sherryさんの映画レビュー・感想・評価

sherry

sherry

10代→【ハリウッド、大作系】、20代前半→【ヨーロッパ、ドグマ95等】、現在→【迷走中、とりあえず雑食】

映画(161)
ドラマ(13)

バイス(2018年製作の映画)

-

マネーショートもそうだけど取っつきにくい話をテンポ良く軽妙に描く手法はすごい好きなんだけど、、まさかの寝落ちたから絶対もう1回見る。これはかなり面白いと思う。

FYRE: 夢に終わった史上最高のパーティー(2019年製作の映画)

3.7

超ラグジュアリーな音楽フェスをバハマの私有島でやる企画で、トップモデルを何人も使った効果的なPRでめちゃくちゃバズったまでは良いけど、実態は詐欺と虚言まみれの若手起業家を追った良質ドキュメンタリー。当>>続きを読む

パーフェクト・デート(2019年製作の映画)

2.7

ありきたりな可愛いティーン向けロマンス。お金稼ぎのために自分でアプリ作っちゃうという設定は現代的で面白い。流し見にちょうど良い。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.1

解釈が別れるラストだけど、愛なのか憎しみなのか、なんてそんな単純な話じゃないように感じる。でも復讐ではないんだろうなあ。3つのストーリーラインがどれも本当に興味深い。
ジェイクの作品選びが最高説。良作
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

5.0

もう完全なるティモシーマジック!!!全てが美しすぎる。こんな俳優この先、一生出ない気がする。最高。もちろんストーリー自体も素晴らくて、自分を見失って彷徨ったことある人や、親と衝突して悩んだ経験ある人は>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

・人種も性別もフラットな描き方最高
・ワカンダが途上国ぶってる設定が面白すぎる
・近未来的ハイテク技術×伝統的アフリカ文化の混在感が絶妙
・行動に根拠がある敵役のキャラ設定が素晴らしい

MCUシリー
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.8

アベンジャーズの原点を描いてるから内容が比較的シンプルで分かりやすい。ミーハーにはありがたい作り。ブリー・ラーソンがどうしてもヒーローってイメージ湧かなかったけど、愛嬌あってタフで芯が強いキャラがハマ>>続きを読む

たちあがる女(2018年製作の映画)

4.0

とてもユニークなアイスランド映画!
これは面白い。北欧好き以外も楽しめる要素がたくさん!!

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

素晴らしい会話劇。笑いのセンスが秀逸。
お互いが相手から学びあえる関係性って素敵。最高なコンビだな〜

パピヨン(2017年製作の映画)

4.0

ただの脱獄映画じゃないところが良い。強い絆で繋がった2人の友情が本当に素敵。73年のオリジナル版も見たいし原作も読みたい!チャリーハナム&ラミマレック素晴らしい!

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

2.5

期待したほどじゃなかったな〜
上映中めちゃくちゃイビキ聞こえてきたし私も必死に睡魔と戦ってた〜、、集中してみれば面白いのかとも思うけど、まあ睡魔に負けたのが現実なのでそういうことかと。

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

3.8

試写会@ノルウェー大使館

本当にその場にいるかのような緊張感。全編ワンカットのおかげで今まで体験したことないような臨場感を味わえる。

映画としては同じ事件を描いたネトフリの「July 22」の方が
>>続きを読む

雪の華(2018年製作の映画)

2.0

ドラマチックな展開を求めすぎてるよ〜中途半端に現実味なくて突っ込みどころ満載になってしまった感否めない。フィンランドの綺麗な街並みをバックに中条あやみのパーフェクトフェイスを拝むための作品。

試写終
>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.0

友達が製作に携わっていたので鑑賞。日本の青春映画は初めて観たのだけど、歳下ボーイズかわいかった〜中学時代にこんな日々もあったな〜と思い出させてくれた。みんなキラキラしてて良かったです。

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

5.0

これは本当に凄いなー。ネトフリ入ってない人このためだけに加入してほしい。
新しい映画体験。3回見たけどまだ辿り着けてないエンディングがあるので、まだもう少し見ていかないと。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.5

