sideBatsu2015さんの映画レビュー・感想・評価

sideBatsu2015

sideBatsu2015

2015年〜映画館で見た映画。

火花(2017年製作の映画)

3.4

とくに何も感じず鑑賞。
主題歌が「浅草キッド」というのがずるい。
あの曲聞だけで全てすっぽり包んでしまう。

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.4

タイムリープ恋愛映画で、韓国の住居やキム・ユンソクのいい父親っぷりも見えてそれなりに楽しかった。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

女神の見えざる手は、女神にも差し出される。

スクリーンの外側から、こちらもガッツポーズ。

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.4

少しミステリー要素をはらんだ前半は普通に鑑賞していた。
が、アンナがフランスに行った後半の、まぁ何とも言えない事、、。
メロドラマに見えて、すごく居心地の悪い感情をいだく映画だった。たまらん。

サーミの血(2016年製作の映画)

4.8

踏みとどまっても外に出ても疎外感にさいなまれる辛さ。
これも異国の時代の違う話だけれど、今の私の周りとさほど変わらない。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.6

アート作品としても素晴らしい。
どれもこれもかわいい。

ラ・ベア マッチョに恋して(2014年製作の映画)

3.6

ラ・ベア行きたくなる。
「マッチョに恋して」←星だいぶ原点

ビジランテ(2017年製作の映画)

4.6

そもそもビジランテに納得いかないから、終始嫌な空気が流れっぱなし。
特に"あいつ、仕事早っ"いんだ、吉村界人。三兄弟の二郎が見ていてつらい。田舎に住んでいると物凄くよく分かる。

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者(2016年製作の映画)

3.2

本気で逃げるつもりもないし本気で捕まえる気もないものどうしのイチャイチャ。

相変わらずガエルはかっこいい。

星空(2011年製作の映画)

4.6

この小さな恋の物語の愛おしいことよ。
映像も素敵だった。

MR.LONG/ミスター・ロン(2017年製作の映画)

1.4

全く真新しくなければ面白くもないレザボアオープニング。
凄腕の殺し屋が六本木であっさり失敗。
廃墟に勝手に住んで配線までして、電気代等はどうしているのか。
執拗以上におせっかいで人情味溢れる隣人は、ド
>>続きを読む

ありふれた悪事(2017年製作の映画)

4.0

多分、今でも韓国ではここまでひどくないにしても同じような事はおこっているだろうし、日本も同様だと思う。

だから過去の出来事ではなく、今現在と重ね合わせて見てしまい、閉塞感がつのる。

エンドレス 繰り返される悪夢(2017年製作の映画)

4.6

時間があいたので、アクションバディものかな、と鑑賞。
これがタイムリープバディもので、めちゃくちゃ面白かった。

邦題がイマイチ。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

1.8

”画”が先にあって話をあとからすり合わせた印象。
だから無能な上司や無謀な作戦で破錠させ、カタルシスもなにもない戦いがくりかえされる。見てて白ける。
デルトロ、ファズマの無駄遣いや、安い笑いを取りに行
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.4

あの役のテイタムの説得力。まんまと騙された。
あの馬鹿みたいな兄弟の馬鹿みたいな話に唐突に入ってくる娘ちゃんのシーンに号泣させられた。

余談:妹ライリー・キーオの勤める美容院のケープがヒョウ柄。その
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

4.0

ハシモトよりまだゾンビのほうがましなんじゃないかと思うくらい、列車でのシーンは緊張した。

アンダーグラウンド 完全版(1995年製作の映画)

4.8

5時間あっという間だったのと、5時間の間にこんなにも激動してしまってるのかという疲労感と。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.2

もうなんかお腹いっぱい。

スケールでかすぎて色々出てくると、なんか何もかもどうでもよくなってくる、、。

キック・アス(2010年製作の映画)

4.8

爆音上映会

何回見てもクロエちゃんはかわいいし、アクションも最高!
スクリーンで再見できる事に感謝。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

ラスト、メアリーちゃんの進路に安堵。
ボニー先生目線で鑑賞。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

すばらしき映画音楽たちに出てきた映画全上映会を、
午前十時の映画祭ででもやってほしい。

劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命(2017年製作の映画)

4.0

映画に取り憑かれた映画を見ている私もまた、その中の一人であると、シネコンで鑑賞する坪井さんを映すシーンを見て実感。
スコーレは隣が生活倉庫の頃よく通った。アジア、特集、インンディー映画をよく見てた。青
>>続きを読む

AMY SAID エイミーセッド(2016年製作の映画)

2.8

好きな俳優さんばかりなので期待したのですが、、

不在の中心で夢を諦めきれない、、どうしても「桐島」を思い出してしまうし、密室会話劇にしては脚本がお粗末、、。

インディーズ映画を支えてきたプロダクシ
>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.4

真似したいな、と思った「人生フルーツ」も良かったけど、真似できないスケールだけどいいな、と思った本作。

ろうそく作り、やってみたい。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.8

シーザー様がかっこいいのはもちろんの事、バッド・エイプが超かわいい。
自分に跳ね返ってくる大佐のラストが、現代でも根強く残る排他的思想の限界を象徴している。

3部作、どれも傑作だった。

全員死刑(2017年製作の映画)

4.6

極上のエンターテイメントでございました。
いいクリスマスが迎えられそうです。

オープニングとエンディングが抜群にかっこいいのは勿論の事、間宮祥太朗の声がいい。第一声からゾクゾクする。
そして毎熊克哉
>>続きを読む

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー(2017年製作の映画)

4.2

民意を踏みにじられることに慣れてはいけない。
沖縄の歴史や現状を人の目線から知らなければならない。
三上智恵監督三部作や、この映画をもっと多くの人に見て欲しい。

プラネタリウム(2016年製作の映画)

4.0

とにかく2人の衣装が超かわいい。

美人姉妹に翻弄される初老の男の話かと思いきや、ずっしり重たいテーマもずっと流れていて、見応え十分だった。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

前作は未見。ケイト様がラスボスという事で超期待で見に行った。やっぱり話がよく分からないし、グランドマスター編はどうでもいいから、ケイト様をもっと出せ、と思いながら鑑賞。

が、「移民の歌」のくだりでは
>>続きを読む

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.8

マダムや農夫の様な人の思いを引き継がないと。
ここでもまた、悪の凡庸さに飲み込まれない様にと自分に律する。
子供に銃を向ける時代はまだまだ終わっていない。

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.4

いや、別に似てなくてもいいんだけど、今回はイメージが違いすぎて、ラストの本人登場に、今までの話もなんだか眉唾に感じてしまった。

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.8

大好きな俳優そろい踏みの私得映画。

もう一盛り上がり欲しかった。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

若者が水辺で戯れる友情映画にハズレなし。

でも、やっぱりハガキのあいつと くっついて欲しかったかな。

>|