コーヒー牛乳さんの映画レビュー・感想・評価

コーヒー牛乳

コーヒー牛乳

20代の会社員です。最近、あんま映画観れてませんがよろしくお願いします。

映画(937)
ドラマ(4)

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

Beauty and the Beastが、最高。
アニメ版通して最強の名曲。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

瀧って、名字なのか名前なのか判断に迷った。立花ってネームプレートあるけど、タキって名前?みたいな。というか、名前珍し過ぎやろ!

三葉が、東京の瀧に会いに行くシーンが可愛らしくて良かったです。
あと、
>>続きを読む

B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018(2018年製作の映画)

3.5

レコーディングで、外人ドラマーが叩いてみて「今のどう!?」ってREC中に言っちゃうシーン最高に面白かった!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

前作よりこっちのが好きだった!
アライグマをゴミパンダって言うシーン笑った(笑)
あと、意外とヨンドゥとピーターの関係性からのラストも好き。
相変わらず映像は流石の一言。

頭使わず観れる映画最高です
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

歌とかダンスとかは、凄いんですけど破茶滅茶な映画でした。

懲戒免職(2006年製作の映画)

2.5

キモいって言わないでの件が、思春期を感じる

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.3

個人的には、先に観てた韓国版のが好きかな。やっぱ、こういう類の映画はストーリー知らないで観るのがいい。

凶悪(2013年製作の映画)

3.5

先生の事件を追いかけるうちに、自分の内に潜む人間性を露わにしていく山田孝之が良かった。
池脇千鶴との介護問題を並行して描くのが、後になって効いてきた。

闇の深い事件、怖いものみたさで気になります。

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.0

海綺麗!サーフィンシーンが最高!
あと、鮫倒すシーンが最高!

ゴースト&ダークネス(1996年製作の映画)

3.3

ライオン、怖すぎ(^^)
マイケルダグラスがロン毛です。

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.0

色々小難しいことありますが、何かあんまり響かない映画でした

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.4

人種差別をモロに出してくる映画。
正直、オレはあんまりピンとこなかったけど白人家族があんな風になってクソすっきりした。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.8

ネロさん、家吹っ飛ばされて今回もガンアクション展開。でも、銃の調達どうしようってところでモーフィアス先輩!この二人見ると、やっぱりのけ反り思い出す私です。

キアヌの肉弾戦は、正直動きが鈍臭い感じが否
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.5

韓国の感染者も早い感じなわけです。
緊急事態の人間心理って、モロにその人物が出るから見応えあります。

ただ、前評判程ではなかったかな。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

キアヌリーブスの評価が、再上昇したとの今作。
殺し方が、結構丁寧なのが個人的に好きだった。胴撃って、少し違う方向攻撃して再び頭も撃つ。
ただ、伝説の殺し屋の割には意外と捕まったりダメージもらうあたりは
>>続きを読む

ジュリエッタ(2016年製作の映画)

3.0

短めの金髪って、ちょっとサイケデリックな雰囲気漂う

メッセージ(2016年製作の映画)

3.3

先が判っていても、その時の気持ちを大事にするって難しいけど素敵

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.6

ギャスパーウリエル、久々に見た。若き日の人食い博士以来でちょっと嬉しかった。

内容は、ドラン節炸裂の息が詰まりそうなほどの緊迫感。会話劇で、ここまで不安定な感じを出せるのはすごい。

最後まで目的を
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.6

スマホは最早オレの臓器って歌がありましたが、現代ではスマホは個人情報のブラックボックス。
それを軸に、各々の秘密が暴かれていくがろくな事がない。
ブラックボックスのままにしておく方が幸せなのか、真実を
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

2.7

今回もコナソの活躍が凄かったですが、せやかて工藤という映画です。
和葉がただの葉っぱってのは、ちょっとウケました。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.0

色彩が綺麗。一つ一つのモノの描写が、結構リアルでビックリ。

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.2

アンジェリーナジョリーが、いつもより綺麗に見えた。
ヴェニツィアが綺麗で、行ってみたいです。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.7

死体一つで、ここまで話作れるって凄い!
不気味な雰囲気がずっと漂ってて、謎が解けるまでそのテンションが保たれてるので緊張感ありました。

野蛮なやつら SAVAGES(2012年製作の映画)

3.0

面子が結構豪華なだけに、話の筋が微妙なのが残念。
トラボルタのハゲ具合が、妙に気になった。
あと、今更気づいたけどデルトロ出演してる映画ってクスリ関連多い

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.5

アントニオバンデラスの、もうそれどんな感情?っていうのと、いやそりゃそうやろ!っていうのが混ざった映画です。

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.3

序盤のヒロインの髪型は、東方仗助にしか見えなかった

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

3.3

画面が揺れるのが、まぁまぁ気持ち悪かった。
アメリカのポリスって悪徳警官のイメージあったけど、最後まで正義の味方で良かったです。

>|