ショウTさんの映画レビュー・感想・評価

ショウT

ショウT

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

3.8

強姦されたという真実を主張する妻。
他の多くの強姦被害者のように表にしない、という選択はしなかった。

夫の友人を妻に紹介するシーンが何度も繰り返され、これは本当に強姦だったのだろうか、と考えさせられ
>>続きを読む

人生は小説よりも奇なり(2014年製作の映画)

3.3

キャピキャピなコメディかと予想してたら、、静かな映画。

離れて住まなければならなくなったふたり。それぞれ身内の家に身を寄せ、肩身の狭い思いをしながら生活する。
ときどき2人で会う様子が睦まじかった
>>続きを読む

マッチョ(2016年製作の映画)

2.8

ファッション業界で性行、いや、成功しているファッションビジネスゲイ。
男と寝るの断固おことわり!の男がよくゲイのふりするよね。
ま、それもひとつの在り方だと思うけど。

ファッション業界はゲイじゃない
>>続きを読む

Our Friend/アワー・フレンド(2019年製作の映画)

3.0

大切な人たちに囲まれて人生を終えるというのはこういうことなのかな。

こんな風に助けたりしてくれる友達がいたらどんなにいいだろうか。

ムクドリ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

娘を亡くした夫婦、悲しみから夫は病院へ、妻はスーパーで働く日々。

スーパーの仕事で何度もミスを繰り返す。
夫だけでなく、彼女も大丈夫ではなかった。紹介された獣医に救いを求める。

庭の大きな木に突然
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

3.8

地味だけど、特殊な状況や出てる俳優が好き。そして、世の中に必要としている人がいるロマンスドール。
何故だかイヤらしさが感じられなかった。

最後はそこまでやっちゃいましたか、という感じではあった。

命みじかし、恋せよ乙女(2019年製作の映画)

2.1

突然ドイツを訪れる日本人女性、海外留学とか旅行とか好きそうなタイプ。風変わり。

彼女は何者なんだろうか。彼女のみならず、主人公の彼もよくわからなかった。
どうやらアルコールに溺れていたみたいだ。
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.3

アメリカで育ちで中国の文化に違和感を感じる主人公のビリー。
人が亡くなったら泣かないと薄情だと思われるから泣く、とか、結婚する夫婦が無理矢理ラブラブに演出されるとか。
それより何より、癌を本人に隠すと
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

2.6

登場人物がみんなかっこよかった。
クルマもかっこよかった。

現金輸送車が襲われる。何度も。
冷酷な父親の、殺された息子の復讐。

でも、楽しいとか面白いがなくて、銃バンバン、の自分の好きなタイプの映
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.0

人気シリーズ007ですが、ちゃんと観たのはじめてでした。

ビリーアイリッシュのオープニングがかっこよかった。

リゾート地の素敵なお家で引退生活をしていたジェームズボンド。もう高齢なのに、結局引き受
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

3.8

聞こえなくなるって、こんな感じで、人工的にはこんな風に聞こえるというイメージがわかった。今までにみたことのない、聞こえない人の気持ちが理解できる映画。

主人公の彼が聞こえなくなったという状況を理解し
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

学生の頃からの男同士の、何かこういうの、自分にはそんなに無かったな。うえーい、とか、おまえ、とか。

あれ、吉尾って死んでたの??
みんなの心に生き続けているよしお。

あれ、無いの?って思ってた余興
>>続きを読む

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

4.0

スーツ仕立屋さんが商売に困って女性の洋服やウエディングドレスを仕立ててうまくいく話。

バイクで屋台を引っ張って走るシーン、屋台で男性2人にスーツを売り、Tシャツ編み込みヘアー男性がスーツを着て決まっ
>>続きを読む

わが母の記(2011年製作の映画)

2.8

役所さんがトホホなおじさん役ではなく、ちょっと頑固な一家の主を演じている。その姿に少し自分の父親が重なる。

50年くらい前のお金持ちの作家のお宅。本に囲まれ総出で検印作業をしている様子が新鮮だった。
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

2.5

カジュアルに盗みをするブロンド。
さらりと人を銃で撃つブロンド。
美しく堂々としている。


映画でみるハミチンなんてはじめて。(※ぼかし入)

Everybody's Talking about Jamie~ジェイミー~(2021年製作の映画)

4.0

ドラァグクイーンになりたくて、勇気を出してプロムにドレスで行こうと決めたジェイミーだが、同級生から、父親から色んな壁が向けられる。
一方で親友や母親たち、先輩ドラァグ達に勇気づけられるジェイミー。
>>続きを読む

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

-

大ヒットしたというアニメ映画。
地上波で放送ということでみてみた。

鮮やかな色使いのアニメ。
僕には刃は刺さらなかったです。

後から思いつきました、ノーカット放送だけどCMでカットされまくり。

空白(2021年製作の映画)

4.5

スーパーの万引きから事故が起きる。
事故による死によりそれぞれの人物の生活に影響していく。娘の死にぶつけようのない怒りを抱く父も、長い苦しみを経て、心境が変化していく。

油絵をはじめるシーン、謝るシ
>>続きを読む

ZERO-焼きそばしかないキャバクラ(2018年製作の映画)

