コーヒー牛乳さんの映画レビュー・感想・評価

コーヒー牛乳

コーヒー牛乳

20代の会社員です。最近、あんま映画観れてませんがよろしくお願いします。

映画(913)
ドラマ(4)

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

2.7

今回もコナソの活躍が凄かったですが、せやかて工藤という映画です。
和葉がただの葉っぱってのは、ちょっとウケました。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.0

色彩が綺麗。一つ一つのモノの描写が、結構リアルでビックリ。

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.2

アンジェリーナジョリーが、いつもより綺麗に見えた。
ヴェニツィアが綺麗で、行ってみたいです。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.7

死体一つで、ここまで話作れるって凄い!
不気味な雰囲気がずっと漂ってて、謎が解けるまでそのテンションが保たれてるので緊張感ありました。

野蛮なやつら SAVAGES(2012年製作の映画)

3.0

面子が結構豪華なだけに、話の筋が微妙なのが残念。
トラボルタのハゲ具合が、妙に気になった。
あと、今更気づいたけどデルトロ出演してる映画ってクスリ関連多い

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.5

アントニオバンデラスの、もうそれどんな感情?っていうのと、いやそりゃそうやろ!っていうのが混ざった映画です。

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.3

序盤のヒロインの髪型は、東方仗助にしか見えなかった

エンド・オブ・ウォッチ(2012年製作の映画)

3.3

画面が揺れるのが、まぁまぁ気持ち悪かった。
アメリカのポリスって悪徳警官のイメージあったけど、最後まで正義の味方で良かったです。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.5

ジェフリーラッシュ出てると、クイルズの時の彼がチラついて仕方ない私です。
ストーリーは、ある程度読めたのが残念だがナカナカ面白かったです。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.3

痛快コメディかと思ったら、結構シリアスでタッチも重め。
大儲けしてヒャッハーする映画ではなく、金融というフィルターを通して人間の本質を炙り出してくる。

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.0

一日三食マクドは厳しい。
たまに食べる感じがちょうどいいです。

ホワイトアウト(2009年製作の映画)

2.5

ストーリーは、全体的に薄い気がした。
ペラペラしてて、細部が甘い。
登場人物もわかりにくい。
ラストシーンの雪も、まさかのCGという残念さ。

ケイトベッキンセイルが、ただただ美しいだけの映画でした。

アドレナリン(2006年製作の映画)

2.0

思わぬところでエイミースマートに再会。
ラリラリした感じの映画でした。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.7

猿のCG凄い。
シーザーの顔付きが、幼い時と成長してからの時とで違い過ぎてちょい面白かった。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.0

すごく微妙な出来だったような…
俳優陣が豪華なのは、ビックリした。
ポアロのキャラが、合わなかったです。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

CG凄い。あと、ちょくちょく入るコメディ感面白かった(笑)

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.0

猿のくせに仲間守るとか、花を摘んで女の子にあげたりカッコよかった。猿のくせに。
あと、猿のくせに家族も大事にしててカッコよかった。猿のくせに。

キングスマン(2015年製作の映画)

2.5

コリンファースが人殺しまくるシーンだけ最高に良かった。

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.4

ティムロス出てるやんと、冒頭思ってたら前半ほぼ死にかけてて面白かった。

あと、タランティーノが出てて、出たがりだなと思った(笑)

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.5

今回、前作で不満だったオープンフィールドの点が解消。やっぱ、外でしょ。
前作より面白かった。

パージ(2013年製作の映画)

3.0

設定よかったけど、家での防衛戦というまさか。
個人的には、そこはオープンフィールドでやって欲しかった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.3

良い映画でした。
ラストの展開、ベタだけど好き。あの曲をラストでっていうベタ好きにはたまらんです。
画面的にも、色味がカラフルでいてお洒落でした。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

主人公の気持ちもわからんでもないというのが、率直な感想。
映像が凄い。あと、映画内でのテクノロジーの進化ぶりがワクワクした。
ローレンスフィッシュバーンが、出て来てすぐ余命宣告的な展開は可哀想過ぎてち
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

台詞が結構少ないが、その分魅せてくれる。特に、トムハーディカッコよかった!
淡々と進む感じが、リアリティがあり良かった。
気になった点としては、冒頭での彼の便意は大丈夫だったのだろうか…

自宅のホー
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

2.7

終盤の展開に気づく伏線情報には、気付けたのに更に先が読み切れなかったのが後から悔しくなった。

>|