たかしさんの映画レビュー・感想・評価

たかし

たかし

2017年ベストテン

1.エル ELLE
2.パーティで女の子に話しかけるには
3.花筐 HANAGATAMI
4.ベイビー・ドライバー
5.バーフバリ 伝説誕生/王の凱旋
6.ドッグ・イート・ドッグ
7.ノクターナル・アニマルズ
8.レゴバットマン ザ・ムービー
9.お嬢さん
10.トッド・ソロンズの子犬物語

映画(19)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

それぞれの若者になりきる演技が、突き抜けたノリノリ具合によってマジックが起きている。ゲーム内の展開にそれほど意外性がなくても、4人を見ているだけでニヤけてくるシーンの連べ打ち。そして最後にはほろ苦く、>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

クライマックスのリメンバミーは確かに涙腺を刺激されるが、後から思い返すとそこに向けて集約されていくあまり、かなり記号的にキャラクターを操作している点が気になってきた。
死者の国のビジュアルはやっぱり素
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.5

計算され尽くしたであろう画面全体の構図がとにかく素晴らしくて、ロケーションも美しい。音使いの気持ち悪さと独特のアゲ感はいつも通り凄い。
グッタリするほどのイジメ描写とフレッシュなバイオレンスシーンが復
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

怪物・松岡茉優がとにかく素晴らしい。愛くるしくて可愛いけど、痛々しくてムカつく。絶妙の実在感とセリフ回しでグイグイ進行する、まさしく独壇場。
序盤想像力や妄想が生活を彩るが、その限界を容赦なく突きつけ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

主演二人の圧倒的なチャームさに尽きる。二人の絡みや鈍臭いアクションを見てるだけでも充分の楽しさ。画面全体のカラフルさやドラッギーな映像も良いし、ラストで唐突に愛を語ってくるあたりも可愛い。
リュック・
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

端正な画面のルックと役者の佇まい・演技に目を奪われる。
「真実を伝える」という思いの結集である新聞を刷るという一連シーンがスペクタクル的な高揚感であり、そこに宿る圧倒的な熱量に凄まじく感動する。
時代
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

途中度肝抜かれるほど長い観光シーンでも、ただ旅行してるだけに見せて、台詞の端々や彼らの選択の積み重ねをクライマックスに集約していく。だからこそラストでは起こった事実に対してストレートな感動が生まれた。>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

かなりベタベタとも言えるほどのラブストーリーで少し意外だったけど、美しい音楽に映像が素晴らしく、ラスト過去の心の傷を癒す愛情には感動した。
ただ怪物への愛をこれ以上なくストレートに偏った視点で見せるあ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

キルモンガーが復讐するに至る経緯と心理描写がとにかく細やかで見事。ビジュアルも含めて、最高に魅力的なヴィランになっていた。
ただ、実際乗り込んでからからの展開がやや性急に感じて盛り上がりに欠けるのが、
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

5.0

やりきれない不条理と恐怖が持続する40分の尋問シーンは圧巻!
今だにタイムリーである人種差別だけでなく、同調圧力など様々な軋轢が何層にも重なり、人間の弱さが容赦無く描かれる。これは全く他人事ではない
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

4.5

欲望・暴力・こちらの理解を超えた狂人。これこそが映画だと強く思う。
どこまでもエスカレートしていく狂気の世界にぶち込まれ、こちらの普段取り繕っている「良識」なんてものがぶち壊される快感にニヤケが止まら
>>続きを読む

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

2.5

トンデモ設定の雑な80年代アクションと思いきや、大半が会話劇で拍子抜け。しかもその会話シーンのおかげで話のテンポがもたつくので、退屈。
でもミシェルロドリゲスの肉体(ヌード)は素晴らしい。

マンハント(2018年製作の映画)

4.0

評判悪いけど、めちゃめちゃ面白かった!
確かに編集は雑だし、今何が起こっているのかが見ている最中分からないのでクラクラしてくるが、それすらも魅力的に感じる。
二丁拳銃に鳩といういつものジョン・ウーか
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

全く先の読めない展開と、役者陣の圧倒的な演技力で前半はグイグイ引き込まれた。
でも、人物の心情の変化があまりに単純すぎる気がする。
人の内面や感情は表側では何もわからないという点では、昨年の大傑作「エ
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

3.0

クライマックスできっちり因縁の相手を騙し、ラスト再出発でしめるという展開は王道で良かった。
だけど全体的に演出に起伏が無さすぎる為、少々ダレる。ラスト手前のドタバタも長過ぎるし、取って付けた感じがする
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.5

人間の愚かさを描くにしても、登場人物が記号的過ぎる。唯一、宇相吹のコントロール以外で行動する多田が追い込まれるクライマックスの場面こそが「愚かさ」を見せる所だと思ったんだけど、ツッコミきれていないと思>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

受刑者(他者)を受け入れる事を果たしてどこまでできるのかというタイムリー(移民問題然り)なメッセージを限りなくグレーに気持ちよい所には落とし込まず、とてもスリリングだった。

「それでも信じる」とい
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

結構楽しめた。

理屈がよく分からないとか、おかしな点もあるが、とにかく話運びが速くて常に何か起こっているので気にならなくなってくるという不思議。

世界各地での自然災害シーンは眼福だし、終盤のカーチ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

悪趣味な描写は良かったけど、とにかくアクションシーンが前作の焼き直しで退屈。
退場していったキャラの扱いもどうかと思う。(特にJBの代わりの犬を出して済ます展開は納得できない)

クライマックスでのエ
>>続きを読む