silvercopenさんの映画レビュー・感想・評価

silvercopen

silvercopen

ジェジュン:オン・ザ・ロード(2021年製作の映画)

3.0

ジェジュン好きのための映画と思いながらも観ました。ほとんど前知識なしですが、それなりに楽しめました。
白のロールスロイス乗って、モーガンも持っていた辺りでかなり売れているのがよくわかる。
友達とのシー
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

2.4

下ネタ多めの作品。
年齢的にもうこのような映画はあまり楽しめないというとを痛感した。
ビーニー・フェルドスタインの目力が凄い。
最後はよかった。

ヒッティング・ジ・エイペックス(2015年製作の映画)

3.7

ブラッド•ピッドの二輪好きがよくわかる映画。
内容的にはシモンチェリが亡くなる話、ロッシのドカティへの移籍あたりの話。
映像もとても綺麗で、悪く言われがちなホルヘが好きになった。
また、ロッシが勝つと
>>続きを読む

はるヲうるひと(2020年製作の映画)

2.3

出演者がみんな演技がうまい。山田孝之さんが普通に見える。
佐藤二朗さんは穏やかな役が多いが、穏やかな人がこのような感じになると怖い。

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

3.0

キリング•イブの時からいいと思っていたが、ジョディ・カマーがいい。
流石にマット•デイモンは歳をとり過ぎなのでは。
3人の視点で何度も見せられるのは、途中で飽きてしまうが、最後の対決というか、対決後の
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

2.2

いきなりマンハッタン島を封鎖してしまうのが凄い。
銃撃ちまくり。
内容的にはよくありがちな感じであり、最後まで救われない。
J •Kシモンズはどんな役もこなす。

詩季織々(2018年製作の映画)

3.0

短編が3つ。
3番目が個人的には良かった。
エンドロール後に重なるが、もう少し絡んだ作品でもよかった。
語るシーンは新海作品みたいな感じがした。

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

1.5

前半と後半で全く違う映画。土屋太鳳さんが突然おかしくなったような感じで過程がよくわからなかった。最後も突然すぎて、よくわからなかった。怒鳴るシーンが多くて疲れた。子役がらみんな演技がうまかった。

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

1.5

ドラマを見ていないためか、昭和の映画のようなストーリー展開。出演者が良かっただけに残念。

ファイナル・プラン(2020年製作の映画)

2.3

リーアム•ニーソンも流石に歳を取った感じがした。アクションも控えめ。まあまあ、それなりに楽しめる映画。

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

2.5

もっと兄貴が活躍する映画と思っていたが。
それでも十分活躍はしている
テレビ版を知らないが、それでも楽しめる映画。

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.2

昔観た映画と基本設定は同じだが、現代風に変わっている。恒夫がもっとチャラい感じだったが、この映画ではかなり真面目な感じでした。アニメ版も良かった。
これは韓国版も見てみたいと思った。

ムーンライト・シャドウ(2021年製作の映画)

2.5

吉本ばななさん原作のかなり古い作品ですが、原作は未読です。
映像が独特な雰囲気ですが、小松菜奈さんの演技が良いですね。
宮沢氷魚さんはあまり活躍しません。

アオラレ(2020年製作の映画)

2.5

ラッセル•クロウが別人のように大きくなっていてびっくり。しかし、これだけでこんなにも暴れまくるってどうなんだろう。
しかし、母は強い。

THE UPSIDE 最強のふたり/人生の動かし方(2017年製作の映画)

3.0

フランス版のほうが泣けるが、ハリウッド版はハリウッド版で良かった。
ニコール•キッドマンはやはりこういう役がよく似合う。
ジュリアナ•マルグリーズも役にあっていた。
アレサ•フランクリンの歌を入れてく
>>続きを読む

光州5・18(2007年製作の映画)

2.5

80年代にこんなことがおこっていたのさとは。
お笑いから一気にシリアスに持っていくあたりは韓国映画のならでは。
しかし、全体的に長い。
最後もみんな死を覚悟して戦うのはどうかと思う。
希望がない戦い。

アリス&ピーター・パン はじまりの物語(2020年製作の映画)

1.5

アンジーに釣られてみたが、髪型のせいかデヴィ夫人にしか見えない。
アリスとピーターパンをくっつける意味もなく、違和感しかなかった。

ミセス・ノイズィ(2019年製作の映画)

