shikokuさんの映画レビュー・感想・評価

shikoku

shikoku

  • List view
  • Grid view

ゴンドラ(1987年製作の映画)

4.2

少女が周囲に見る「歪み」

青年が地上に見る「故郷の海」

「心情」を人に語らせず、風景に語らせる

それがこの作品の醍醐味だと感じた


死んだ小鳥に対する少女の「拘り」も印象的

父と同居してた場
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

スマホを使った、いわば「信頼ゲーム」を通じて泥沼化していく人間関係

疑心暗鬼が疑心暗鬼を呼び、ヒミツがどんどん明かされていく

部屋を出た瞬間、各々のカップルがパーティ前のノリに戻るのはギョっとした
>>続きを読む

バンコクナイツ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

煌びやかなバンコク
スポンジケーキ生地のようなラオス
そこに生活する有象無象の人間

何より映像として楽しめた映画

ラストシーンの銃購入やビンタは違和感として残った

性に露骨な描写を通して日本男性
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.6

初の台湾映画 初の4時間映画

初づくしの映画だったが、凄まじい圧倒感で鑑賞後は世界観からしばらく離れられなかった

「世界観」というより、1つの「世界」を提示している映画だった

それゆえ、1回では
>>続きを読む

ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年製作の映画)

4.5

銃社会アメリカの病理を探求したドキュメンタリー

なぜボウリングではなくマリリンマンソンが原因として指さされるのか

なぜ貧困率や銃所持率で双肩するカナダでは銃による事件が少ないのか

そもそも「原因
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

友達とパートナーの境目って、凄い曖昧だなぁと思った
貧困、家族関係、そして性的マイノリティ
あらゆる問題に翻弄された少年時代
成人になり、それらの過去を1つ1つ克服していくシャロン
外見が変わっても繊
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.3

imaxで観たけど臨場感が良かった
鑑賞後にスッキリする映画
ダンスを水中からのアングルで撮ったシーンがハイライト

HANA-BI(1997年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

「贖罪」を抱えて生きている主人公の心情を、ニヒルな笑みでよく表していた


目を串刺しにするシーンはまぁしんどい笑

ちょくちょく挿入される絵のインパクトが強かった



たまーに見たくなる映画

月はどっちに出ている(1993年製作の映画)

2.8

「恋愛」「差別」「貧しさ」と色々テーマを盛り込んでいる分、全体として何が主題なのかパッとしなかった

日本で、在日のオーナーがフィリピン人の女性を雇っているという設定は、「朝鮮人⇄日本人」という対立構
>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

だら〜っとした展開に、菊次郎の理不尽さと「summer」のBGMが随所に散りばめられてる構成がよかった
演じるチャラ男の彼女がミカンでお手玉するシーンはお気に入り
母親に会えなかったからこそ、正男は「
>>続きを読む