シンジさんの映画レビュー・感想・評価

シンジ

シンジ

映画(78)
ドラマ(0)

THAT/ザット ジ・エンド(2019年製作の映画)

2.5

あ、アサイラム(笑)。でもいつもの笑いながら突っ込む感じじゃない、ダメな方だ...。
しかも皆さんのレビュー見てると「THAT/ザット」という作品の続編でもないらしい。
もう少しピエロの背景を描いてく
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.0

ドクター・スリープの前に初鑑賞。一昔前の演出に少しスリープしてしまった...zzZ。
CGのない時代にこれだけの映像を作り上げるのは凄いと思う。
R15だが、実質PG12位では?

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.5

気が付かない内に三作目。前作の内容は思い出せないが、それで良いと思う。
相変わらず安定した面白さで、何なら毎年やってほしい。

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

3.5

クレしん映画、完走まで(多分)あと五本。
子供と大人、そして夫婦、家族...それぞれに「あるあるポイント」が設けられているのが、このシリーズの凄いところだと思う。
「失われたひろし」「オーストラリアの
>>続きを読む

死霊船 メアリー号の呪い(2019年製作の映画)

3.5

個人的には許容範囲の面白さ。
いつものように「何でそんなことしちゃうんだよ~」と突っ込んでも良いのだが、既に取り憑かれてる場合もあるので複雑な気持ちになる。でも突っ込む。

仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超電王トリロジー/EPISODE RED ゼロのスタートウィンクル(2010年製作の映画)

2.5

「平成ライダー、WOWOWで補完」した一本。
特に説明もなく始まるので、これまでのテレビ及び劇場版シリーズを理解していないと厳しい。
内容もサブキャラに絞ったラブストーリーで、コアなファン向け。それ自
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.0

ワニがガブガブするPG12。
リアルを目指した感じなのだが、それでも突っ込みを入れながら観てしまう...。
もう少し振り切った内容になっている方が個人的には好き。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.0

「リブート版に備えたウォーミングアップ」位の軽い気持ちで観始めたのだが、これが大間違い。
いつの時代でも、誰が観ても楽しめる良質な作品だった。
猿達が最高(笑)。

バタリアン(1985年製作の映画)

3.5

ノリが良くて楽しい。
当時の予告とか特集で見たシーンが、ようやく本編と繋がった。

ズーンビ ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.0

「前作と関係ないのかぁ」と思っていたが、ちょっとしたサービスがあり、続けて観ると楽しめる。
アサイラム作品につき寛大な心で、そして突っ込みを入れながら観ることをお勧めする。

ZOOMBIE ズーンビ(2016年製作の映画)

3.0

R12でも良い位だと思ったが指定はなし。
B級映画でお馴染みアサイラム作品で、それを思うと全てが許される気がする(笑)。

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.5

久しぶりの面々。小ネタも効いてて今回も楽しい。
この内容でR15+だが、バイオレンスやスプラッター的要素ではなく若干過激なセリフのせいか?

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

3.0

前作は30年以上前にチラ見した程度だったと記憶している。
珍妙な本作2020は、セクシーさとバイオレンスさによるPG12。
舞台を近未来に置き換えたところは「あゝ、荒野」を感じさせるが、そもそもタイム
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

思ったより原作コミックのネタが多く、ちゃんとバットマン(というかジョーカー)だった。
R15+はバイオレンスよりも劣悪な背景のせいか?
大筋は想定通り。前評判なしでイキナリ観てたら4.0のスコアにして
>>続きを読む

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.0

おそらくバイオレンス加減がPG12。
当然ゾンビ目当て。しばらくの間、青春ミュージカルが続くが、私は早送りしない主義なので我慢。主役の女の子がキュートなのが救いだ(笑)。
終わってみればちゃんとゾンビ
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.0

あ、レビューし忘れてた。
「果たして地球外知的生命は存在するのか?」そんなキャッチーな話題よりもまず、心の中の宇宙に目を向けてみた、そんな作品だと思う。
宇宙やメカ関連の描写は良い。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

「こんな総理だと良いな」という理想を思い描いてしまうが、小難しい話は抜きにしても楽しかった。

サイバー・ゴースト・セキュリティ(2018年製作の映画)

