しずくさんの映画レビュー・感想・評価

しずく

しずく

鑑賞記録として✏
映画好きです。でも感想書くのは苦手です💧

映画(329)
ドラマ(0)

アンセイン ~狂気の真実~(2018年製作の映画)

3.0

悪徳な施設に強制入院させられたうえに
その施設にストーカーがいたと言う悲劇。
主人公の性格に難があり
正気なのか異常なのかわからなくなりました。
そしてこのストーカーは怖かったですね。

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.0

娘と鑑賞。
前作のアーケードゲームの世界も面白かったけど
オンラインの世界の表現が面白い。
ドレスを脱いだプリンセスたちも新鮮。
所々笑えたし面白かった。
でもこのラストは予想外でした。

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.5

エミリーはキレイで着こなしがカッコイイ。
ステファニー、可愛いけどキャラが強烈。
同じクラスにこんなママがいたら
遠くから観察していたい。笑っ
このステファニーのお陰で
事件も女の闘いもコミカルに見え
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.5

娘と鑑賞。
死にたい理由はそれぞれ。
でもラストの皆の顔が良かった。
想像していたのとは違ったけど
そこそこ楽しめました。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

2.5

あまりにも静かな映画と
ライアン・ゴズリングの物静かな演技で
何度も睡魔に負けてしまいました。
なので、記録のみ。

シークレット・デイ あの日、少女たちは赤ん坊を殺した(2014年製作の映画)

3.0

赤ちゃんの誘拐は悪意がなかったけど
夜に置き去りにしていくとことか
子供だからの行動なんだけど怖かったし
死因もよくわからなかった。
アリスは歪んでるなぁと思ったら
母親もヤバかった。
どっちが嘘つい
>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.0

グロいのは苦手なので
目を背けるシーンもありましたが
なつめの洞察力が良かったし
ハラハラする展開で面白かった。
娯楽映画以外で
久しぶりに満足した邦画でした。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.0

抱いていた印象とは違った作品。
新婚当初から介護の日々。
綺麗事だけではないですよね。
それでも博士の
「見ろよ。我々が作り上げたものを」の言葉に愛を感じました。
エディ・レッドメインの演技が凄かった
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.0

ジム・キャリーのグリンチから比べると
随分毒のないグリンチだったなと言う印象。
マックスにも優しいし。
でも映像はキレイだったし
ほっこりする作品てした。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.0

邦画のリメイクがもうすぐ公開されるので鑑賞。
ストーリー展開は普通。
でも観てよかったなと思えた作品。
もし自分だったらこのリストに
何を書くだろう?と言うか
何個書けるだろう?
そんなことを考えてし
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.0

観てるのがとてもツラかった。
身体への虐待の描写は少なめだったけど
大人になっても
あんなに傷が残っていると言うことは…と。
ホントに良いお友達に出会えて良かった。
もうお母さんと関わらなくてもいいの
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

2.5

死霊館シリーズと聞いて娘と鑑賞。
そんなに怖くなかったな。
アナベルは一瞬出てきたとこで
この神父さん見たことある。と気付いた。
ウォーレン夫妻が出て欲しかったな。
母は強いね。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

娘と鑑賞。
バカバカしくて笑えた。
こんな地獄なら楽しそう。
そしてあんな天国は退屈そう。
クドカンの頭の中ってどうなってるんだろう?

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

三谷作品らしい小ネタで楽しめました。
でも大笑いとまではいかないクスクス程度。
それでも充分。面白かった。
ディーンさんは存在がもうかっこいい。笑っ
エンドロールで「えっ!」と声が出てしまった。
あの
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.5

前作の記憶が消えないうちに続編を鑑賞。
メリットが簡単に催眠術にかかっていて
「えーーー」と思ったけど
相手が相手だから仕方がないか。
今回も楽しくてワクワク。
身体検査の時のカードの連携がかっこいい
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.5

マジックとか好きだから
冒頭からワクワクして楽しめた。
黒幕にもすっかり騙されました。
観ている時は気付かなかったことも
タネ明かしされて「おーーっ」と
騙されて楽しいってとこは
まるでコンフィデンス
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.0

デルフィーヌに近付くエル。
明らかに怪しいエル。
でも彼女をすっかり信用して依存していく。
何が望みか読めないけど
エスカレートしていく異常さ。
そして最後の「そういうことね」って。
こう言うの好きで
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.5

感情移入に忙しい作品でした。
母親はもちろん
父、弟、祖母、従姉妹。
どの役の気持ちもわかる気がして
どの気持ちも苦しいですね。
身内の脳死。
考えさせられます。

アンフレンデッド:ダークウェブ(2018年製作の映画)

