silvercopenさんの映画レビュー・感想・評価

silvercopen

silvercopen

オケ老人!(2016年製作の映画)

3.0

元気な老人達に元気をもらえます。最初はダメダメな演奏が、突然上達してしまうのは違和感がありましたが、全体的に笑いあり、涙ありで良かったです。

ミス・ポター(2006年製作の映画)

2.5

少し前にピーターラビット展に行ったので、観てみました。レニー・ゼルフィーガーの変わった感じは役にあっていた。展示会でみた内容が忠実に再現されていたように思えます。イギリスの風景も良いですね。

金メダル男(2016年製作の映画)

2.3

わざとらしい演技。映画としては疑問だがテレビドラマレベルでは良かった。無理やり感動するさせようとしている感じもかえって冷める。

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

2.0

エマ・ロバーツ主演です。少し経ったら直ぐに古くなってしまいそうなストーリー。お金目当てなご都合主義な映画で、主人公に感情移入できず。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

2.5

二匹目のドジョウを狙った映画。このストーリーを2時間半にまとめるのは少し厳しかったように思えた。出演している俳優もかなり豪華な感じだった。岡田准一さんも良かった。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.0

何の前知識もなく観ました。まさかSFとは。主演2人、設定は良かった。いろいろ考えると矛盾もあるが、そんなことを考えてはいけない映画です。タイトルの出しかたもちょっと斬新。

エンドレス 繰り返される悪夢(2017年製作の映画)

2.8

同じ悲劇が何度も繰り返される。この手の映画は数回繰り返すとなんとか歴史が変わるが、この映画の中ではなかなか歴史が変わらない。韓国映画らしいドロドロした感じが途中にはあったが、終わり方は韓国映画らしくは>>続きを読む

奴隷の島、消えた人々(2015年製作の映画)

2.0

手持ちカメラによるドキュメンタリーちっくな映画。韓国映画らしい救いのない展開。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.7

「君の名は。」に続けてこちらも鑑賞。映像は綺麗だが、目の感じがこちらの作品は好きではない。これは好みの問題です。3話目はMVでした。残念ながら綺麗な映画だったというだけで心には残らない映画でした。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

ようやくWOWOWで鑑賞。前評判通り、面白かった。ストーリー展開も早く、飽きずに見られた。久しぶりに音楽とストーリーと絵が合っている作品でした。ロケ地巡りをしてみたいと思うのもちょっと納得。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

トミー・マグワイヤーのスパイダーマンとは全くの別物。全体的に軽いストーリー。アベンジャーシリーズとして話が成り立っているのが面白い。次のシリーズにもありそうな終わり方でした。これからの成長も楽しみ。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.0

全く前知識なしで、チャイナエアラインの機内で鑑賞。現代の話でないのが、まずは驚き。また、ギリシャ神話なんですね。世間知らずな感じのズレ感が面白い。主演女優が美しい。いろいろ考えるとツッコミどころ満載だ>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

3.0

実話を元にした映画です。ジュリアン・ムーアの演技と変わり方が凄い。エレン・ペイジもリジェネシスの頃から良かったが、やはりうまい。最後に実際の写真が出てくるが、2人とも雰囲気が似ている。

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.3

ジュリア・ロバーツ、ニコール・キッドマンが共演なんて、凄い。しかし、ニコール・キッドマンは相変わらず作り物のような美しさでジュリア・ロバーツは老けた。年齢を考えれば、ジュリア・ロバーツが普通だと思う。>>続きを読む

見えない目撃者(2015年製作の映画)

2.5

めずらしく中国映画。突っ込みどころ満載であるが、それなりに面白かった。盲目の主人公は美しかった。盲導犬もあまり役立たないような気がしたが、最後は頑張っていた。

夫婦フーフー日記(2015年製作の映画)

3.0

コミカルに描いているが、内容的には、とても悲しい映画。出演している俳優も良かった。永作博美さんも役にあっていた。上映時間もいい感じだった。

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.0

途中まではサイコスリラーと思っていましたが、途中から違う要素の映画になった。次から次へと話が展開していくため、飽きずに見られる。ところどころ突っ込みたいところはありますが、個人的には面白かった。登場人>>続きを読む

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

2.3

二階堂ふみさんが、エロ可愛い。しかし、金魚だと思うと変な感じ。真木よう子さんはなんか役にあってなかった。大杉漣さんが羨ましい役立った。ただそれだけの映画。

インフェルノ(2016年製作の映画)

