KyokaTさんの映画レビュー・感想・評価

KyokaT

KyokaT

C・ノーラン、S・キューブリック、M・スコセッシ、W・アンダーソン、T・マリック、Q・タランティーノが大好き\(^o^)/

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.7

魂の浄化。僕はこれを見たことで人間として一つ先に行くことができた。ツリーオブライフまで行かずとも、それ以来の心の震えを感じた。

ハリーの災難(1955年製作の映画)

3.9

スイスアーミーマンはハリーの災難からダニエルラドクリフの起用になったのかな(笑)
秘密の部屋のドビーのシーンとかもけっこう見られたし面白い

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

3.9

ダニエルデイルイスって演技やばいくらいうまいな
渡辺謙はインセプションで老人になった時手が震える演技できなかったけど、彼はしっかりやってるし。。。日本人とはレベルが違いすぎると改めて痛感

サブウェイ(1984年製作の映画)

4.0

これが僕の見るリュックベッソンの最期の面白い映画です

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

冒頭のフェリーニが見たら喜びそうなシークエンスに引き込まれるも、やや消化不良な終わり方に少しがっかり。。
ドニーダーコ以来嫌いだったジェイクギレンホールが初めてかっこよく見えたし演技はやっぱうまいね

グッド・タイム(2017年製作の映画)

4.4

音楽がこの映画のほぼ80%を占めてるってくらい鮮烈な旋律

女は女である(1961年製作の映画)

4.6

画面の色がこんなにも美しく、カメラがこんなにもうまかったのに、どうしてどんどん退化したのか

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

映像キレイだし普通に面白かった
怖くないけど(笑)
構えすぎて逆に疲れた(笑)

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

4.6

先にやられた感が凄すぎて。。。
パルムドールもらってもおかしくない作品

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.5

こんなにバカで下品なのにこんなに感動するとは。。。
久々に泣いた

ウィークエンド(1967年製作の映画)

4.5

カオスすぎる(笑)
先にやられたって感じ
後半のグダつきが無ければ満点の出来だったはず

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

4.2

シベリア抑留兵の描写でのただひたすらのロシアに対する怒り、それ以外は素晴らしい

8 1/2(1963年製作の映画)

4.7

グイドの気持ちめっちゃわかるし、これは私の映画です
映像の光がめちゃくちゃ綺麗だし、マストロヤンニがイケメンすぎる

ストーカー(1979年製作の映画)

-

映像綺麗だしセリフも面白いけど、共感できなかったりとにかくテンポがのろすぎてやっぱタルコフスキー無理

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.0

クソつまらなくて寝た
ストーカーをバックにしたアクションは綺麗だったけど、音楽とかスプレー加工のテロップとかダサい

亜人(2017年製作の映画)

3.3

期待しすぎた。。。
やっぱこの程度か。。。
本広さん。。。

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.7

デヴィッド・フィンチャーのアートディレクションがあればもっと良かった

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

4.1

とにかく水原希子がやばいね\(^o^)/
松尾スズキがこんな感じになるのはリリーを見た大根さんが展開的にハマったのか、それとも原作通りなのか

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.4

終わり方も美しく、やや飛ばしすぎてる感あったもののやはり北野武様は日本一
PLSのど真ん中で見れるなんて、坂田さんありがとうございます

>|