silvercopenさんの映画レビュー・感想・評価

silvercopen

silvercopen

映画(1178)
ドラマ(0)

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.4

映像がオシャレすぎる。こんなカッコいい青春を都会で送りたいと妄想に走りたくなる映画。女の子も男の子もみんなモデルのように映えていた。たまにはこんな映画も良いもんだ。

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

2.0

60歳過ぎていても、こんなアクションをやってしまうジャッキー・チェンが凄い。ただ、それだけの映画です。SFはやっぱりジャッキー・チェンには似合わない。中国でもこれくらいのレベルのSF映画が撮れるんです>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.6

最初は登場人物が多いくてわかり難いなあと思っていましたが、途中から引き込まれました。こういう歴史があるから現代でも直ぐにデモをおこなうんでしょうね。このようなところからも強い国民性がよくわかる。これが>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

2.2

実話を元にした映画のようです。時代設定が古過ぎてイマイチ感情移入出来ず。最後も突然過ぎてよくわからない感じでした。門脇麦さんの演技が良かったが、煙草を斜めにくわえるシーンが気になった。

一級機密(2016年製作の映画)

2.7

実話を元にした映画です。一昔前には何処の国でもあったと思われることだと思われる。敵が巨大過ぎるのに立ち向かっていく姿は凄い。軍隊に対する意識が日本人には理解できないと思う。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

2.8

報われない映画。疑わしくは罰せず。主人公の行動に感銘は受けないが、これはこれで仕方がないと思う。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

2.5

最初のモーグルのシーンに惹かれたが、後のポーカーのシーンはイマイチ。弁護士と話をしているシーンがやたらと多かった。実話を元にしているためか、話としては淡々と進む。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.0

ストーリーは飽きずに見られて良かった。途中からの展開が唐突過ぎてついていけなかった。映画というよりテレビのスペシャルドラマ的な感じでした。北川景子さんを見る映画。

猫は抱くもの(2017年製作の映画)

2.5

猫を擬人化した映画。アニメになったり、舞台になったりとなんとなく統一性がなく、バラバラな感じ。沢尻エリカさんはやはり飛び抜けて綺麗だなあと改めて感じた映画でした。沢尻エリカさんを目当てで見る映画。

ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-(2017年製作の映画)

2.8

ジャッキー・チェンさんが老人役で出演。確か日本版は西田敏行さんだったと思う。アクションをしないジャッキー・チェンさんの演技も良かった。全体的に次々の話が進んでいき、飽きることはないが、急ぎ過ぎな感じで>>続きを読む

修羅の華(2017年製作の映画)

-

暴力シーンありエロありとどう考えても年齢制限必要な映画。全体的に話がわかりにくい。あまり、集中できなかった。しかし、この髪型はなかなかできない。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.5

めんどくさい女だなあと思って見てましたが、趣里さんと菅田将暉さんの演技に引き込まれる。全体的に映像が美しい。特に光と陰の使い方が上手い。この後どうなったのかも気になる。これは疲れるけど良かった。

ブラインド 朗読する女(2017年製作の映画)

3.0

アレック・ボールドウィン、デミ・ムーア
歳を取っても良いですね。
大人の恋愛という感じです。さんぴりょうの内容だと思いますが、個人的には好きです。

花よりもなほ(2006年製作の映画)

2.0

いろいろな人が出演しています。ドラマWのような感じで、特に盛り上がりもなく、眠くなりました。あまり時代劇という感じではないです。

ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主演の2人が良かった。正反対の性格であるが、助け合ううちに惹かれ合うというベタな内容であるが、救出後の話もしっかりあります。極限化で惹かれあった2人がその後もうまくいくとはあまり思えないが、話としては>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

2.4

ありえないと思いながらも、いつの間にか引き込まれてしまうのは演技力か。個人的には最後の終わり方も良いと思う。

嘘はフィクサーのはじまり(2016年製作の映画)

2.0

リチャード・ギアにつられて観たが、あまり面白くなかった。若い頃のカッコいいイメージとはかなり異なり嘘を重ねる可愛いおじいちゃんになっていた。

DISTANCE/ディスタンス(2001年製作の映画)

2.0

初期の是枝監督作品。WOWOWで放送されていて続けて観たが、私には合わなかった。監督の思いが強いのはわかるが、万人向けな映画ではなく、合う人はとても良いと思うかもしれないが。

おもてなし(2017年製作の映画)

