shunieさんの映画レビュー・感想・評価

shunie

shunie

暇さえあれば映画を観たい。

映画(1318)
ドラマ(17)

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.0

なんだかなー。ハリウッド版の本家と舞台が変わらない時点でこれを日本用に作る意味はあったのか!?

季節の変わり目を感じさせないという意味ではハワイにするしかなかったということが後からわかったが、尚更他
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.6

日本の映画も最近侮れないな。なかなかよい演出の連続でした。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

やすっちい感じの映画だけど、台詞やギャグ、設定、色々納得いくところもあって下手な数々の実写化より結構良かったと思う。

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.3

ジェームスキャメロンは色んなジャンルの監督やるねー。

マンガみたいな、映画だった。あ、元々マンガか。

しかもまさか完結してないとは…。

あれ、エドワードノートンいた?

彼は続編に出ない俳優って
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

くんちゃんの雰囲気がかわいかったなぁ。

設定がオモシロそうだったが、展開がイマイチ。間延びして長ったらしいシーンも気になった。

家族っていいなーは伝わった。

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

2.0

正直あまり面白くないよね。

ブレイキングバッドの主人公のおじさん、アベンジャーズのスカーレットウィッチの俳優が出てきたことは見応えがあって、スカーレットウィッチさんに関しては演技がうめえーなぁ。
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.7

結構ちゃんとポケモンの世界だった。


原作のゲームはわからないけど、ラストは意外な結末。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.8

見事な集大成でした。

アメコミを少し知ってる人なら余計に原作のアレやコレを全部詰め込んでるところも興奮ポイントだと思う。

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

冒頭のジャスティスリーグぽいオープニングがない!!

え!?まさかこれ単体だけの作品?の少しがっかりからはじまったシャザムだが、ツッコミどころの展開は満載ながらもヒーローになってからの話は結構楽しめた
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.3

意外に観れる。ジョジョの原作の世界に引っ張られすぎて無いのは好感は持てた。

配役も意外に悪くない。街の風景は違和感ありあり。変なとこにお金つかちゃったねー。

山田孝之はキラークイーンじゃなかったん
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.5

前回のただただ長ったるい騎士王よりも全然良い。

わっかりやすい冒頭の物語の説明。
そうだ、これ子供向け映画だったんだと、前回の騎士王で思ったことを思い出す。


しかしこれ1本でも、他のシリーズを見
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.7

冒頭の粋なオープニングとthank youで号泣。

話はMCUの中の1つとしてなので、少々難解。

辻褄合わせの駆け足感と、スベったようなわかりやすい落としどこのギャグがあまりハマってなくて少々残念
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

いい映画やった。

2人の友情が尊い。

彼らの出演過去作と今作のキャラのギャップが個人的に余計に心を打った。

無駄なシーンがなく、全体的な流れがいい。

なんだかいちいち涙がでた。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.3

なんやこれ。

最初の設定は掴みがかなり良かったが進むにつれなんともまぁよくわからないカルトな展開に。

内容もだんだんと目的とゴールがちぐはくになるところが何とも消化不良な気持ちになる。

ガンモと
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.5

初めて観た海のSF映画。1本の作品で2まで観たような大ボリューム感。作り手側は余計なドラマを省き、飽きそうなときに続くアクションの連発はお見事であった。

こんな映画が観れる時代なんて昔だったらカルト
>>続きを読む

ビデオゲーム THE MOVIE(2014年製作の映画)

