マージーさんの映画レビュー・感想・評価

マージー

マージー

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

3.8

シリーズを通して記憶を取り戻すって他の映画にはない要素。

カーチェイスは迫力あって良かった。

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

地味な生活をしている地味な男性。家に強盗が入ったのをきっかけに力が目を覚ます。

前半は自分も殴られながら荒っぽく戦いこれはこれで良いと思った。
後半になると打って変わって派手な銃撃戦。
ハッチのお父
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

剣心が人斬りだった頃の過去編。そして十時傷の秘密。

The Finalで剣心が巴を斬るシーンがあったからそれまでの過程を見る感覚になってしまったからBeginningの方が後の方が良かった気がする。
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

菅田将暉、Fukase、小栗旬の3人のトリプル主演って感じする。
清田は殺されてしまうけど清田の視点で物語が進む所もあるから小栗旬も主演で良いかと思う。小栗旬の存在感ありすぎた。中村獅童とのコンビも良
>>続きを読む

コンティニュー(2021年製作の映画)

4.0

タイムリープを繰り返し元妻と息子を救う話。

主人公のロイがそんなに強くないからクリアするまで繰り返す事でレベルが上がった様な気がしてゲームみたいで面白かった。

少し気になった部分が後になって回収さ
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.7

ホラー寄りのサスペンスと言って合ってるか分からないけどそんな感じ。

お母さんあざとい。笑

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

4.0

前作よりアクション多めで良い。
カーチェイスも迫力あり。

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

4.0

ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、トミー・リー・ジョーンズ。この3人は間違いない。
この映画に出てくる映画も気になった。

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.3

アクションは良いけど自分が殺されそうになった原因である男を好きになる感情が分からない。

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

浜辺美波の再現度が高いのと同時に今作で進化した感じする。
早乙女と鈴井の謎の歌唱シーンで冷めたが最後のギャンブルで少し取り戻せた。
だが、そのギャンブルも拳銃から弾は出ず誰も死なないと思ったからあまり
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.8

ドラマの時のオープニングを残してくれてるのが嬉しかった。

浜辺美波の再現度がやっぱりすごい。
早乙女と木渡の極悪コンビが好き。
福原遥も良かった。

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.5

葛飾北斎の情報は名前くらいだったが面白かった。

若い頃の葛飾北斎を演じた柳楽優弥の尖った感じが良かった。こういう役はかなり上手いと思う。
歳をとった葛飾北斎を演じた田中泯の存在感凄かった。

地獄の花園(2021年製作の映画)

4.0

まず、最近の映画は原作があるものが多い中、バカリズムがこんなぶっ飛んだ脚本を書いた事が嬉しい。

永野芽郁の可愛さに最近気付いて良かった。
喧嘩のぶっ飛び方がヤンキー漫画というよりアクション漫画だった
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.5

去年の3月を最後にコロナにより映画館に行ってなかったが今日から再開。

アクションが前作までよりも多くて見応えもあり最高。爆発音も最高。

やっぱり最後の剣心vs縁が熱かったなぁ。
左之助の不死身具合
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

4.0

オリラジ藤森が一番ひどい笑
最上もがが可愛い。
山田孝之の最後のセリフで明日の仕事に気合いが入った
ネットビジネスは怖い。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.8

タワーが燃やされる展開が早かったがそこからがスリル満点で緊張感があって面白かった。

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

4.0

出演者豪華。
柳楽優弥の頭のおかしさやばい。

お金の大事さに改めて気付く。
真面目にコツコツ働くのが一番。

ゴーストバスターズ2(1989年製作の映画)

3.5

何回捕まるんだよとつっこんでしまう。

自由の女神を動かす発想好き。

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

4.0

アメリカらしい映画。市民がゴーストパスターズを応するシーンなんかは特にそう感じる。コメディっぽくするのも日本にはなかなかないので1984年の映画にして新鮮。

ウォンテッド(2008年製作の映画)

4.0

アンジェリーナジョリーが主演だと思ったら違う話。

弾丸をカーブさせたり弾丸を弾丸で防いだり発想がすごい。

8 Mile(2002年製作の映画)

3.5

本場ならではのリアル感。
最後のバトルが圧巻だった。

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

4.0

前作を観てからかなり時間が経ってしまった。
だがヒット・ガールがかっこ良すぎるのは変わらない。

意外な現実感が好き。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

レオナルド・ディカプリオが若いとはいえさすがに16歳には見えない。笑
でも貫禄ありすぎ。笑

トム・ハンクスとの関係も素晴らしい。

トリプルX(2002年製作の映画)

3.5

とりあえずよく爆破してる印象。嫌いじゃない。
和訳で観たけどワイルドスピードの声優の人の方が良い。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

フィンランドで日本食のお店「かもめ食堂」営む話。

フィンランドという場所にびっくりしたけどキャストからも分かる通り超ゆるい話。それがまた良い。

ユー・ガット・サーブド(2004年製作の映画)

3.3

雨の中踊るシーンがかっこいい。
ストーリーの内容は面白くないがただただダンスがかっこいい。
特にブレイクダンスが良い。ヘッドスピンが速すぎてワロタ。

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

4.0

調子乗ってる人間が落ちていく姿ってなんで面白いんだろうか。

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!(2007年製作の映画)

3.5

パリへ旅行途中にビーンがきっかけで離れ離れになった子供を父親に会わせるドタバタ映画。

何かやるたびにやらかす。笑
期待しすぎたかなぁ。前作ほど笑わなかった。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦中にドイツ軍の暗号を解読する話。

国を救ったのに最後はなんだか悲しい。

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.8

作品を重ねるごとにイングリッシュがまともになってる気がするのが怖い。笑

VRのくだりが面白かった。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.5

巨大熊に襲われるシーンは衝撃的だった。
馬の臓器を出して毛皮の中で寒さを凌ぐのも衝撃的だった。

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.2

ジェイソン・ステイサムの登場によりまたも注目のスキンヘッド対決。

飛行機から車で降りるって発想がぶっ飛びすぎてて好き。

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

全体的にアクションが前作を超えてる。

レティが生きてた事でトレットとエレナはどうなるかと思ったら簡単に別れたやん笑

ジゼルが死んだのがショックだった。3のハンの事もなんとなく繋がってきた。

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.0

カーアクション以外のアクションも多くなってきて好き。
注目すべきはやはりスキンヘッド対決。

「俺は逃げねえ。」って言いながらも逃げてるの草

>|