謀者に操られた少年兵がムンバイで同時多発テロを起こして、ホテルの従業員たちがお客様を救おうとする物語。
時々流れる当時のニュー
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.4

人は視覚の情報を一番頼りに生きていると言うけれど、聴覚で生きるのがピアニストなんだなーと思った。世界が鳴っているなんて感じたことない。

原作も読まずに観たから、天才ピアニストのコンクールでの戦いなの
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.2

あのドラマの人たちがなぜ爆発事故に巻き込まれてしまうのか笑
ストーリーもめちゃくちゃだし、辻褄合わせる気もないみたいだけど、でもそんなところが良いのでしょう!
それなのにハッピーエンドにうっかり泣いて
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

歌が良い!大なり小なり見た目にコンプレックスのある人は"This is me"に励まされるんじゃないかな。

てっきり苦労と紆余曲折からの最後に成功かと思ってたから、最初話題になるまでの展開が早すぎて
>>続きを読む

今さら言えない小さな秘密(2018年製作の映画)

3.2

自転車に乗れないことを何とか隠そうとする、妄想力高めのおじさんの物語。
注目ポイントはその妄想力。秘密を隠そうと家を出て親友に妻を盗られる妄想はすごかった笑

小さい笑いが散りばめられたほっこりムービ
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

2.8

合唱とピアノを通してそれぞれの苦悩を乗り越えていく青春ストーリー。15歳にしてはやや重めの悩みを抱えてたりするけど、ストーリーにそこまで意外性はなかった。五島列島の小さな島にしては生徒多くないか、とか>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

白人でもない 黒人でもない 人間でもない
舞台の上でしか歓迎されない黒人ピアニストの悲しみがよく表れたこのセリフが印象的。

家族に会っていけよって言うトニーの誘いを断っても結局来ちゃうシーンはシャー
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かったー!
三谷幸喜らしい笑い満載の映画。
あつひこ・ただひこ・かつひこ・さとこ・なつこ間違いとか、妻と料理人勘違いとか、秘書につられて息子に一礼するところとか、鳥小屋から出てきた後の車内とか、ス
>>続きを読む

やっぱり契約破棄していいですか!?(2018年製作の映画)

3.5

面白いシーンはたくさんあった。車のシーンとか、死に方カタログとか、レストランのシーンとか、組織の事務所のノルマとか。設定も面白い。
でも90分という尺のせいか、ドラマを1話観た感じで映画の見応えとかス
>>続きを読む