shuさんの映画レビュー・感想・評価

shu

shu

映画(94)
ドラマ(0)

めまい(1958年製作の映画)

3.8

比較的展開が分かりやすい。
古くささもかえって良い。
サイケなエフェクト、偏執的な精神の異常、二転三転する展開。
終わり方の唐突さも含めて強烈な余韻が残る。

愛の小さな歴史 誰でもない恋人たちの風景vol.1(2019年製作の映画)

3.7

歪な愛。喪失。
きっとみんな少しずつ欠けていて、少しずつ異常で、けれどそれは案外ありふれたことだったりする。私にもあなたにもある歪さ。
主演の瀬戸かほの吸い込まれるような虚ろな表情が魅力。
言葉以上に
>>続きを読む

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

3.7

メンフィスの安ホテルを利用する三組の物語。
それぞれの物語は大げさに交わることもなく、一瞬掠めて過ぎ去って行く。
話の緩急のつけ方もまるで違う三つの物語だが、雰囲気を楽しみながらずっと観ていられる。
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.8

「巻き込まれても、どんな困難が来ても良いからずっと一緒に」
というタイプの愛もあるとは思うけれど、そっと幸せを願うような愛の形もまた美しい。
ニキータは、美しくなるのと人間らしくなるのが比例していて、
>>続きを読む

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.8

死に対する憧れと畏怖は幼さ故か?
自分の死も、他者の死も、先に好奇心が来る。
恐れを抱くのは、物理的に身の危険を感じた時にやっと。
ガラス製の巣箱。炎。
その揺らめきに目を奪われたら、その囁きに耳を傾
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.5

ジェダイとシスのフォース、ライトセーバー、それぞれの思惑。
そういった点に焦点が当たりやすいナンバリングタイトルに対し、特殊な力を持つわけでもない、人知れず歴史の闇に消えていった、知られざる英雄譚、と
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

3.6

行き場のない退屈、やり場のない孤独、居場所のない二人。
言語や文化の違いに振り回され、疲弊していた二人が異国の地で出会って、打ち解けるまでにそう時間はかからなかった。

挿入される音楽と、ボケ感のある
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

純粋にエンターテイメントとして楽しめる人、過剰に感じ入ってしまう人、様々いそう。

後にジョーカーとなるアーサーを、常識の通用しない狂気の男と見るのも、凄惨な過去を持つ悲劇の男と見るのも簡単だが、
>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

3.5

とても静かで、穏やかで、優しい春の温もりを感じる作品。

老人ホームの閉塞感と、死を待つ日々、という運命の残酷さ。
年老いて、ただでさえ生きるモチベーションを保てないところにこの環境は実際のところ相当
>>続きを読む

わさび(2016年製作の映画)

3.7

何かを諦めた、達観したような態度で上辺だけ取り繕いながら過ごす日々。
「人生詰んでんだよ」と、重い話をする時に変に明るく振舞ってしまう道化っぷりが、大袈裟に悲劇ぶるよりもよっぽど痛々しくてリアル。
>>続きを読む

なみぎわ(2018年製作の映画)

3.0

20分をワンカットで、それもiPhoneで撮るという意欲作。
もちろん画面のブレや微妙に感じる間の取り方もあったりするのだけど、どうしようもないような田舎町の閉塞感漂う日常を、まさしく誰かの視点で切り
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

3.0

トム・クルーズにしては珍しい、冷徹で無関心な殺し屋という役柄の渋さと、ジェイミー・フォックスが「適応」した瞬間のかっこよさ、それに尽きる映画。
クライマックスのオチのつけ方は伏線回収で良いものの、映画
>>続きを読む

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -(2019年製作の映画)

4.8

感動の演出のために登場人物を悲惨な目に合わせることも極端に落とすこともせず、ただそれぞれの成長や変化を丁寧に描くことで、これだけ感動できるのかとため息。
最高のデトックス映画。
アニメ本編未視聴でも問
>>続きを読む

劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年製作の映画)

3.5

仲間たちと共に大切な人を守る(取り戻す)という展開自体はど王道だしアニメからの繰り返しの手法ではあるけれど、劇場版らしい盛り上げ方ですんなり楽しめる。
拡張現実が孕む問題点なんかは少し先の未来に本当に
>>続きを読む

パーマネント・バケーション(1980年製作の映画)

3.5

屈折した自我と、若者特有の痛々しいくらいの青さ。
それでも当の本人にとってはそれは切実な問題で、時代背景も重なりより一層陰鬱な雰囲気を孕んでいる。
ナルシシズムな自己嫌悪という感じ。
それを中二病、み
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.5

エル・ファニングが天使。
実に優雅で色鮮やかな日々。
映像が美しくて目に美味しい。
観てるこっちも、お酒でも飲みながら観ると気持ち良さそう。
多忙なスケジュールと、キラキラしたオフの時間。
超有名俳優
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

圧倒的な孤独。
他人と見える景色が違う、才能がある故の理解されなさ。
大切なこと一つまともに伝えられない距離。

一方で、才能溢れる美しい二男に見放された家族たち。
嫉妬、畏怖の念、薄気味悪さ。自分の
>>続きを読む

害虫(2002年製作の映画)

3.5

虚ろな目をした宮崎あおいの危うさ。
垢抜けきってない、お人好しな蒼井優との対比。
納得できる説明や理由のないままに転がり続ける物語は、10代のやり場のない空虚によく似ている。
暴力的に挿入されるNUN
>>続きを読む

