Sho3さんの映画レビュー・感想・評価

Sho3

Sho3

映画(563)
ドラマ(0)

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

2.9

超話題作の翻訳は発売前のネタバレを避けるため人里離れた地下に9人の翻訳家が集められ行われることとなるが、そのような環境にもかかわらず作品が流出する。出版会社の社長は犯人を9人の翻訳家に絞り犯人探しを開>>続きを読む

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

4.1

父親の自殺を機に帰京した青年が自殺の真相を追う中で犯罪行為にまきこまれ、次第に善と悪の境界がわからなくなっていく

メインの3人の演技が素晴らしく、この陰鬱な村社会の世界観にすぐに引き込まれていく。
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.8

音を立てると一瞬で襲ってくるクリーチャーが存在する世界、攻略不能に思えるが奴らに弱点はあるのか…?

アイデア自体は面白い。
しかし、
置いてあったかのように飛び出ている釘、
子供に音のなるおもちゃを
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.8

マジックの天才4人が謎の組織への入団を果たすために世紀のマジックショーを催す!


まず映画開始10秒のマジックで完全に心が持っていかれる。
そこからは怒涛のラッシュともいうべきマジックショーであっと
>>続きを読む

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

3.8

頭脳明晰、容姿端麗のサイコパスを絵に描いたような男が連続殺人の容疑で逮捕されるが果たして彼は本当に犯人なのか…?

ザックエフロンの演技が非常にうまく、
最後の最後まで無罪なのか有罪なのかわからない。
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.9

ふと目覚めると全く知らない他人になっている。その状況を理解する間もなく8分後に爆発に巻き込まれ死んでしまう、これはどういう状況なのかを主人公と共に解きほぐしていく。

先が気になる展開、その謎解きのス
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.6

できちゃった婚でできた謎の生物を育てることになった男がストレスからか悪夢を見始める…

えっ、何これ怖い…
ここまで自分の内的宇宙を商業作品化できるのはすごいね。

アリアスター監督はミッドサマーを恋
>>続きを読む

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.8

ハロウィンイヴの夜に男女4人組が都市伝説を追って田舎に向かい大惨事に巻き込まれることに…。

最近のサスペンスばりに整ったホラーも良いが、こういったエログロナンセンスなホラーもやっぱり楽しい!
同じグ
>>続きを読む

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)

3.9

今でいうパパ活をしている女子高生がその日にどうしても欲しい指輪を手に入れるため1日で12万円獲得のミッションに乗り出す!

エヴァを実写化したらこんな感じなんだろうなーといった感じ。加治とミサトの大学
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.4

責任感ゼロのだらけたフリーター男と、
一見まともで優しいが無職な男、
ダメンズウォーカーでコミュニティクラッシャーな女のある意味地獄な三角関係。

明らかに行動範囲が狭そうな3人のため、基本的には飲ん
>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.5

コンプレックスが爆発している主人公が出所しネグレクト気味の両親のいる地元に帰郷するがその本当の目的は達成されるのか。

吐き気を催すほど苦手な両親に認められたい一心で人生転落していくという珍しいパター
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.1

スラムで生まれ育った青年がその鬱屈した気持ちをリリックに乗せラップでサクセスを志す。

なにかを志す時は、必ず身近な人が邪魔に入る。
当人は良かれと思って「身の丈に会ったことをしろ」「失敗したらどうす
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.4

銃弾飛び交う戦場でミルクを運ぶ男が、イタリアから逃げてきた訳ありの女と恋に落ちる。

終始メタフォリカルな作風で理解が追いつかない箇所が点在するが、自由の象徴としての隼と知恵の象徴としての蛇を中心とし
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.3

殺人事件で起訴されたやり手の起業家は自身の無実を証明するために不倫中に起こしてしまった交通事故について告白しはじめるが…。

一人称による独白をベースに物語を組み立てていくため、その物語が本当なのか嘘
>>続きを読む

ブルース・リー/死亡遊戯(1978年製作の映画)

3.4

大物俳優の移籍を企む芸能事務所がなかなか移籍しない大物俳優に物理的な圧力をかけていく。

脚本はめちゃくちゃだがストーリーについてとやかく言うのは野暮というものか…。
終盤のブルースリー本人が出演して
>>続きを読む

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.8

ネットゲームに夢中な少年がひょんなことから絶滅危惧種の渡り鳥の母親となり、渡り鳥を絶滅から救うために鳥に安全なルートを教え込む無謀な計画を父と共に遂行していく。

最高に美しい物語のなかに現実問題も絡
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

4.1

東大出身のコミュ障気味の青年が殺人を通して成長していく。

基本的にどの登場人物も感情の起伏が少ないが、それが故に感情を爆発させるシーンはドーンと胸に来る。
一生これが続けばいいのにという瞬間を味わう
>>続きを読む

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

4.1

火傷を負った患者に皮膚移植を行う研究をしている天才形成外科医だがその独創的な人口皮膚の作り方の裏には衝撃的な事実が隠されている。

よくあるマッドサイエンティストなどはとりあえずイカれていれば良いとい
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