3.5

堅苦しい話が地味に続くのかと思いきや、真逆で意外(笑)。
ヒロイン姉妹より、悪役のモニカ・ベルッチの方が圧倒的な存在感。
ちょっと下品で、ややスプラッターだが、観ていて楽しい娯楽作品だった。

パラダイス・ネクスト(2019年製作の映画)

3.5

台湾の風景が良い。
ストーリーを追うよりも、画面に映る状況を楽しんだ方が良いのだと、見終わってから気付いた。
ヒロイン役のニッキー・シエさんが魅力的で、他の役者さん達も素晴らしかった。

オペレーション:ラグナロク(2018年製作の映画)

3.0

主人公の気持ちが今一つ読めず、感情移入は難しい。
今回の事件と移民問題が上手く結び付かなかった気もするが、話の展開はさほど悪くなかったと思う。

ベラのワンダフル・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

最初から最後までハラハラするが、家族で観られる素敵な作品。
ベラのモノローグには犬の行動心理が反映されていて興味深い。
CGは皆さん評価低めだが、ビッグキトンは可愛いくて良いと思った。

Z Bull ゼット・ブル(2018年製作の映画)

3.5

WOWOWによるとR15+相当だったが、バイオレンスな面よりも、(演出上)差別的な物言いだったりするからか?
のっけからスゲー態度の悪い主人公。セオリー通りだとすると彼が皆を先導すこことになるが...
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング(2017年製作の映画)

3.0

私の「まだ観てない平成ライダーをWOWOWで補完しよう」シリーズ。
公開から3年も経つのか。懐かしい面子だ。
劇場限定フォームの見せ場が少なかったり、個人的にはテレビシリーズの最終回の方が好きだったり
>>続きを読む

ザ・ボート(2018年製作の映画)

3.5

キャストは一人、スタッフはかなり少ない。おそらく予算も。
観る前からやってしまった感のあるB級作品、覚悟してたが結構面白かった。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

岡田准一さんのアクションが凄い!所々差し込まれるギャグが良い!
本作にレイティングの指定はないものの、ファミリー向けではないと思う。かといって裏社会絡みの描写を抑えたのでは魅力半減だろうし、加減が難し
>>続きを読む

劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦(2009年製作の映画)

4.0

まだ観てなかった劇場版平成仮面ライダーシリーズをWOWOWで補完。
本作はディレクターズカット版で放送。もう10年以上経ってるし、佐藤健くんも出てないし...でも、あっという間に引き込まれた。さすが小
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

ホラー系かと勘違いしてた...だが観て良かった。
シーツを被ったゴーストが愛しく、そして切なくなる作品。

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲(2017年製作の映画)

3.0

危険なネタ満載で笑えるが、ナチスとは離れていったのが良かったのか悪かったのか...。
意外と(と言っては失礼だが)CGは良く出来てた。

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.5

恋愛モノは興味ないが、予告を見てから内容が気になっていた作品。
現在進行中(のはず)の世界に異なるシチュエーションが連なるので、観てる側は混乱する...。そんな時は麻由子役である吉岡里帆さんの立ち位置
>>続きを読む

パペット 大騒査線 追憶の紫影(2018年製作の映画)

3.5

例えるならやはり成人版セサミストリートか?好き嫌いがハッキリしそうな作品(笑)。
パペットだからR15ではなく、PG12なのだろう。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.5

他の作品よりもおとなしめなリーアムおやじ。とはいえ巻き込まれ、そして巻き込んでしまう。
PG12だが淡々とした殺しのシーンにコミカルさが漂い、不思議な感覚にハマる。

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.5

WOWOWにて。開始早々、犬吠埼で波ザブ~ンの三角マーク...アレ?と思ったら日本版の方だった(笑)。
猟奇的シーンがキツイR15だが、演者も素晴らしく見応えがあった。比較したわけではないが、こちらの
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

PG-12だが部分的にバイオレンスだった位で、思いのほか見やすかった。
1960年代の雰囲気を再現した映像が素敵。
この映画の着地点はどこなのかハラハラしていたが、これで良かったと思う。

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.5

蜷川実花作品初体験。
映像は凄く綺麗。原作は読んでないので比較できないが、話も良かった。

>|