yumaさんの映画レビュー・感想・評価

yuma

yuma

映画(194)
ドラマ(20)

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

4.8

良い作品でした。観賞後はサントラを聴いて余韻に浸っています。

ドキュメンタリー映画ですが、冒頭は普通の映画みたいに思った。
ビン・リュー監督の編集や音楽の使い方にセンスを感じました。

キアーの笑っ
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.5

あのジョナ・ヒルが監督・脚本という事で、ムビチケも買って楽しみにしていました。ちなみに特典は、かわいいステッカーでした。

音楽の使い方は、最近観たウェイブスよりもセンスが良かったと思うし、話も退屈せ
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.8

僕は恥ずかしながら政治が全く分からず、選挙に行ったのも、この前の都知事選が初めてで、理由は東京都民に自分もなれたんだという嬉しさからです(田舎出身なので)

この映画を観たいと思ったのも、予告編が面白
>>続きを読む

青の帰り道(2018年製作の映画)

4.0

田舎者の自分にとっては、かなりガツンときた作品でした。

「青の帰り道」と聞くと、東京から故郷へ向けての道だと思ったのですが、鑑賞後は「東京へ帰る」事もあるんだなと、この映画の象徴でもある"あの一本道
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

4.0

僕は好きな作品でした。
観て良かったです。

冒頭は松田龍平演じる友の行方が分からなくなっているというシーンからなのですが、この映画は別にサスペンス映画でもないので、そういう観客の引きつけ方は、どうな
>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

3.8

20分の短編で、とても観やすいです。
恐らく低予算だと思いますが、画面の一つ一つが、丁寧に描かれており、とても美しかったです。

撮影場所がとても綺麗で、気になりました。歳とったら、住んでみたい…
>>続きを読む

資金源強奪(1975年製作の映画)

4.5

まずタイトルが、かっこよすぎる。
「資金源強奪」
「資金源強奪」
「資金源強奪」
「資金源強奪」

そして監督は「深作欣二」
面白くない訳がない。

ジャケット写真も、かっこいい。
大きいスクリーンで
>>続きを読む

ヘウォンの恋愛日記(2013年製作の映画)

3.5

久しぶりのホン・サンス作品。

正直、今までみたホン・サンス作品の中でストーリーは…
でも不思議と退屈せずに観られるのがホン・サンスの魅力!

ホン・サンス作品は、エンドロールにホン・サンスの名前が無
>>続きを読む

ケス(1969年製作の映画)

3.8

初ケン・ローチ作品。

「わたしはダニエル・ブレイク」を観ようかなと思いましたが、ちょっと重たそうだなと思って、少年とハヤブサの交流を描いた作品「ケス」にしましたが、これもこれでかなり、重たかった。
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.5

ムビチケを買うほど楽しみにしていた作品。でも今日はシネマイレージデイだったので、100円損しました!

途中のとある展開には、とてもビックリしましたね。車の運転や、レスリングのトレーニングで、なんか、
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.0

配信で観られる。ラッキー!と思って観ました。原作は未読ですが、映画の「火花」より、こっちの方が良かったです。
「火花」はお笑い芸人が主人公ですが、「劇場」の方が、クスッと笑える所があって良かったです。
>>続きを読む

許された子どもたち(2019年製作の映画)

5.0

"凄い"の一言に尽きる。

まずガリガリ君演出が素晴らしい。外でガリガリ君を食べているのって、子どもしかいないですからね。一つの画で凄く幼さを感じたし、その後の全力疾走も、まさに映画が走り出す瞬間で、
>>続きを読む

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

4.0

野球を全然しない野球部の話。

もし自分が野球部だったら、こいつらだけには負けたくない。

でも、そう思っている時点で負けている。

こいつらって言ってますが、僕はめちゃくちゃこいつらの事が好きです!

はちどり(2018年製作の映画)

4.0

久しぶりの映画は「はちどり」を観ました。しかも、出来たばかりのTOHOシネマズ池袋で。

前から二列目でしたが、ベストポジションでした。(スクリーン5番)まぁ、普通のシネコンって感じで、本当に普通でし
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.0

ロサンゼルスとパリの話が好きです!

ジム・ジャームッシュは後追い世代なので、まだ観ていない作品を大切に観ていきたい。

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

5.0

前からずっと観たかった作品。

観て損はしません!
恐らくこのような作品は、後にも先にもこれだけではないでしょうか?