全編モノクロの素晴らしい映像美が楽しめる!!こんな綺麗な白黒映像見たことない。

トゥルー・ストーリー(2015年製作の映画)

2.5

ふざけたのばっか撮ってるとシリアスなのもやりたくなるのかな。コメディー色の強いジョナヒルとジェームズフランコ主演のサスペンスドラマ。しっかり真面目なの撮れてました。良いコンビですね。
ただストーリーが
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.3

コンビニで外国人店員に悪態つくおっさんとか本当こういう映画見ろって思う。まあ難民と出稼ぎじゃ話は全然違うけど、でも先進国の人たちって大事なこと忘れてるよね。お金はあっても心が貧しい人多い。キャリーみた>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

5.0

「I like to feel his eyes on me when I look away」

1番好きな恋愛映画。ずっと昔にまだ英語も分からない頃に見たけどこの台詞だけはずっと覚えてた。とにかく
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.0

偽物の母親からの本物の愛情。それで幸せならそれで良いじゃんとか思っちゃうから善悪って難しい。愛情を知らずに育った人間は自分自身も含めて人を愛することなんてできるわけないよ、すごく分かる。主人公の葛藤が>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

2.5

誰にも親切じゃない設定、、登場人物多い上に個々の描写浅すぎてみんなの関係性掴むの無理だし動機とかもよく分からない。ニコラスフラメルとかナギニとか原作ファンが喜びそうな名前出しときゃいいかみたいな無駄な>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

・父親のネットスキル高すぎだし、フェイスタイム使いすぎだし、娘のパスワード分かるの早すぎだけどまあシリコンバレーが舞台だからオールオッケーか。
・悪ぶった男の子のアリバイがジャスティンビーバーのコンサ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.7

再生のための破壊。すごく分かる気がする。無機質で刺激のないストレスフルな社会にただただ生きているだけだったら感情も麻痺るし好奇心のない退屈な人間になるのも無理ない。物理的にモノを破壊しまくることで取り>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

お洒落な大人ファンタジー。学生時代の自分には全く響かなかったけど、久しぶりに見直したら今はとても楽しめる世界観。

偉大な文化人たちとのパーティーシーンはテンションあがる。アートや文学が少しでも好きな
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

最高最高最高

ライブシーンの完コピ具合が凄い。再現レベル高すぎて素晴らしい迫力!!

アマンダ・ノックス(2016年製作の映画)

2.8

2007年にイタリア中部ペルージャで起きたイギリス人学生殺害事件は世界中で注目された事件だったらしいけど始めて知った。この事件で容疑者として逮捕されたアマンダノックスを取り上げたドキュメンタリー。>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.0

主人公キャリーに共感できるかできないかでだいぶ評価の分かれる作品だと思う。感情移入できるシーン多くて個人的には面白かった。出会う男が全員高学歴イケメンってさすがにありえないだろって思ったけど、まあ類友>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.0

毎朝違う人間の体で起きる「A」に恋しちゃう高校生リアノンの不思議なラブストーリー。夜中にサクッと見るのにちょうど良い。
内面に惹かれるってこういうこと。素敵だと思う。純粋にお互いの心に惹かれ合っていた
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

4.5

エイミーワインハウスの半生を描いたドキュメンタリー。ファンってこと抜きに見ても最高によく出来た作品だと思う。エンディングのヴァレリーで泣ける。
「有名になるのが怖い、有名になったら耐えられない」って生
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.0

究極のシンプルライフを目指そうとする男のドキュメンタリー。アイディア負け感あってもったいないけど、私の知ってるミニマリストとか断捨離っていう考えとは違くて面白かった。

最初部屋中のモノを全部わざわざ
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.2

試写会@ GAGA本社

トランプ政権誕生の背景を軸に色々な問題をざっくり雑にまとめた感じ。繰り返し流れたニュース映像や拡散されまくったバイラルビデオが多用されてて新鮮味ゼロだったのは残念。

せっか
>>続きを読む