ビリティス(1977年製作の映画)

3.2

ソフトフォーカスの美しい映像。
少女たちの儚さ。
未熟ゆえの倒錯した愛。
映像的な過激さも気にならないくらい、最後の涙が尊い。
「男の本性を知ってしまったわ」というセリフは背伸びをしている少女の未熟さ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.5

まず、SF映画として完成度が高かった。
エンターテイメント性を持ちつつ、圧倒的な映像美。
誰かも言っていたが、タルコフスキーを彷彿とさせるカットも多々あり。
また、前作の謎に触れたり、逆に前作を根底か
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.8

昔観た時も良い映画だとは思ったが、それは雰囲気が好みだったから。
映画としての出来、物語の面白さ、みたいなところはいまひとつだと思っていた。
今回改めて観てみて、感情を持ったレプリカントの悲哀、自分の
>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

4.0

久々の鑑賞。
今回は印象的な台詞をメモしながら観よう、としたら書き残したい台詞のオンパレード。
全編を通して詩的で静謐で美しい。
ブルーノ・ガンツの表情が凄く良い。
亡くなってしまったのが惜しまれる。
>>続きを読む

ワイルド・ラブ(2018年製作の映画)

2.1

ポップな話を想像していたらなかなかのホラー。
皮肉が効いているが、話としてあまり面白みを感じられなかった。

青い犬(2018年製作の映画)

3.2

青の神聖さをとことんまで追求した作品。
色彩の美しさは言うまでもないが、構図が一々素晴らしい。
父のなんとも言えない微笑の、救済感。
解放の物語なのだと思った。

一人の男、私の息子(2017年製作の映画)

3.4

父と息子。
多くは語られないが、恐らくは酒癖の悪さ故に家族に逃げられた父と、ドラァグクイーンとして夜の世界に飛び込んだ息子。
容姿も住む世界も、何から何まで違うような二人だが、映像技師という共通の職に
>>続きを読む

野獣(2018年製作の映画)

3.3

幼さゆえの無謀さと、取り返しのつかなさ。
その最悪の結末がここにある。
やんちゃな悪ガキ二人の、いるよな感と、緊迫した演技、そして絶望の表情が説得力をもたらしていた。後味は最悪で、俯瞰の映像の美しさが
>>続きを読む

小さな手(2017年製作の映画)

3.3

生きるため、追い込まれて誘拐に手を染めた男。
きっとどこにでもいる普通の感覚の持ち主で、それ故に誘拐した子どもの無垢な瞳と優しさに心が揺さぶられたのだろう。
と書くのは簡単だが、男と子どもの表情が秀逸
>>続きを読む

7つめの大陸(2018年製作の映画)

2.8

ミステリ風味のサイケ映画、というのがこの映画の肝だと思っている。
最後に真実に辿りつくけれど、正直取って付けたような突拍子のなさ。
短さゆえ、展開が急だからというのもあるけれど。
しかし理にかなった謎
>>続きを読む

花々(2018年製作の映画)

3.4

母親の痛々しさが真に迫っていてそれだけに不快だった(褒め言葉)。
夫を亡くし精神の均衡を崩した母。
子供らしい純真さと聡明さを持ちながら、平静を欠いている母親に対して反発する息子。
諦めたように扉を開
>>続きを読む

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」(2019年製作の映画)

3.4

ハリウッド映画か? というくらいアクションに振り切っていた前作の映画よりも「らしさ」を感じられてよかった。
結局そういうオチか……という終わり方ではあったけれど、スピンオフ的要素も強い以上そこは仕方な
>>続きを読む

私たちの愛は誰にも負けない(2018年製作の映画)

3.6

愛に大人も子どもも関係ない。
それなのに、子どもには超えられない壁が立ちはだかる。
大人の事情に抗うこともできずに。
「引っ越し」という事情は、愛し合う少年少女が直面し得る日常の壁の中で最も硬く厚く高
>>続きを読む

コレクション(2018年製作の映画)

4.2

短い尺、少ない台詞、最小限の情報量でこれだけ深い余韻を味わうことができるとは。
役者の表情と間が絶妙。
古めかしいエレベーターや軋む床、ベルの音、美術品の目録など、小物や舞台装置が活きている。
物語と
>>続きを読む

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

3.4

死とは、眠りとは。
救いか否か。

短い作品だが、時間以上の濃さがある。
色彩が豊か。

束の間の夢は、確かに幸せだったのかもしれない。

夜明け(2018年製作の映画)

3.0

徐々に追い詰められていく三人の表情は臨場感があり、大騒ぎするよりもかえって状況の悪さが伝わった。
展開やオチに意外性はなく、最後は少し呆気ない。後味の悪さは狙い通りだろうけど。
序盤の、夕暮れの海をバ
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

大きなドラマのないまま淡々と進んでいく物語、その中で人々の心の機微を描くような作品は基本的に好きだが、本作はその中でもとりわけ温かい気持ちにさせてくれる。
平凡な日常、では決してないし登場人物はみんな
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

残された者と死んだ者の、それぞれの想いが徐々に明らかになる感動の物語、なのかなあと想像していたら全力で裏切られた。
構図がシュールで美しく、長回しのカットの静けさは絵画を観るような趣きがあったが、それ
>>続きを読む

>|