Shuさんの映画レビュー・感想・評価

Shu

Shu

映画(413)
ドラマ(0)

プレステージ(2006年製作の映画)

4.2

クリスノーラン逸脱してるなー
視聴者をみるみるノーランワールドへ引き込んでく。会話の微かな違和感や妙な描写を逃さず観てると最終的に破壊力ある結末へ導かれる、
情報やレビュー閲覧禁止映画ですね!
一番好
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.0

タランティーノデビュー作。
クールな男数人が囲んでライクアヴァージンについて茶々入れながら語るその中にタランティーノ!誰かわからなかった笑
デビュー作から炸裂してたな〜バイオレンスとポップな70s音楽
>>続きを読む

2001年宇宙の旅 新世紀特別版(1968年製作の映画)

4.3

50年以上前の映画で2001年の宇宙技術を想像してキューブリック節が効いた作品。
キューブリックの創造力発想力が先を行き過ぎてついていけない!
こんなことがあるだろうか!
当時映画館で見た人々は何を思
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.2

ボストンマラソンの実話。
マークウォールバーグの演技迫真だった
実際の映像かというくらいリアルに制作されてて緊迫感が続いてこっちもドキドキしたレベルのリアルさ。あのマラソンのテロは知ってたけど、ここま
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

事実に基づくストーリー。
自然の厳しい環境の中、人間の醜い部分を抑えられなかった事件なんだな
新人FBIの楽観的な考えからこの厳しい世界を経験して強くなっていく感じがいいね。
辛いとこ、苦しさを超えて
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.1

初っ端から飛ばすカメラワークとアクション。
紳士的な正装とアクションとかカッコよすぎる。
実際にロンドンのスーツ仕立て屋にも行って見てきました〜

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

愛の形は人それぞれ。
差別意識や偏見を見直すには良い作品だと思う。
パリ行きのバスで見たチョコレートドーナツ笑

トップガン(1986年製作の映画)

3.8

自分の父親達が憧れた理想の像
あの時代の男達のギラギラ感がたまらなくカッコイイ。テンポも良くトムクルーズがとにかくイケてる。

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

遥か昔にアニメを見てからずっと見てなくて
鑑賞。A whole new world 流れた時が鳥肌だ。
世界観も忠実に再現されて楽しめた。
ディズニーらしいポップな感じも良くて万人ウケする作品だと思う
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.6

ビートルズを知らない世界に変わってしまう話。
テンポ良いい。もしもの世界のリアリティさがあって楽しめたしよかった。
ただもうちょいビートルズの曲たちを楽しむ時間は欲しかったな〜

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

好みの映画。

大好きな映画ダークナイトであれだけの演技を見せたジョーカーに代わってホアキンフェニックスのジョーカーもまた異質な悪のカリスマを演じてた。世の中の常とは何なのか。あそこまでの狂人を生ませ
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.8

アクションすごい!
ストーリーはまあまあだけど、とにかくド派手

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

完全に作り上げられてるタランティーノワールド。
ブラピとディカプリオという名俳優のダブル主演。観ないわけない👍👍
ある事件を題材にした作品でその事件を知らないとちょっと意味不明かも???
タランティー
>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.7

いやー緊張感ある映画だった。
電話繋がらなかったり、飛行機予約取り消したりとハラハラでなかなか盛り上げてきた笑
それにしてもいくらアメリカ人を捕まえたいにしも車で飛行機追いかけるほどのことなのか笑
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.8

クビ宣告人!!
凄い仕事だ。
今回のアナケンドリックのように優秀な人間でも
耐えられなくなるように、
辛い仕事だと思うけどそれでも使命や責任あって
それをプロとしてやってる人がいるんだもんな。

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.9

世の中は愛で溢れている。
そんな素敵さを教えてくれた映画でした。
クリスマス前にもう一度見たい

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.3

好きな映画だ。
こんなイカれたやつが時に大きな才能を秘めてたり、イカれすぎてて欲望に満ち溢れているからこそ平凡な日常じゃ物足りないからここまで登り詰めれるんだろうな。とんでもないな!
イカれ具合はさて
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

短いし見やすい。
やっぱ前の作品からワールド出してるな〜
秦基博のタイミングが完璧だった。
あれでグッとこさせる感じね。
ストーリーはまあまあ。
日常の雨をここまで素敵に出させるのはすごい。