2.3

わくわく期待を抱きつつ入った店内はガラガラ、やるき満々のEDMと怪しく光るLED照明。
テーブルに置かれた焼きそばをみて笑ってしまった。でも、美味しいらしい。

男性同士が打ち解けあう様子が微笑ましか
>>続きを読む

シンデレラ(2021年製作の映画)

4.0

ストーリーはシンデレラなだけに想定の範囲内。舞踏会はドレスを着た人がたくさんで綺麗。

Gleeを思い出させる歌のシーンが良い。これに尽きる。
有名なポップ音楽がたくさん出てきて、こんな歌詞だったんだ
>>続きを読む

科捜研の女 -劇場版-(2021年製作の映画)

4.5

テレビドラマを観たことがなかったのだが、ストーリーや事件の証拠が解りやすく面白かった。ひらひらと何度も舞って出てくる京都の紅葉の景色が綺麗だった。
元夫や父親、元同僚など周りを巻き込みながら捜査をすす
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

4.0

岐阜の山奥に男二人と女の子、
地域と溶け込むけれども、予想通りの展開になる。

そんな事態を察した猟師のおじさんの、
自然に放っておいたらいい。
好きに生きたらいい。
の言葉に救われただろう。

そし
>>続きを読む

JJ+E(2021年製作の映画)

3.6

お金持ちのエリザベスと、そうじゃないJJ。

美しい街並みや水辺の風景。
素敵なお家とパーティー。
音楽も雰囲気もかっこよくて好き。
綺麗で平和な雰囲気の反面、格差、治安の悪さもあるとは。

もー。泥
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.9

好きになれるもの、それを分かちあえる仲間がいたら楽しく生きられるよね。

関西の人の仲間意識みたいの、うっとおしくもあり、楽しくていいなって思った。
永遠に続くものなんてないんだよね。

ドリームランド(2019年製作の映画)

3.6

逃亡している彼女をとるか、自分や家族をとるか、葛藤しながらも彼女を匿って逃げることを選ぶ主人公、最後は目的の地へ辿りついたのだろうか。

彼女との駆け引き、相手を信じるか、といったところに常にハラハラ
>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.3

アジア人男性が主人公のMARVEL映画。
主人公がアジア人なので日本人からしたら親近感あるし、踊るようなアクションシーンや竹林の奥の村が綺麗だった。
いつも観る作品よりも何故争い戦うのかが理解しやすか
>>続きを読む

トッツィーズ&フェイクスター(2019年製作の映画)

3.3

タイランドのコテコテのゲイコメデイ。
街角の元気なおばちゃんを偽物のスター女優に仕上げる。

印象的なシーンが時折スローモーション化される。
マツコみたいなあの人。
ヘリウムガスのくだりとか、何十年ぶ
>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

最低な父親だった。

なのに最後に会いにいってハグする。

自分をハグするっていいかも、

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

2.6

カラフルでポップなギャルが、澄ました顔していかつい男たちをバシバシ倒していくのが爽快。

信じられる人を見つけるのは大変だ。

玉子サンドたべたい。

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

2.5

うーん、すごい噴火や隕石や津波などあったけど、危機感をあまり感じられなかった。これでもか、という位に街が壊滅状態になる。
隕石を避けるまさかのドラテク😳
前半~中盤退屈で最後少し持ち直したかな。
イケ
>>続きを読む

君の心に刻んだ名前(2020年製作の映画)

3.0

とても仲の良いふたりだったのに、
大好きなひとに彼女が出来て、連むのやめようって、避けられるのは辛い。

何十年も経って、大人になってから本心を語る二人。
辛いまま終わるよりはいいけども、何か煮え切ら
>>続きを読む

祈りのもとで 脱同性愛運動がもたらしたもの(2021年製作の映画)

4.0

宗教や社会通念として、同性愛は罪と思われてたし、今も思われている。

自ら同性愛から異性愛に変わり、同じように他の同性愛者にも矯正させようとするアメリカの活動家が出てくる。
活動家たちは長年に渡ってし
>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.1

終始淡々とした映画。
広島、瀬戸内海?がのどかで綺麗だった。
長かったのだが、なぜかすごい退屈にはならない不思議。

愛し合っているけれど、淡々とした夫婦。あることから結果として終わりを迎える。
広島
>>続きを読む

ベケット(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

髭警官と女はなぜ追ってくるのか、、

謎が少し判りつつ、やっとの思いで大使館へ駆け込み寺~なのに、
もう、誰を信じたらいいかわからないよ。

最後は無事でよかった。

ドキドキの映画でした。

ギリシ
>>続きを読む

たみおのしあわせ(2007年製作の映画)

3.8

オダギリジョーダサかっこいい。
お父さんいい男だからモテるよね。
大竹しのぶの演技久しぶりにみるわ。
まだガラケーの時代。

小林薫、富士真奈美、いい出演者が出てるね。

息子の恋愛よりも、父や義理の
>>続きを読む

ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち(2018年製作の映画)

3.6

通信速度、光ファイバー、普段意識してないけど、こんな風にしてケーブルや配管を地下に通してるんだな。

ケーブルを通す工事の難しさ、と速度を上げる努力。
僕は興味あるからまあまあ面白かった。
興味ない人
>>続きを読む

>|