普通の戦争映画は結構、観てる方ですが、ドキュメンタリーは初めてかも。当時の戦場で
>>続きを読む

若者のすべて(1960年製作の映画)

3.5

「ベニスに死す」を5.6年ぐらい前に観て以来のルキノ・ヴィスコンティ作品。

「若者のすべて」と聞くと、個人的にはフジファブリックの曲を思い出してしまいます。

内容は、正直、よく分かんない!だけど良
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.5

若者向けの恋愛映画と思いきや、大人のラブストーリーの様に感じました。
正直、僕にはよく分かりませんでしたが、恋愛が難しいという事は分かりました。

なんとなくですが、セレステとジェシーは出会えて良かっ
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.0

ハリウッドを舞台にした作品で、街の風景がとても美しくて、楽しかった。

終わり方も👍

近年のウディ・アレン作品は世間的には、そんなに話題に上がっている様子が感じませんが、個人的には、良作揃いだなぁと
>>続きを読む

ジェイソンX 13日の金曜日(2001年製作の映画)

3.5

かなり低評価が多い作品。

逆に傑作だったら、それはそれでビックリするので、このぐらいが丁度良いです。

それにしても終盤は、監督も集中力が切れたのか、適当になっていきましたね。

若葉のころ(2015年製作の映画)

3.2

久しぶりの台湾映画。

話は特に何も思いませんでしたが、映像や雰囲気、青春など自分が台湾映画に求めるものがあり、満足しました。

とりあえず女優がかわいいです。

人生はローリングストーン(2015年製作の映画)

4.8

序盤はそこまででしたが、後半辺りから、凄く良かったです。

とにかく作家のキャラクターや、彼から発するセリフの一つ一つが深くて、感動しました。

ジワリジワリとくる良作。

パロアルト・ストーリー(2013年製作の映画)

3.8

タイトルとジャケットは前から知っていたので、気になって鑑賞しました。

キラキラしていない青春映画で、好きな人は好きだと思います。

10代の頃、アメリカンスクールにめちゃくちゃ憧れていたのですが、1
>>続きを読む

続・荒野の用心棒(1966年製作の映画)

5.0

最近、黒澤明の「用心棒」と「椿三十郎」を観たので、久しぶりに西部劇を観たくて鑑賞。

今までに何本か西部劇を観ましたが、この作品がダントツで好きです!

登場人物全員、最高!といった感じで、ジャンゴは
>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

5.0

最近、黒澤明の作品を連続で観てまして、一番良かったのが、この「天国と地獄」でした。

どうでも良いと思いますが、個人的ランキングは、
1位「天国と地獄」
2位「用心棒or椿三十郎」
4位「七人の侍」
>>続きを読む

花様年華(かようねんか)(2000年製作の映画)

3.5

正直、よく分かんなかった。

でも女の人と映像は綺麗。

他のウォン・カーウァイ作品にも、いつか挑戦したいです。

かくも長き不在(1960年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大傑作映画でした👏👏👏

まずタイトルが良い。「かくも長き不在」って、めちゃくちゃかっこいい。

サスペンス映画なのかなと思ったら、とても美しくもあり、切ないラブストーリーでした。

白黒だからか、目
>>続きを読む

モーリス(1987年製作の映画)

3.8

とても品の良い映画でした。

ヒュー・グラントが出演している作品では1番好きです。

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

4.5

シャーリーズ・セロン主演の「ヤング≒アダルト」が好きな人は、めちゃくちゃ好きな映画だと思います。

僕も「ヤング≒アダルト」は好きなので、この映画は好きです。

いろいろと言いたい事がありすぎて、何を
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.5

宮本と靖子が普通の道でキスする所が、とても良かった。

漫画原作、テレビドラマの映画化の中ではダントツで良い作品でした!

EXIT(2019年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃ面白いエンターテインメント作品!

主人公は応援したくなるし、ヒロインは可愛くて、店長は最悪だけど最高!

関心したのは煙演出ですね、なんかゾンビ映画みたいでした。

エンディングの曲も、
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ダニー・ボイル作品の中ではダントツで好きな作品です!
(ダニー・ボイルらしさはなかったけど)

あと脚本はリチャード・カーティスで、なんとなく展開も読めましたが、凄く面白かったです。最初のイエスタデイ
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.8

久しぶりのジム・ジャームッシュ作品。

第一部が一番好きです!

疲れて帰ってきて、お風呂上がりにダラダラと、一人お酒を飲んだり、美味しいご飯を食べながらがオススメ!

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.8

素晴らしい作品で、見入ってしまった。
2時間があっという間だった。

行き場のない怒りや悲しみは、どこへ向かえばいいのかと思った。これは自分の好きな映画「君が生きた証」にも感じた事でした。

ハハハ(2010年製作の映画)

3.5

なぜか退屈せずに観れるホン・サンス作品。

疲れた日や、何も考えたくない時にオススメです。

なんとなくですが、平日の朝か昼に観るといいかも。
夜は、ちょっと違うかな。

(2005年製作の映画)

4.8

キム・ギドク5作品目の鑑賞。

個人的1位 弓
   2位 サマリア
   3位 嘆きのピエタ
   4位 悪い男
   5位 絶対の愛

これもまたあらすじだけでは、嫌悪感を感じる人も多
>>続きを読む

>|