2.1

中国語、英語、日本語といろいろな言葉で会話がされる。誰にも感情移入ができず、なんとなく話が進む。おもてなしというタイトルだがおもてなしについても、あまり触れられていない。

食べる女(2018年製作の映画)

3.0

出演者が豪華な映画です。それぞれのエピソードも良かった。ユースケサンタマリアさんがなんか役得な感じ。山田優さんのバー、鈴木京香さんのお店、小泉今日子さんの家と全てが良い感じだった。

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.0

村上春樹さん原作ということで観てみました。ハワイの景色がとても綺麗です。殆どが吉田羊さんの独り舞台です。これは難しいテーマで最後はどのようになるのか気になりながら観ました。少年達との交流が良かった。

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

2.2

ウッディ・アレンらしい映画である。このような役をやらせたらケイト・ウィンスレットが適役だと思うが、かなり痛かった。

アニー・イン・ザ・ターミナル(2018年製作の映画)

2.5

最後は面白かったが、途中までは本当につまらない。脚本が良くないと思う。マーゴットファンなら見ても良いかなあ。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

2.7

犬を飼ったことがないためか、それほどの感動はなかった。なぜ何度も生まれ変わって、過去の記憶が残っているのは、良いのかなあ。面白い発想ではあるが、イマイチそんなに感情移入出来ず。話としては2時間もあるよ>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.2

全体的に説明不足な感じですが、それはそれで良かった。「君の名は」もそうですが、その後の様子を描くのがパターンになっているような気がする。内容としてはそれほどではないが、美しい背景と僕の言葉で独特の世界>>続きを読む

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

3.0

家族が少しずつずれているためにおかしくなっているが、難民を受け入れたことで、少しずつ良い方向に向かって行く。難民問題の取り扱いも少ないが、全体的に飽きずに見られるのは脚本が優秀だからか。また、ポルシェ>>続きを読む

ワンダフルライフ(1999年製作の映画)

2.5

ドキュメンタリーのようなファンタジー。発想は面白いが、展開が静か過ぎて途中で集中力が切れてしまった。出演者は豪華ですね。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.7

カッコいいハゲナンバー1のジェイソン・ステイサム主演です。これでもかというムキムキのカラダも披露しています。中国市場をかなり意識した映画です。ツッコミどころは満載ですが、そんなところも含めて楽しむ映画>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

2.3

この監督は永瀬正敏さんが好きなんでしょうね。何本も出演しています。吉野の山はおそろしく綺麗でしたが、謎は何も解けないまま終わってしまったような気がして消化不良です。真っ白な犬が可愛かった。

教誨師(2018年製作の映画)

3.7

大杉漣さんの最期の主演作品です。演劇のような演出でほとんど同じ部屋の中だけで話が進みます。6人の死刑囚の犯罪も会話だけなので、具体的に何をやったのかわかりません。6人死刑囚はそれぞれがあの事件の犯人で>>続きを読む

幻の光(1995年製作の映画)

2.5

是枝監督の最初の映画ということで観てみました。主演は江角マキコさんです。話は淡々と進みます。全体的に映像が暗いが、映像は美しい。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.5

トム・クルーズが主演だったので観ました。実話を元にした話のようです。全体的に画像が悪い。メチャクチャ金持ちになって、こんなことで良いのかと思ってしまう。トムが無駄にお尻を披露してました。

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.0

タイトルから想像した内容と全く違った。笑いあり涙ありでとてもよかった。伊丹空港の近くに住んでいたので、現在の様子も知っているので、感慨深かった。個人的には両親2人と美人三姉妹の演技が素晴らしかった。残>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.5

2回目の鑑賞。韓国版を観て、日本のリメイクを観たら、韓国版がまた観たくなりました。改めて観ると日本版は韓国版に忠実に再現されていました。日本になったことと、時代設定が少し新しくなったところの演出が変わ>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.2

韓国版も良かったが、日本版も良かった。広瀬すずさんの変顔🤪は笑った。懐かしいJ-POPや風景や服装が懐かし過ぎる。改めて韓国版も見たくなりました。また、高校の時の同級生に会いたくなる映画でした。

ミッドナイト・バス(2017年製作の映画)

2.7

157分という上映時間で躊躇していましたが、観出してしまえば、あっという間に観終わります。特に派手な感じもなくて、淡々と話が進みますが、飽きがこないように演習されています。山本未来さんを久しぶりに見ま>>続きを読む

>|