3.3

タイトルからコメディと思って、見始めたましたが、途中からかなり考えさせられる内容だった。誰が正しくて誰が正しくないのか。
最後はハッピーエンドで良かった。

トムとジェリー(2021年製作の映画)

2.0

クロエが出演していることだけよかった。私の知っているトムとジェリーと違っていた。
しかし、アニメと実写が見事に融合。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.0

日本ではちょっと考えられないノマド。
しかも、年配者が多いとは。
健康であれば、なんとかなりそうな気もするが、歳をとって、病気になったらと常に先行きのない不安があると想う。

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.0

この手の役を演じるホアキンは本当に素晴らしい。
風刺画の良さは伝わらなかったが、アルコール依存症の怖さは伝わった。
しかし、運転していた人は事故の後一切出てこないのが凄い。
また、電動車椅子の速さも凄
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

2.5

デンゼル•ワシントンの映画にハズレは少ない
イ•ビョンホンもデンゼル•ワシントンもすっきりしていてカッコよかった。
イーサン•ホークも良い。
なにも考えずに楽しめる映画。
ビョンの活躍が少なかったのが
>>続きを読む

ノッティングヒルの洋菓子店(2020年製作の映画)

3.0

いつも天気の悪いノッティングヒルの街並みが美しい。
たくさんの人種が住んでいる、素敵な街。
とりあえず、どれも美味しそうなスイーツ
年の違う女性3人の距離感がよかった。

くれなずめ(2021年製作の映画)

2.5

高校の時の友達と無性にあいたくなる映画。
なぜか、男友達にはウルフルズがよく似合う。
しかし、心臓ぼーんのシーンはちょっとひいた。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.2

美男、美女。
本当に映画のような恋愛。
観ている方が幸せな気持ちになる。
こんな恋愛ができたらいいなあと思う。
長過ぎる恋愛期間が良いわけではなく、結婚するかは何かのタイミングだと思うが、結婚したら良
>>続きを読む

君の誕生日(2018年製作の映画)

3.7

最初は話が前後して内容がよくわからなかったが、ちゃんと内容がわかってから、最後の誕生日のところでは涙腺崩壊。
2人の演技力が凄すぎる。
日本ではあまりしられていないセウォル号沈没事故。
これは観た方が
>>続きを読む

ユア・マイ・サンシャイン(2005年製作の映画)

3.6

少し古い韓国映画。
実話を元にした話。
HIVについて、まだよくわからなかったスマホもない時代。
最後の面会のシーンは涙腺崩壊。
母親が何気に優しい。
現在はどうなったのだろうか?
監督が撮ろうと思っ
>>続きを読む

吉祥天女(2006年製作の映画)

2.2

吉田秋生さんの漫画原作。原作とは全然イメージが違う。鈴木杏さんの目力が凄い。
期待はしていなかったが、その通りな映画でした。

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

2.5

韓国映画らしい、バイオレンス、見事な伏線回収と思っていましたが、日本人が原作なんですね。ちょっと意外。

食われる家族(2019年製作の映画)

2.0

カルト教団。
音楽が不愉快。
ホラー映画のように音楽でドキドキさせるのは殺めてほしい。
最後は火曜サスペンス劇場のような断崖絶壁

今日よりもっと!!/歩く女王(2016年製作の映画)

2.5

シム・ウンギョンが出演していたので観てみたが、乗り物酔いが辛いということしか残らない感じだった。競歩も地味な感じで盛り上がりに欠ける。

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

3.0

のんびりとした雰囲気を楽しむ映画。料理がどれも美味しそう。ハワイに行って時間を忘れてゆっくりしたい。倍賞千恵子さんの声は癒される。

夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風(2019年製作の映画)

2.8

4話の別々の話で特に繋がりはない。1話30分程度のため、見やすい。4話の構成も良かった。

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

2.5

長澤まさみさんの演技が話題になっていた映画。最初から話はなんとなく想像できるモノであったが、なんか違和感しか残らなかった。この役にこの俳優を選んだ理由がわからない。阿部サダヲさんはいい俳優とは思うが、>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

2.5

イ・ビョンホンの演技に魅せられる映画。大統領殺害後に血で滑るシーンがなんかとても印象に残った。

リスペクト(2021年製作の映画)

3.7

昨日のレイトショーで観てきました。
観客は5人。
伝記映画としてはとても良かった。
前知識なしでも十分に楽しめる内容でした。
ドリームガールズの時も良かったですが、ジェニファー・ハドソンの歌唱力がとて
>>続きを読む

>|