3.8

ゲームの誕生からesportsに進化した現代まで歴史がわかる映画。

個人的にはソフトまで掘り下げて欲しかったが、主にゲームそのものにフォーカスした内容。

コンソールも少し偏り気味で、ボリューム感も
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

ちょいと話がわからなかった。観た後に補完しないとついていけなかった…。

動物と戯れるシーンは幾分か楽しかった。

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

4.8

あらすじを見た時点では全然期待が持てなかった。

またいつもの新たなMSを暴走系かと、、だがしかし、これは宇宙世紀にはまり込んでる人間ほどハマる作品になってる。

単なるユニコーンの続編ではない。
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

1.5

アニメが好きでずっと気になっていた。

あまり期待していなかったが、割と下手に見てもひどい。

ストーリーの見どころもどこかわからない。

この映画でアニメ声優の秀逸さを改めて認識。

唯一俳優陣たち
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

冒頭の70年代のたまらんポップな雰囲気のはじまりから、挫折のシーンがあり、それもラスト20分のための映画。涙腺が弱むところも結構あった。

終盤は本人が憑依したような、圧巻の演技だった。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

3.8

ルウム戦役をとても軍事的視点で観れる点は見所はある。昔のアニメ版から見ていた、あの軍人やこの軍人の配属や配置など、こういう流れになっていたのか、など昔からガンダムのキャラを知る人々にとっては面白い作品>>続きを読む

ビーグル犬 シャイロ(1997年製作の映画)

3.5

懐かしい!ビーグル犬を飼った時期に見た、過去の記録。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

映画って最初の掴みが大事だと思うのだが、ヴェノムになるまでひたすら長く感じてしまった。サム・ライミ版スパイダーマンのあれだ。

また、トム・ハーディ以外魅力の無いキャラ、すぐに男を乗り換える彼女、大口
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

インフィニティのどの辺に当てはまるんだろうと、見ていた。その辺のパンチと興奮はなんだか弱かった。

しかし冒頭の掴みや、ワクワクはさすがマーベルの天才的演出が今作も際立った。

登場人物が前作同様良か
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

今年1番観たくてやっと観れた作品。

終盤は綺麗にうまく運びすぎな違和感はあるが、とても良い話。

注目すべきはじつは男の子だけの視点の話ではない事。

ファミリー、友達がみんなあったかくてほっこりし
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

これは完全にルーカスチックなスターウォーズではなく、ディズニーチックなスターウォーズである。

目まぐるしく変わる展開に話はちんぷんかんぷんしがちだが、アクションと迫力で押し切った感じ。

ヒロインが
>>続きを読む

グリース(1978年製作の映画)

3.5

この時代の青春グラフィティ的要素は突っ込みどころはあるが微笑ましく見れるのがこのクラシック映画。

こんなにもセクシーに踊れる男性いたのか、というくらい終始ジョントラボルタに魅了されるものがあった。
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

4.0

細かい人形の動きと随所に見せるギャグも良かった。

石器時代にサッカー。

発想も話もぶっ飛んでいたが、結構楽しめた。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.5

ピーターラビットは、昔持ってた食器の絵柄やCMぐらいでしか知らなかったが、こんなにたくさん人間が出てくる世界とは知らなかった。

うさぎのCGがなんともかわいい。内容はそっちのけ。

Brad's Status(原題)(2017年製作の映画)

3.8

中々ベンスティラー好きにはあるある感の作品。

モノローグ、妄想やゾーンアウトしがちなところがいかにもベンスティラーのキャラがマッチしている。

コメディでは決してないヒューマンドラマ。ド派手なアクシ
>>続きを読む

夢駆ける馬ドリーマー(2005年製作の映画)

3.5

最近映画を観ても、競馬関連笑
実在する名馬、マライアズストームをモデルにしたお話。予後不良と診断されながらも奇跡の復活を目指す。

全体的にお話は突っ込みどころ満載だけど、ダコタの大人びた凛とした演技
>>続きを読む

セクレタリアト/奇跡のサラブレッド(2010年製作の映画)

4.0

まーなんたってダイアン・レインがとてもお綺麗な熟女。

ディズニー配給の競馬映画とはこれまた珍しいが、さすがに映像もドラマも、ディズニーらしく、綺麗にまとまっていた。

伝説的名馬セクレタリアトの話と
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

1と変わらない、いつもの視聴者に語りかけるところや、回りくどい言い回しのデッドプールらしい独特の雰囲気が、特段2にもなると、めずらしいものではなかったが、随所に見せる工夫が抜群に僕の心を震わせるものが>>続きを読む

キャプテン・アメリカ/帝国の野望(1990年製作の映画)

3.0

過去の記録。

アメコミにハマってた頃にアメリカでブルーレイで買ってしまった作品。

今のMCUと比べちゃ、ダメよ、ダメダメ。

そして舞台はロサンゼルスだった記憶あり。

>|