しゅんかみさんの映画レビュー・感想・評価

しゅんかみ

しゅんかみ

気に入るとすぐ☆5をつけるインフレ野郎。
生涯ベストは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ。
アンディ・サーキスがパフォーマンスキャプチャーしてる系の映画は大抵大好き。

映画(391)
ドラマ(1)

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

エミネムの曲最高ですね。
映画はヴェノムが可愛いけどそれなりな映画だったかな。もっとヴェノムとエディが仲良くなるエピソード欲しくないですか?それでこそクライマックスが盛り上がった気がする。

search/サーチ(2018年製作の映画)

5.0

これは傑作でしょ。唯一心配なのがあと10年くらいしたら何が起こっているのかとか、何が画期的なのかがイマイチわからなくなりそうなところ。限りなくリアルタイムな今観ないといけない映画。

パソコンの画面内
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.8

予告を観て、「黒木華と多部ちゃんがお茶を点てるだけの映画??観なきゃ!」となり、奥さんと観に行きました。奇しくもお茶の先生役で出演していた樹木希林さんが亡くなった直後に公開されてましたね。

これは面
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.1

映画観て、全てのものに意味やつながりを見出しすぎるの良くないな〜と『パターソン』を観た時も思ったんだけど、まさにそこがテーマみたいな映画。
アンドリュー・ガーフィールドの走り方になんか爆笑してしまいま
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

4.5

ストーリーはかったるく感じるけど、何より撮影監督出身の監督だけあって、映像の美麗さがハンパない。
終盤の殺陣のシーンでの岡田君、そして西島秀俊、あそこだけで結構好きですね。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.8

口コミを聞かなければ観に行かなかったであろうアニメ映画。

オープニングから、設定やビジュアルからは想像していなかったハードなストーリーが展開されていて、まずそれにやられました。
なぜおっこちゃんが「
>>続きを読む

ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(2018年製作の映画)

4.4

あまり観るつもりはなかったんですが、TBSラジオ『アフター6ジャンクション』の西寺郷太さんによる特集を聴いて興味を持ったので見に行きました。
ホイットニー・ヒューストンに関しては、『ボディ・ガード』す
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.9

シリーズとしては1作目の『プレデター』を一回観た程度なので、時間あるし観るか〜程度の態度で臨みましたが、なんやこれ、めちゃくちゃ面白いやんけ。となりました。
主人公と共にプレデターと闘うことになるはみ
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.3

ハリウッドが作った、アジア人のみのしか出てこない映画、というエポックな触れ込みで公開されてたと思いますが、内容はゴリゴリのアメリカコメディだったのが良くも悪くも、という感じ。ストーリーとしては普遍的な>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.5

なかなかホロリとさせられる映画。
クライマックスの舞台がハリケーンの中だったのはフレッシュだった。
マッコールさんが敵の家に乗り込んでおちゃらけるのがめっちゃ怖くて笑いました。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.6

音を出してはいけないという設定だけの出オチ映画なんじゃないかとナメてたら、そこから豊富な見せ場のアイディアが用意されてて最後まで楽しめました。

補聴器って、使ってる人が近くにいるとたまにキーーーンっ
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

5.0

思えばクリード1作目も、観る映画を間違えたかと思うオープニングシーンで一気に引き込まれたけど、この続編もしっかりオープニングからやられました。
この映画は『クリード』であると同時に、『ドラゴ』でもある
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.9

世界一高いビルの設定も、義足の設定も、意味があるといえばあるしないといえばあまりない。
ダイ・ハードっぽいところもあったけど、まさかの『燃えよドラゴン』化するのもよかった。

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.8

『タクシー運転手』の続編のような韓国近代史もの。
あまりに凄惨な、あまりに理不尽な事態ばかり起こるんだけど、最後の最後に映るあの光景の壮大さというか崇高さに胸を熱くせざるを得ない。

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

5.0

あまり映画のイメージがないレバノンの映画ですが、渋くて超素晴らしい映画でした。
超嫌な奴!と思ってたおっさんが、中盤に見せたある行動によって、「ああ、この人ともひょっとしたらわかりあえたのかも…」と思
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

プーさんが労働者の権利を得るために大立ち回りする映画。プーさん達はかわいい。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