2.5

ロン・ハワードとトム・ハンクスとコンビである。謎解き感はあるが、長過ぎる。途中で中弛みする。もう少しテンポよく解りやすいくしてほしい。また、このシリーズもちょっと飽きてきた。

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

2.8

ストーリーとしてはなんのひねりもない感じでした。織田裕二さんの演技も昔から変わらず昭和な感じです。それでもうったえる力はあり、目頭が熱くなります。たまには、こんな映画もいいかも。

ニュースの真相(2016年製作の映画)

2.5

ケイト・ブランシェットの演技が良いです。ロバート・レッドフォードは流石に年取った感じですね。スマホもまだない時代ですが、ネットが一般的になった時代ですね。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.2

もっとおバカな映画と思っていたが、ちゃんとしたストーリーがあって面白かった。全体的にグロいシーンが多い。ストーリーは単純でわかりやすい。

だれかの木琴(2016年製作の映画)

3.0

常盤貴子さんのイメージとは違った役でした。家庭に不満があるわけでもなく、引き込まれていく感じはわからなくもない。乗り込んできた相手に毅然とした態度で立ち向かう旦那も良かった。エンディングで流れる井上陽>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.0

全体的に頑張っている感じがするが、細かい設定や伏線などがあまりなくグロいシーンばかりが目立つが、最後は普通に終わった感じで、ハッピーエンドである。妻夫木聡さんの意外な役であったが、顔が誰なのかわからな>>続きを読む

種まく旅人~夢のつぎ木~(2015年製作の映画)

3.0

種まく旅人の三作目です。ここで一作目とつながる感じも良いですね。斎藤工さんはちょっと苦手な感じでした。主演の女優さんははじめてみましたが、良かったです。三作みましたが、この話が個人的には1番良かったで>>続きを読む

種まく旅人 くにうみの郷(2015年製作の映画)

2.6

一作目に続けて二作目も見てみました。微妙に登場人物が被っている感じが良いですね。桐谷健太さんと三浦貴大さんは本当の兄弟のようになんとなく雰囲気が似てました。掻い掘りという言葉もはじめて知りました。教育>>続きを読む

種まく旅人 〜みのりの茶〜(2011年製作の映画)

2.8

見終わった後に無性にお茶が飲みたくなります。陣内孝則さんのこのような役も良かったです。全体的に教育番組のような作りであり、ある意味安心して見てられます。

映画 鈴木先生(2012年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ドラマからの映画化のためにこんなタイトルなんですね。残念ながらドラマは見ていませんが、そこそこ楽しめました。土屋太鳳さんが中学生役というのも時代を感じます。また、長谷川博己さんのあまり見たことのない変>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

2.0

この監督は当たり外れが大きい。あまりお金のかかっていないB級映画的であった。最後の展開はわからなかったが、それでもイマイチな感じ。弟のキャラは良かった。

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

2.0

テレビドラマのような内容。わざわざ映画にする理由があったのか。出演者もあまり悪くもないが、特に良いという感じもなく。報道をテーマにした映画やドラマはたくさんあるが、特にハラハラドキドキもない。

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

3.3

こんな友人がいたらいいよねと思わせる映画でした。2人の演技も良かったが、子供達の感じも良かった。自分にはこんなになんでも話すことのできる友達はいない寂しさを感じた。

太陽(2016年製作の映画)

2.5

設定がわかり難いし、説明もわかり難い。なんとなく演出が演劇っぽいと思っていたが、後から調べてみると演劇が元なんですね。場面も殆どが決まった場所からの撮影であった。こんなところまで、演劇っぽくしなくても>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.4

出演者はみんな好きな俳優でした。それぞれに良かった。しかし、今の就活はSNSなんですね。個人的には終わり方も良かった。しかし、問題は就職してからですね。

青空エール(2016年製作の映画)

2.8

土屋太鳳さんの喋り方がちょっと気になりますが、青春映画の王道のような映画でした。上野樹里さんが先生役というのもちょっとびっくりでした。そういう年齢なんですね。

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.3

昭和な感じがする映画。落ちぶれたパパラッチという役が福山雅治さんのイメージとはあまりあわなかった。汚い言葉を使ってもどこかわざとらしい感じがする。吉田羊さん、二階堂ふみさん、リリーフランキーさんと出演>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.3

話としては共感できるところは少ないが、出演者が良かった。門脇麦さんは「まれ」の時とはまた違った感じがしていた。菅田将暉さんの演技も素晴らしい。2人がカップラーメンをズルズル食べているシーンが印象的でし>>続きを読む

>|