長年神に仕えた司教がなぜ棄教するに至るのか。
17世期の日本におけるキリスト教布教の困難を描く。

教義的な信仰から実践的な信仰へ。
逆説的だが1番信仰が薄いように見えるキチジローが1番実践的な信仰を
>>続きを読む

屍憶 SHIOKU(2015年製作の映画)

3.0

赤い封筒に触れた日から毎晩の嫌な夢を見るようになる、そこには驚くべき理由があった。

オチは結構面白いのだがオチまでがギャグにしか見えず全く怖くない…日本エレキテル連合はいつのまにか女優になっていたの
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

超重い面倒な女と超軽いクズな男のラブストーリー。

最初はあーこんな人いるいる!とあるあるネタを見ていたのだがどこからかホラー映画の様相を呈してくる。
とにかくこんな女にだけは目をつけられたくない…最
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.5

現在売り出し中の注目イケメンバンドマンとそのメンバーの追っかけの少女とその娘に恋する少年の三つ巴の人間模様をメインに、母子関係、姉弟関係、バンド関係と濃密なドラマが描かれる。

夢の世界と現実の世界に
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

死者172人を出した2008年のインドはムンバイにおける同時多発テロを描く。

どの行動にも正解というものはなく同じ行動をとっても死ぬ人もいれば逃げれる人もいる。
生まれた場所や環境でどちらの立場にも
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

2.0

半生を刑務所で過ごした札付きのサイコが出所するところから話が始まる。

イントロはワクワクさせるものがあったが、眠気を抑えるのが大変な作品。
当時は目新しかったという言い訳が通じないほどなんのドラマも
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.8

仲の良い姉弟が初めて会う祖父母の家に一週間お泊りにいくが次第に祖父母の様子がおかしくなっていく…。

だだのびっくり系ではなく、胃袋が掴まれているようなズーンと来る気持ち悪さを覚える作品。
1日目から
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.8

ゴールドラッシュの頃、金を簡単に見つけることができる薬品を開発した化学者に対して、そのレシピを奪うためにシスターズブラザーズという兄弟が派遣される。

人の夢と書いて儚いと書くを具現化したような映画。
>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

2.8

冒頭実写映像で黒人男性が白人警官から撃たれるシーンから始まる。なぜ撃たれるにいたるのか撃たれた後の顛末を綴るストーリー。 

奴隷貿易時代から連綿と受け継がれる黒人差別の問題であるが差別による貧困の連
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.3

イケイケのストリッパーがリーマンショックの影響で落ちぶれ犯罪に手を染めていく…。

配役のジェニファーロペスが完璧!
J.LoとSean Kingston、Usherという2007年のshowbizの
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

虐待経験者の元FBI、現フリーの殺し屋が少女買春組織から少女の奪回を依頼される。

ホアキンフェニックスの演技はやはり圧巻。
あのひょろひょろのジョーカーがこんなガチムチにもなれるなんて…。
作品全体
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.7

究極のgiverであるラザロがtakerである多くの人間に搾取され続ける、果たしてそこに救いはあるのか。

新約聖書においてはラザロは貧富の違いを表す象徴およびキリストが奇跡によって蘇らせた人物として
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

3.6

個性的なタクシー運転手5人が世界中の同時刻に繰り広げる群像劇。

窓から見える各地の風景がノスタルジーを感じさせる。全編通して「昼は何でもない景色でも夜には凄く魅力的に見えるよね」という映画。
真夜中
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

麻薬王国を築き上げた女王が名声を求めて全ての薬物の合法化を求める。

前作がすごく良かっただけにストーリーのチープさが非常に残念。今回は敵役が全然悪役ではないので、キングスマンが何のために闘っているの
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.2

イラン革命の際に標的にされたアメリカ大使館の職員を救出するためCIAがとんでもない作戦に打って出る。

作戦の意外性や歴史的事件としての面白さなど見どころはあるのだがどうにも感情移入ができない凡作。
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.1

どうしようもなくダメだけど熱だけは半端ないサラリーマン宮本が決して負けられない闘いに挑む。

ストーリーはよくある話ではあるが、主演2人の演技が鬼気迫るものがあり圧倒される。
池松さんは本当に歯を抜い
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.3

ダンサー22人が集まり打ち上げパーティーを行うが次第に全員がトランス状態になっていく…。

ギャスパーノエ監督の中では大人しめな本作だが、相変わらずの浮遊感ある映像でドラッグ体験を仮想体験することがで
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.0

初の中華統一を目指す政と奴隷から天下の大将軍に成り上がりを目指す信の物語の序章。

出演者のビジュアルが良すぎるので2時間見てられるが、内容はレベルの高い学芸会で家事のかたわらに見るのがちょうど良い。
>>続きを読む

>|