無邪気な映画ではあると思うけど、どうせならR指定にして、サメが人食いまくり、血出まくり、食いちぎられまくりな感じにして、最後はステイサムがサメの口の中に飛び込んで、体の中から食い破るみたいなのが観たか>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.9

俺の中で『椿三十郎』によって突発的黒澤明ブームが来たので、とりあえず観たくても踏み出せなかったこの『天国と地獄』も観ることに。

これもサスペンスとしてめちゃくちゃ面白い。特に前半、実際に新幹線で撮っ
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

5.0

はい、アトロクで春日太一さんの話を聞いてこれを観ずにいられる人はいるんでしょうか。
むちゃくちゃ面白かったです。今年映画館以外で観た映画の中ではベストです。いや黒澤明だから当たり前か。
『七人の侍』を
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.2

東出くんの二役が不気味で最高。人を好きになるという事の不思議さを感じられる映画でした。
tofubeatsの主題歌も良き。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

5.0

これは凄い映画でした。これから親になる男性にこそオススメしたい。
特に前半の「子育て辛すぎモンタージュシーン」がもう本当に勘弁してくれってなるし、イモータンジョーを思い出さずにいられないシャーリーズ・
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.4

安定のアントマン。コメディとアクションのバランスがちょうど良い。当然『アベンジャーズIW』と繋がるんだけど、『エンドゲーム』予告を観た今だとまた見方が変わりそう。

検察側の罪人(2018年製作の映画)

4.0

キムタクがこの役を演じてるのはなかなかセンセーショナルで良い。特にキムタクがある一線を超えてしまう山中のシーンとかすごかった。
ホテルが明らかにアパホテルなのとかも笑いました。

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

5.0

雪の中にある鮮血と、それを見下ろすジェレミー・レナーのキービジュアル一発で見るしかない映画と確信し、見てみたら無類に面白い映画だったという幸せな体験。映画は全く幸せではないけども。
後半のある場面転換
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.4

メットガラを舞台にこのメンバーでオーシャンズ、という企画だけでもう勝ちですわ。それでいてあまり観てて派手派手にならないのもオーシャンズシリーズっぽくて良い。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.9

トムがバイクでパリを走り回り、自分の足でロンドンを走り回り、さらにヘリコプターで飛び回る。これはイーサン・ハントの映画なのかトムの映画なのか。観ていてこんな気分になるのは初めてかもしれん。
しかし俺が
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

2018年最大の話題作と言っていいであろう映画。観ればこれが流行るのも納得。
たしかに面白いとは思うんだけど、そこまでの熱量で推すかと言われればそうでもないのは、かなり流行ってから観に行ってしまったか
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

5.0

何かを好きである事そのものを全て肯定してくれる、小さな映画なのに愛おしくて忘れられない映画。
劇中劇である「ブリグズビー・ベア」をマジで全部観たくなる。

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.4

スティーブ・カレルが一番のクソ野郎なのかと思いきや、なかなか複雑なクソ野郎だったのが良かった。
エマ・ストーンは本当にいい女優だな。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

5.0

思い返せば思い返すほどラストが素晴らしい。あのラストをこういうブロックバスター映画でやってしまえるのはすごい。「ああ…こうなるしかないか…」という妙な納得感というか絶望感というか。
このラストを観た後
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.3

前作よりもスケールアップしたストーリーとギャグ。とはいえ、観て半年たった今あんまり印象に残ってないんだけど、デッドプールはこんくらいでいいんじゃないでしょうか。
あのカメオ出演は一瞬すぎてわかりにくい
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.6

オープニングの歌からの爺さん惨殺で爆笑してた。
ウサギたちと血みどろの戦いを演じるドーナル・グリーソンも最高。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

奇しくも『万引き家族』と同じ日に観たんだけど、かなり似たところのある映画だった。主役の女の子、ブルックリン・プリンスちゃんがマジで天才。
ラストのラスト、一気に現実が飛躍して文字通りおとぎ話のような展
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

巨獣大乱闘(※巨獣にはロック様を含む)と言う邦題が正しいとしか言いようがない愉快な映画でした。
元ネタがゲームとは知らずに観てたけど、プレイ動画を見たらかなり忠実で笑った。

>|