イカ焼きさんの映画レビュー・感想・評価

イカ焼き

イカ焼き

映画(268)
ドラマ(0)
アニメ(0)

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.5

前作は母親と兄と間に行ったんだよなあ、と感慨深さを感じながら鑑賞。

序盤は福山雅治のかっこよさを思う存分堪能できて目福でした。

ドラマ版と違って劇場版になるとミステリーよりも人間ドラマがメインにな
>>続きを読む

ピノキオ(2022年製作の映画)

3.0

たまたま母親もいたから一緒に鑑賞。小さい頃絵本いっぱい読んでもらってたなあ……。
なんとなく話の内容覚えてたけどやっぱりいい話!
自分の愛してる人だったら容姿なんて関係ない、本物もクソもない。私にも良
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

グロいのが苦手だから普段ゾンビ映画って見ないようにしてるけど、なんか惹かれて鑑賞
アダムドライバーかっこいいなあ。
スカッとするような終わり方じゃないけど別に胸糞悪いわけでもないから時間潰したい時にぼ
>>続きを読む

好きにならずにいられない(2015年製作の映画)

2.5

つらい、ただただつらい。
一度は拒絶された相手にどうしてこんなにも尽くせるのか……。愛の力って素晴らしいけど虚しさも同時に感じられたなあ。
でもまあこれが現実なので私も改めて容姿に気をつけようと思いま
>>続きを読む

ふきげんな過去(2016年製作の映画)

2.0

小泉今日子の色気と二階堂ふみの儚さに助けられてたけどストーリー自体は結構わけわからん。視聴者の想像力にまかせるけいなのかもしれないけど、それにしても端折りすぎてよくわからん。
でも私もこれぐらい自由奔
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

2.5

ダニエルクレイグ、カッコよすぎ。

最後の最後に「最初からあなたは何もやってないと気付いてました」って言うの後出しジャンケンみたいだけど大好きなセリフなんだよな。こういうのもっとください。
うちはそん
>>続きを読む

スワンソング(2021年製作の映画)

4.0

人生のロードムービーって感じでよかった。
自分の着たいもの着て、聞きたいもの聞いて、なりたい人物像になって、生きたいように生きることがどんなに素晴らしいか思い知らされた。でもそれが一番難しい。

映像
>>続きを読む

カジノ(1995年製作の映画)

4.0

つい最近人生初パチンコに行ったので娯楽という関連性から鑑賞。

いや、ここまで人の命を軽いものだと思ってるの逆に清々しい。なんかスッキリした。
有頂天から一気に転落する姿が怖くもあったが、因果応報だな
>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃに心があったかくなった……。


この映画は性別によって共感度の差があると思う。弱音吐きたいけど吐くことで相手を弱らせてしまうかもしれないとか、全部一人で抱え込んじゃうとか、つらい。

>>続きを読む

デイ・シフト(2022年製作の映画)

5.0

いや〜〜〜!!!こういう「ド」がいくつあっても足りないくらい派手なアクション映画が見たかったんだよ……。
グロいっちゃグロいけど、それを気にすることなく観れる戦闘シーン最高すぎる。
特にカーチェイスの
>>続きを読む

ムーンフォール(2021年製作の映画)

2.5

SFが過ぎるなって感じ。序盤はかなり面白かったけど終盤はなんか微妙でした

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

政府に対して疑問を抱いて、実際に汚点が見つかって、それを告発したことがスパイ活動だとして罪を着せられるのは余計政府に対する不信感が湧くんじゃないかなあ。

自分も自分以外の家族や恋人までに影響が及ぶか
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

5.0

戦隊モノっていうよりかは圧倒的プリキュア感。これは本当。

正直邦題死ぬほど馬鹿にしてたけど見終わってから正解だったなと納得した。
シリアスなシーンが少なくて割とずーっと温かみ感じられて最高だった。
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.0

最初の場面からは全く想像できないような結末で笑った。マジで意味わからなかった。
これはSFジャンルなのか?
汚いキングスマンって感じだなって私は思ったけど誰か共感してくれる人いないかなあ。

いつまで
>>続きを読む

バズ・ライトイヤー(2022年製作の映画)

4.5

ディズニープラス入ってるから適当に時間あるとき見るか〜って思ってたけど映画館で鑑賞。
なんかたまにはこういうthe ディズニーアニメーション見たくなる。
自分の信念を貫き通すバズかっこよかったし、そん
>>続きを読む

エルヴィス(2022年製作の映画)

4.0

壮絶な物語すぎて「感動して涙止まりませんでした❗️」にはならなかった……。
でも映像にいっぱい仕掛けがあって見るアトラクションって感じがして面白かった。
衣装も時代によって変わってたり、とにかくゴージ
>>続きを読む

