silverchipsさんの映画レビュー・感想・評価

silverchips

silverchips

5.0 年間ベスト級、4.0 おすすめ 、3.0 まあまあ、2.5 少なくとも褒めたいところあり、2.0 如実に欠点が良いところを上回る、1.0 許し難い駄作

映画(236)
ドラマ(0)

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

面白かった!

何も考えなくとも主人公の魅力だけで引っ張れる映画。ある意味スター映画の系譜。地味は暴力でカバー出来るようだ。
ただ平手友梨奈は現在のイメージに当て書きのようなぶっきらぼう感で、今回はい
>>続きを読む

ローリング・サンダー(1977年製作の映画)

5.0

超傑作。人生ベスト級。

ベトナム戦争で捕虜になった男が帰還してから始まる物語。情けなさを経験した男ならではの話。静かに熱い。

かなりスロー展開ながら、一個一個のシーンがさりげなくも重い。

冒頭で
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

2.0

甘えてるね。

原作はそこそこ好きだったけど、先輩後輩の馴れ合いが映像化することで痛々しく見えてしまう。

ダメ人間でも全然構わないんだが、芸人という職業に甘えてるとしか思えない描き方。売れない、自分
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

5.0

最高!視覚の幸福に溢れてる。

路面が常に濡れてて最高、ネオンの色味最高、大雨最高、車の光り方最高。

物語は大したものじゃないけど、光の操り方が凄すぎる。ライブシーンの光と闇のコントラストがエグい。
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

-

壮大に寝落ち。採点不能。

本編前の短編が良かった。母親の気持ち、切ない。

THE COCKPIT(2014年製作の映画)

4.0

ヒップポップの作り方が分かってドキュメンタリーとして面白い。トラックの作り方、ライムを練るための箱を利用した遊び。急に分割画面になるのも面白かった。

でも、それだけで最高なんて言えるほどでもなく、シ
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.5

冒頭の二人が出会って恋に落ちるまでのシーンの尾行と花火、ついに恋に落ちる瞬間の足元描写でグッと掴まれたが、その後の展開のポエム感にげんなり。と思ったら全部ネタフリ。エグいなあ、最終的には面白かったから>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.5

フリッパーズギターの"dolphin song"の世界観。ほんとのこと知りたいだけなのに、夏休みはもう終わり…。

自販機シーンが凄く良かった。カット変わってすぐロープ、急な姉さんの登場、歯抜きギャグ
>>続きを読む

青夏 きみに恋した30日(2018年製作の映画)

4.0

面白かった。視線の映画。

一見、普通の王道ラブコメだが、冒頭から二人の出会いまでがものの5分程度しかかからないのに代表されるように、ネタフリからオチまでのサイクルがとにかく早い。これは私の思う面白い
>>続きを読む

人妻(2013年製作の映画)

5.0

「おやすみなさい」のエモーション、ラストの煙草の使い方の巧さ。何これ、素晴らしいに尽きる…。

歩く、走る、もう一回通るの変化の仕方、その後の宴の終焉の切なさはたまらない。見る、見られるの関係性もスリ
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

5.0

傑作!

女性差別に真っ向勝負を挑むテニスプレイヤー実録物。昨年の傑作「ドリーム」を彷彿とさせるがチームではなくほぼ個人で勝負するので、最終的なエモさでは上回る。

男よりも賞金が低いことに反発してテ
>>続きを読む

男の顔は履歴書(1966年製作の映画)

3.5

汗まみれギラギラ顔の圧力が凄い。中年だろうが若い女性だろうがとにかく顔が湿っている。

人の経験、行動や考えの変化が顔に刻まれる→履歴書ということなんだが、この映画では過去から現在に至るまで全く同じ顔
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

やっと観られた。でも普通…。

とにかくあんまり言えない映画だから困るが、三谷幸喜+アンジャッシュ的な笑いの取り方で、映画向けではなかった。まあまあ面白いけども。

以下はネタばれですが、◯車は良かっ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.0

子供の付き添いで。

そこそこ楽しめ、感動できた。サトシの身を呈してみんなを守る姿勢に自分を重ねるデラオラに泣ける。ポケモンと人間の共存というテーマも良かった。

ただ、いろいろキャラクターや設定を活
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

無茶苦茶面白かった!

前作に比べれば序盤が控え目な印象だったが、中盤から俄然楽しめる。これも敢えてのバランスかな?

クライマックス手前からの大サービス、緊張と緩和は本当に最高だった。とにかく走って
>>続きを読む

緋牡丹博徒(1968年製作の映画)

3.5

十分面白いのだが、期待ほどではなかった。

要所要所がおっ!となりそうで意外とあっさり、シーン内の起伏がいまいち。最高になるはずの清川虹子との出会いシーンも、画面的にはそれほどでもないかな。段取り的で
>>続きを読む

悪魔の起源 ジン(2013年製作の映画)

5.0

スリリング過ぎる超傑作。

最初から最後まで緊張感が途切れないので、全く退屈しない。真綿で首を締めるが如く、じわじわ確実に怖い。

雨、風、霧、光、闇、影、音で恐怖を駆り立てる。窓ガラス、壁、天井、扉
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.0

