show5さんの映画レビュー・感想・評価

show5

show5

映画(23)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

あまりハードルあげすぎず観るとよい。面白いかそうじゃないか、それでいいんじゃない?自分は面白かった。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.7

カタチってとても勝手で都合が良くて盲信してしまう。瞬間を重ねるだけじゃ安心できなくて“本当”にはなれないのかな。ウソと本当をいったりきたりしてさ、生きていくってなんなんだろう。信じるっていうことじゃな>>続きを読む

アイスと雨音(2017年製作の映画)

4.2

いい映画だったな。いい映画だって思う自分が青臭いなっていう恥ずかしさを差し引いても。
挑戦的で実験的で、それでいて本質や普遍に迫ろうと本気で。いい映画だった。
極めて個人的で一方的なことで映画とは関係
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.5

結局、その答えはここにもなくてさ、
自分でみつけるしかないんだよなあ。
それにしても役者さんて凄いよ。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

素直に観れると得るもの多い気がする。映画館で観るべき映画らしい映画。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.0

男と女で、見え方や捉え方がまったく違うんだろうなと思った。設定やエピソードは陳腐なんだけど踏み込みだ普遍もあって、痛々しくてリアルな言葉たちがグサッっとくる場面がいくつもあった。

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

4.5

『本当って何ですか?』

本当って何だろう。
自分の中に存在する君と
君の中に存在する自分と
みかんのように皮をむいて
並べてみたいと思った。
そんな映画でした。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.4

近いところで交錯しすぎやろ って突っ込み入れておくとして、後編も良かった。ひとはなぜ闘う?ひとはなぜ繋がろうとする?そんなことを思いながら、荒野の世界に没入。キャスティングが絶妙で、映画らしい映画、王>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.4

腕時計を一度も見ることがなかった。お互いに期待しない、それでいて補完できる関係って究極。凄い熱量の映画だな。素晴らしい。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

こじらせの悪循環が青春だとは思わないけど、不安や淋しさ、焦りの根源を上手に表現していた。あえてライトにみせて、実は結構な芯まで届いてた気がする。存在の不確かさこそが青春なんだと…

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.5

カットが短いのにあざとくなくて心情が立体的になる。かなり高度なセンスと手法。喪失と再生。って文字化すると陳腐だけど…。喪失、その多くは失うという行為を悲しむけど、喪失の意味とリアルが的確で、人との距離>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.2

役所広司スゴすぎ
放り投げるというより委ねるラスト
信じる 疑う
その理由は自分の内側にしかないのかな

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

とにかく映像が良かった。日常ってこんなもんだろう。何も起こらない。それでもいいじゃんと肯定されている感じ。前半、慣れるまで睡魔との闘い…

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.0

積み上げてきた、かき集めてきた“当たり前”はどうでもいいものばっかりだと決めつけてたけど、結構大事なものだったりして。舞台っぽいといえばそうだけど嫌いじゃない。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.7

女性視点というか感覚が演出や映像にも散見されていて、男性監督だとどうなったのかと考えてしまった。