3.0

まぁまぁ面白く
最後まで飽きずに観れました。
悪いのは主人公。
巻き込まれていく友人たちが
ただただ気の毒でした。

Miss ライアー(2017年製作の映画)

3.0

パッケージ画像から
この女性が鍵となるのだなとわかるけど
想像を超えていました。
ここまでする?と思うけど
ここまでしないと勝てない相手なのか。
私は騙されたので
楽しめました。

父の秘密(2012年製作の映画)

3.0

なぜここまで?と言うほどの卑劣なイジメ。
このイジメを見ていると動画流出も仕組まれたこと?
じゃなぜアリが狙われたの?
でもイジメに理由なんかないよね。
父も父で闇を抱えてる。
そんな父に心配をかけな
>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.0

原作は未読。
犯人はわかりやすいので
事件の謎解きはイマイチですが
作品の雰囲気が好きです。

MAMA(2013年製作の映画)

3.5

5年ぶりに発見された姉妹の姿が怖い。
当時3歳だった姉は
少しづつ人間っぽさを取り戻すけど
当時1歳だった妹はなかなか大変。
そんな妹がアナベルに少し心を許した瞬間が好き。
だからこのラストは切なく感
>>続きを読む

ダブル/フェイス(2017年製作の映画)

3.0

そんなに悪くはなかったです。
女性の怖さが充分わかります。
ただ知り合ったばかりの人を
そんなに簡単に人を信じちゃいけないよね。
久しぶりに【ゆりかごを揺らす手】を観たくなった。

共犯(2013年製作の映画)

3.5

ミステリーかと思わせておいて青春映画。
それぞれの孤独がわかりやすくて良かったです。
切なさが残りました。
撮り方が好き。

ゴースト・フライト407便(2012年製作の映画)

1.5

オネエのCAさん、面白い。
あれだけ印象付けていた
パイロットになりたい女の子の設定が
予想を裏切り活かされない。笑っ
お化け屋敷みたいな楽しい
怖くないホラーでした。

イングリッド ネットストーカーの女(2017年製作の映画)

3.5

現実にありそうなお話し。
彼女はかなり行き過ぎてしまったけど
憧れの人に近づきたいのはわかる。
彼女のぶっとび具合が
怖いけど面白かった。

ファインド・ミー(2016年製作の映画)

2.5

突然、失踪した彼女を探すお話し。
ただただ彼が可哀想でしたね。
彼女は突然消えるわ
家はめちゃくちゃにされるわ
ボコボコにされるわ。
まだ幸せだった頃の二人の関係が可愛い。
私は彼女の正体がわからなか
>>続きを読む

男たちの大和/YAMATO(2005年製作の映画)

3.0

先日、アルキメデスの大戦を観たので
観たくなりました。
「日本は敗れて目覚める」
もうそんな覚悟だったんですね。
まだ20歳にもなっていない少年たちが
死ぬ覚悟で大和に乗船する姿は
言葉に出来ない。
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.5

冒頭以外は戦争シーンのない戦争映画。
ちょっと変わり者の数学の得意な青年。
このキャラ好きだなぁ。
柄本佑さんとの掛け合いも良かったし
一つの目的の為にやれることはやる!
って工程も面白かった。
会議
>>続きを読む

END CALL(2008年製作の映画)

1.5

演技がイマイチだし
ちょっとよくわからなかった。
お姉さんは何がしたかったのか?
あの多額の金額は誰が受け取るのだろう?
最後、男の子二人がケンカしてたけど
何が起きてあの結末なのかが
暗くてよくわか
>>続きを読む

ロスト・アイズ(2010年製作の映画)

2.5

ホラーではないです。 
犯人の動機が狂ってるけど
でも少し可哀想な気にもなる。 
最後の愛が良かったです。

ブリムストーン(2016年製作の映画)

2.5

変態神父との闘い。
キツイ描写が多くてしんどかったです。
それにしてもしつこくて最低な男。
こんな男の為に人生を狂わされた女性。
あのダコタちゃんがすっかり大人になって
表情だけで魅せてくれます。

万引き家族(2018年製作の映画)

2.5

リアルな日常って感じの演技。
事情があるのだろうけど
子供に万引きさせて生活するのはダメでしょう。
柄本明の一言がズシンとくる。
良い作品なんだとわかっているけど
この監督の作品は少し苦手。

ペット(2016年製作の映画)

3.0

普通に面白く楽しめました。
ペットたちが可愛いですね。
実際はどんなことを考えているのかな?
飼い主が出かけていても
こんな風に楽しんでくれていたら良いですね。

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.0

初めて観ました。
歌や音楽が良いですね。
さすがディズニー。
でも他のディズニー作品よりはハマらなかったです。
それでも実写版?は気になります。

>|