デイ・アフター・トゥモロー(2004年製作の映画)

4.5

ここ最近暑いし視覚だけでも涼しめる映画を……と思って鑑賞したら号泣してしまった。
仲間や家族を信頼すること、正しい知識と情報を得ること、この2つの重要性を改めて思い知らされた。
環境問題だけじゃなくて
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

5.0

念願の映画、やっとやっとやっと見れました。
これは家のちっさいテレビじゃなくて映画館で見るべき。

青春映画ではないんだけどキラキラしてて一つのことにこんなにも一生懸命取り組むことのできるトップガン生
>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

4.5

2022年上半期に見たホラー映画の中で一番怖かった。まじで一人じゃ絶対見れなかった。
序盤の和気藹々とした、物語の展開『起』の場面からクライマックス『結』に至るまでの登場人物の表情も心理も画面の明度も
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.0

尋常じゃなく執念深い復讐物語。かっこいいの一言に尽きます。
お金が絡むと人間裏切りまくるの、欲深すぎて最高

雨に唄えば(1952年製作の映画)

3.0

最近雨の日が増えてきたので鑑賞。ミュージカル映画って偏見かもしれないけど明快すぎる作品が多くて序盤で断念すること多いけど、さすが名作と言われるだけあって最後までしっかり楽しく見ることができた^^
フラ
>>続きを読む

アパルーサの決闘(2008年製作の映画)

2.5

女がマジでムカつくけど、そんな女を見捨てることのできない男にさらにムカついた。
午後エンタで見なかったら一生見なかっただろうな。

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.0

なんかラノベっぽい内容だけど美男美女なのでオールオッケーです。家族のピンチを救いたいって一生懸命になってるシーンが可愛かった

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

4.0

久しぶりに鑑賞中あまりの残酷さで体調悪くなりかけた。全キャストの演技がうますぎる。

この作品の中で特に面会のシーンが重要だと私は思うんだけど、その演出が天才的すぎて感動した。
カメラワークも臨場感し
>>続きを読む

カモン カモン(2021年製作の映画)

3.0

どこか懐かしくて新しさを感じられる映画だった

私は573195167%子育てできないし、この歳までというかそれなりに自立するまで面倒見てくれたお母さんに本当に感謝しなきゃなと思った。
子供にしかわか
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

2.5

女でいること、妻でいること、母にならなければいけないこと、この3つのしがらみに耐えて幸せに生活できる人がこの世界に何人いるだろうか。
ストレスの吐き口がどこにもなくてその結果全て飲み込まなければいけな
>>続きを読む

浮気な家族(2003年製作の映画)

4.0

ただ浮気で家庭崩壊するだけじゃなくて人が死ぬってところに韓国映画みを感じた。
リビングで見ない方がいい

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.0

マイペースな人にイラついてしまう人はこの映画を見ない方がいい。
私は恥ずかしながら死ぬほどマイペース、というか自己中だからなんだか自分の家族を見ているようで親近感を持った。

この短い旅の中で登場人物
>>続きを読む

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

4.5

終わりよければすべてよし、とはこのことなんだろうな。
後悔のない人生を送るにはやっぱりわがままたくさん言うべきだし、だけどそうなると周りのことが見れなくなる。難しい。
小さい頃から英才教育受けすぎると
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

5.0

マッツ・ミケルセンにまた骨抜きにされてしまった........。
なんとなくジョニー・デップは悪の王って感じでそれはそれでよかったけどマッツは闇の帝王感がエグすぎてドキドキした。不気味さと色気を兼ね備
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

人間関係とか仕事とかそういう日々のしがらみほっぽって自分の生きたいように過ごせたらどんなに幸せなんだろうなあ、、。
家族ですら分かり合えないんだからその他の人間と理解し合うなんて到底無理だってことが改
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.6

時間と気持ちに余裕のある時はウェス・アンダーソン監督作品の寄り道が多いというか、いい意味で無駄なセリフや行動が多い映画が見たくなる。
簡潔にまとめられたスタイリッシュでシンプルな映画も大好きだけど映像
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

2.5

正直内容はさっぱり分からなかった。自分の知識不足。
意見を堂々と言うことのできる自分とほぼ年の変わらない学生たちが本当に輝いていてカッコよかった。
三島由紀夫のカリスマ性というか、天才というか、革命家
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

2.5

付き合ってることを隠したくなるような関係性はやっぱり上手くいかないのかなあ。
好きでいたくても家族とか職場に認めてもらえないのは悲しいし自分が間違ってるんじゃないかって勘違いしちゃうよなあ。

ラスト
>>続きを読む

>|