KaburaのKIさんの映画レビュー・感想・評価

KaburaのKI

KaburaのKI

鏑木詩人。「かぶらきしと」と読みます。写真は映画『怪談』の「耳なし芳一」の話から拝借しました。修学旅行で一足早く就寝している間に友達から顔にラクガキされたわけではありません。墨汁を使ってます。耳だけ忘れるなんて和尚さん不覚過ぎ。

映画(15)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

5.0

>mizuki @mizuki0703
★執筆する方って言っても2.8の評価メッチャ低いですね。笑
★死体が云々の事実の前にこの映画が描く真実って私には悲惨さ以上に希望を感じました。多くの人に見てもら
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

5.0

★誕生日のお祝いが生け贄過ぎ
★悪魔誕生の秘話が家族愛に溢れ過ぎ
★いちいち農場に散乱するオブジェがアート過ぎ
★年端もいかない息子を英才教育で育て過ぎ
★家族みんながナチュラルボーンキラー過ぎ
★年
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

★この映画は「coming-age story」といわれてます。少年・少女が成人になっていく成長を描いた物語という意味です。内容だけ書くとホント簡単なお話で、成人は18歳という年齢が一つの節目になって>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

★オープニングいきなりヒュー歌い過ぎ、白い歯見せ過ぎ
★歌多過ぎってレヴュアーこれミュージカルってこと忘れ過ぎ
★ティーを飲んで吹き出した少女チャリティ給食の牛乳を思い出し過ぎ
★ご主人様から右頬殴ら
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

★「君は太陽」ってサブ題いらなさ過ぎ
★ハロウィンが大好きってよく気持ちが分かって泣かせ過ぎ
★学校へ行かせるべきか決めたのが人生の決断過ぎ
★まわりの善意が時に残酷過ぎ
★原作それぞれの登場人物の章
>>続きを読む

フェリーニに恋して(2016年製作の映画)

5.0

★「ペット」だったクセニアさん豹変し過ぎ
★原題フェリーニを「探し」過ぎ
★邦題「-恋して」安直にし過ぎ
★邦題「-恋して」にすればイタリア浪漫に飢えたお客いっぱい来ると無い知恵絞り過ぎ
★題名はやっ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

★マルコムXにキング牧師ときてブラックパンサーの歴史モノ期待した自分がみんなが求めている真のヒーロー知らなさ過ぎ
★最初に出てきた黒いカブりもののキャラ敵か味方かわからなさ過ぎ
★予習して2度見、でも
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

★音楽最初から不快感をあおり過ぎ
★BGM変えて見ると案外・・・やっぱり不快過ぎ
★不快の理由がマーティンの慇懃さとふてぶてしさ、スティーヴンの真摯な態度にあり過ぎ、こいつらの関係いわく有り過ぎ
★神
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

★これ見よがしに横からのアングルでメイキャップアート宣伝し過ぎ(辻さん、アカデみー賞受賞おめでとうございます)
★ポスター「アカデミー賞最有力」ってキャッチ古過ぎ
★『ダンケルク』のネームにおんぶにだ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

★君の名前で僕を呼び過ぎ
★君の名前の邦題多過ぎ
★美と若さを置き換えて30年後、50年後も君の名前で僕を呼び続けるのが寅さん過ぎ
★80歳の処女を一晩愛おしんだ在原業平の前に君の名前がフェード・アウ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

★短過ぎ
★「イーストウッド」の名前だけで宣伝効果絶大過ぎ
★レヴュアーの500人以上いた「乗客役が全員本人」ってウソつき過ぎ
★当時現場にいた仏俳優の出演オファーがなかったって文句言い過ぎ
★当時現
>>続きを読む

マローボーン(原題)(2017年製作の映画)

5.0

★大人になったアーニャが美し過ぎ
★トム・ポーターが「家庭の事情」に鼻突っ込み過ぎ
★トム・ポーターがジャックとアリーの「大人の事情」にシコシコ横棒突っ込み過ぎ
★トム・ポーターが格好いい服着て過ぎ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

5.0

★原作の諜報戦のディテイルのレベルが高過ぎ、面白過ぎ
★アクション・エンタを期待したレヴュアー達を裏切り過ぎ
★ジェニファーがフルで後ろも前も全部脱ぎ過ぎ
★テンポが悪いって世界はお前のテンポになんか
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

★ミルドレッドが孤軍・無双ぶり過ぎ
★第1ビル・ボードの広告の「表現」描写が悲惨過ぎ
★舞台がアメリカ南部の南部訛りでのどか過ぎ
★迷い込んだ子鹿が警戒心なさ過ぎ(「撃たれちまうぞ、ここはそういう場所
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

★タマゴ食べ過ぎ
★魚人間とのエッチの仕方が想像に任されてモンモンとし過ぎ
★イライザのゲイの友達がソワソワし過ぎ
★喫茶店のアンちゃんがゲイに対して豹変し過ぎ
★デル・トロ監督の受賞スピーチが感謝・
>>続きを読む