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.8

魅力的な俳優だなーゴズリング。
クールな演技もさながら今回はアホ探偵。
笑えるシーンも多くてテンポも良くかなり見やすい。カメラワークと色彩も鮮やかで好きな作品だった!悪気のないポンコツさと一応自身は持
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

梅雨に見るべき映画だ。
君の名はの後のハードルの中で天気という共感しか生まれないテーマで作ったのはすごい発想だなー。晴れを望む人と雨を望む人か〜
作画が綺麗でディープなところまで細かかったし、隠された
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.5

そういえばトイストーリーと実は同い年なんだな。トイストーリーと一緒に成長してきたんだと改めて感じた。アンディが大人になって子供はおもちゃで遊ばなくなるってことと自分が重なって あ、そういえばあの頃>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.8

最初どんな恋愛映画だろって思ってたけど
めちゃめちゃになってて笑った。
関係複雑すぎるわwにしてもゴズリングエマコンビは最高だ。ゴズリング憧れるな
あのくらい刺激的な恋愛したら楽しそう

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.5

漫画よりも先に映画を鑑賞、
鑑賞後のなんだこれ、、感w
でもかなり好きな作品だ。
何よりも色彩鮮やかな世界とと未来にも関わらず異常な世紀末感。見ているだけでアートを感じられる作画で激しいシーンと鮮明な
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.9

人間とAIいつかこんな関係が生まれるのかと思うと時代とはなんなのか。となる
何もいない時代、植物だけの時代、恐竜の時代、動物の時代、人間の時代、コンピュータの時代
一応AIも人間が造った命として、命の
>>続きを読む

Guava Island(2019年製作の映画)

4.2

かなり好みの映画だった。
似てるなと思ってたらthis is America 出てきてウァオだった。
なんか洒落たPV見てるようなポップさと社会問題を混ぜたThis is Americaって感じ映像も
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

実在の人物が映画で演技をしていたことに驚いた。最後の実際の映像と同じやんて思ってたら
まじで一緒だった笑
もし自分があの現場にいたらあそこまで動けてたのか。なんてことを考えると
彼らの子供の頃からの本
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.6

表紙が気になったので見てみた。
子供と大人の境界線。
思春期に抱く不満や環境嫌悪で森で住むことを決めた3人がそれぞれ自然の中で生きることや人間関係、家族との葛藤を抱えながら向かって行く姿になんだか懐か
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.5

シンガポールの大舞台での事件とかアクションは良かった。映像もかなり綺麗で迫力もあった。
彼らはもう人間じゃない笑笑
でもなんかバトル映画みたいになってきて微妙だな〜 方向性変わってきてる。
以前のよう
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

とてもいい映画だった、、
トイストーリーみたいなカントリーポップ感を感じさせながら、人情味溢れるストーリーで実話のヒューマンドラマって本当にいいなあと再確認した。考えさせられる事実がメインだけど笑える
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

3部構成からなるムーンライトはどの部もなんとも暗く、名の通り”月の明かり”ほどの明るさだった。
シャロンまじで壮絶な人生歩んでるなあ〜
大人になったとき仲の良かった人をリスペクトしてファッションだった
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.6

個人的にこういう作品にリスペクトの意を込めて高評価をつけるべきなんだなと思う。
実際に中東の戦場で祖国を誇りに思って戦い続けた人間がいたんだよな。辛いシーンが多い映画だけど戦地の緊張感、臨場感を現すに
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

クリストファーノーランは本当にどうやって撮ってるんだっていう映像だよな〜いつも。
映像もすごく綺麗、、
終始緊張感ある映画だった。
結構すぐ沈むし、溺れそうになるシーン多くてなんか苦しくなったわ笑笑
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

宇宙飛行士ってのは憧れるモノなのかもしれない。でも犠牲になる人たちとかそれを目の前にした家族、自分自身が宇宙を夢見ることと現実のギャップとか重圧で大変な仕事なんだなと初めて知った。
普通の暮らしが羨ま
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.8

ずっと見たかったハクソーリッジようやく鑑賞。
戦争の時代に生まれていない我々には共感しづらい内容かもしれないけど
本当にこんな感じの意味があるのかもわからない兵隊の報復合戦だったんだろうな。
戦争映画
>>続きを読む

>|