予告でキツいの分かってたけど、やっぱりキツい…。

だが、足し算、足し算でボケまくられると途中から慣れていき、CGで画面がデコられる特盛演出ではさすがに笑ってしまった。でも浜辺美波はコメディエンヌには
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.0

これは物凄い球投げて来たな…。

子供が一歩踏み出す、嫌を受け入れる時の覚悟の話なんだが、状況が限定され過ぎているように思えるので共感されづらく、低評価なんだろう。特に10代、20代は共感しにくいと思
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

シーン単位で見れば画的には楽しいんだが、正直単調。ウェス アンダーソン得意のシンメトリー構図とカメラパンの連打で催眠術をかけられたように眠くなってしまう。

途中の横並びから縦に構図が変わるところは面
>>続きを読む

晴れ、ときどき殺人(1984年製作の映画)

2.0

オープニングでさっさと事件が起きるのは良かったが、あとは何だかなーという感じで終わってしまった。

コメディ要素が中途半端だし、中盤からトルコネタでいつまで引っ張るんだよというくらいしつこい。しかもあ
>>続きを読む

台風クラブ(1985年製作の映画)

5.0

ついに観てしまった、フィルムの台風クラブ。後半ずっと鳥肌。いろいろ記憶と違ってショック。

これ、脚本どうなってるの?頭で考えてこんな話どうやって思いつくのか?適当に石ころ並べてたら、遠くから見たら凄
>>続きを読む

あ、春(1998年製作の映画)

5.0

フィルム再見。

年齢を重ねるにつれ、どんどん評価が上がる。やっぱり4.5点評価撤回、満点の傑作だわ。

結婚して子供もいる男が、死に別れたと思ってた父親と再会して生活をかき回される話。

切ない描写
>>続きを読む

人妻集団暴行致死事件(1978年製作の映画)

4.0

前提にここまで尺を取る映画も珍しい。しかし、見終わったら全部必要だった、すみません、となる。

ろくでもない男たちのろくでもない日常に最悪の事件。それでも仲間、友達になってしまった後の夫の行動には今ま
>>続きを読む

(秘)色情めす市場(1974年製作の映画)

5.0

ロマンポルノ屈指の傑作という期待を遥かに振り切れた。凄まじい…。

バッキバキに決まったシネスコ画面に圧倒され続けるが、それ以上に僅かに残った人の尊厳に痺れた。私には私のルールがある。金と欲にまみれた
>>続きを読む

東京上空いらっしゃいませ(1990年製作の映画)

5.0

これまた久しぶりのフィルムで再見。不動の人生ベスト1はやはり揺るがなかった。

今回も上映時間が1時間程度にしか感じなかった。回を重ねるほどに短く感じる。

牧瀬里穂の棒読み、話の辻褄が合わない、何で
>>続きを読む

お引越し(1993年製作の映画)

5.0

久しぶりのフィルムで再見。やっぱり何もかもが桁違いだった。

初めから終わりまで楽しさと切なさが交互に押し寄せる。しかも登場人物たちがどんなシーンでも動きまくるので画面がいつでも充実する。素晴らしい!
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

2.5

暗めのトーンの撮影は頑張ってる気がするけど、アクションシーンのガタガタで変なスピード感と見づらい距離感が気になって全く乗れなかった。

人間対グール、人間とグールのハーフって設定もあんまり面白味を感じ
>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

3.5

撮影超格好いい。街並、道、森の中、ロケーション最高。

脱獄シーンの省略、快感!

でも、退屈なシーンもかなりある。何度も寝そうになったわー。特に牢獄シーンはかなりキツかった…。

残念ながら今回もジ
>>続きを読む

バスケット・ケース(1982年製作の映画)

5.0

切ない話だった…。

明らかな怪物の話ってのではなく、明確に人間の話だし、禁断の恋の話でもないから尚更切なかった。トビーフーパーの「ファンハウス」と同じような感じ。

冒頭の惨劇の理由が分かるまで、バ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.5

撮影良くてびっくり。海辺の遠方まで見えるショットはどれも大変美しい。人もわんさか使ってて超がつくほどの贅沢感。これがCGじゃないんならマジで凄いわ。

でも相変わらず時間のいじり方が分かりにくくて難解
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

4.5

前作よりもアクションが進化している。

冒頭の工場階段アクションから凄いのだが、こんなのほんの掴み程度で以降ガンガンに攻める。

最初の見せ場である駐車場戦闘での車止めを利用した危機一髪で完全に心を掴
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

前作「三度目の殺人」が個人的にはあんまりだったので、ちょっと心配混じりで鑑賞。カンヌ パルムドールは歴代の作品からして元々そんなに信用してないもので。

結果的に前作よりは遥かに良かったし、役者陣は凄
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

5.0

期待以上の傑作だった。

女子高校生の青春ものでアメリカ映画定番のプロムが絡む例のやつだが、とにかくキレのある編集で省略が巧い上、あれ、何やってんだろうと思わせて直後にどういうことなのか分かる構成なの
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

3.5

噂通り、面白かった!

全く手を抜いていないセットや美術、ライディングでこちらに恥ずかしいと思う隙を与えないので観てて楽しい。普通に日本でもここまで作り込めるんだな、とびっくり出来るレベル。

アクシ
>>続きを読む

>|