しまチャンさんの映画レビュー・感想・評価

しまチャン

しまチャン

LOVE:香港、スターウォーズシリーズ
LIKE:コメディ、アクション、SF等

殿堂入り→少林サッカー、スターウォーズep.4・5、マトリックス

過去鑑賞作は記憶を頼りに書いてます。

映画(439)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

どうしても観たくて、でもなかなかスケジュール調整つかなくて、ようやく観れた日がフレディの命日というのも、もはや運命。
キャストの役作りも素晴らしい。

ど真ん中世代ではないし、アルバム数枚くらいしか持
>>続きを読む

皇帝のいない八月(1978年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

将校によるクーデターと言えば二・二六事件等、最近のフィクションでは「亡国のイージス」あたりが有名か。
テーマはすごい面白い、むしろ今の時代だから考えさせられる。実に骨太な作品。
ツッコミどころは多々あ
>>続きを読む

メッセンジャー(1999年製作の映画)

4.0

約20年ぶりに鑑賞。
99年の作品とは言え、ややバブルを引きずった感のある設定。嫌いじゃない。

草なぎ剛がシャープでいい。若いやべっち、京野ことみの可愛さなど見どころ満載!
この映画でメッセンジャー
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

4.0

乾くるみ先生の同名小説の映画版。
原作既読。
結末が分かってるのでニュートラルに鑑賞出来たけど面白かった。ギリギリバブルを知っていたので音楽とかファッションとかもなかなかツボ。
小説と違って全編を流れ
>>続きを読む

MEGALODON ザ・メガロドン(2018年製作の映画)

1.7

サメ映画なのにほぼサメ出てこないし、天下のアメリカ海軍がアワアワするだけで作戦がお粗末過ぎるし、マイケル・マドセンが最終的にイイとこ取りだし、最終的にアメリカ海軍バンザイのザ・B級映画。

CGもチー
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

4.1

CSでやっていたので、ものすっごい久しぶりに鑑賞。テレビシリーズからの大ファンでもうかれこれ20年経つのね、、
この影響で当時大学生だったんだけど進路に警察官は視野に入れていた(笑)。

スマホもない
>>続きを読む

図書館戦争 THE LAST MISSION(2015年製作の映画)

3.4

福士蒼汰の出番控えめの代わりに兄貴役で松坂桃李というまた贅沢な。
アクションシーンもまた派手さを増して飽きない。
予想通りだったけどラストシーンもなかなかお洒落で◎

図書館戦争(2013年製作の映画)

3.7

有川浩先生原作の映画化。原作は未読。
設定は華氏451みたいな感じか。
本を守る図書隊の活躍を描く。
アクションシーンのハードさと恋愛?パートの緩さのギャップが良い。
岡田准一と榮倉奈々の掛け合いも面
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.0

CS一挙放送にて。
後半は戦争メインなので、重いシーンは多い。「悲しいけどこれって戦争なのよね」。
絶望に次ぐ絶望、そこからの逆転、登場人物たちの成長。ドラクエとかFF的な流れではあるけど、ロードオブ
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.8

CS一挙放送にて。
ベネディクト・カンバーバッチの声だけでも観る価値アリな。
あとゴラムの安定感ね。やっぱゴラムよ、いとしいしとよ。

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.7

スターウォーズのエピソード4、5、6からの1、2、3的なやつね。ロード・オブ・ザ・リングに繋がる3部作だけども、個人的にはロードオブ〜より好き。
CSで一挙放送だったから一気に鑑賞。相変わらず長いけど
>>続きを読む

トップをねらえ!(1989年製作の映画)

4.5

「みんなの未来、私たちの未来…ガンバスターで作ってみせる!」

庵野秀明初監督作品にしてそうそうたるスタッフ、キャストによる初期ガイナックス傑作中の傑作。テロップの出し方とかエヴァの流れよね。

30
>>続きを読む

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.5

有川浩先生原作の同名小説の映画化。
原作未読。

見始めは江國香織先生の「デューク」的な話かと思ったけど、これはこれで。
若干リアル感に欠けるところもあるけど、色々上手く行かない時ってあるし、ホっと出
>>続きを読む

劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(2013年製作の映画)

3.3

未だテレビシリーズや原作観てないけどとりあえず鑑賞。
若干キャラの相関で「??」はあったもののそんな細かいことを感じさせないパワー!
相変わらずシリアスとコメディのバランスも良い。そして笑いの元ネタと
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.3

地上波でやってたので何となくで鑑賞。
ミクロの世界故に虫の描写がリアル過ぎて気持ち悪いのはマイナスだけど、まぁテンポもいい。
マーベル作品だと思ってなくて「そういうのはアベンジャーズに頼んでくれ」みた
>>続きを読む

ヴァイラスX(1998年製作の映画)

3.0

あの「ヴァイラス」とは全く関係のない作品。よくある邦題詐欺ですね。

大学時代に友人宅で「レインディアゲーム」と二本立てで鑑賞。
当たり前のように毎日蛇口を捻れば出てくる水に病原菌がうようよいて、飲め
>>続きを読む

七人のおたく cult seven(1992年製作の映画)

3.5

小学生か中学生の時に鑑賞。
当時はオタクという単語がようやく世に認知され始めたレベルで今のようにオタクに寛大な世の中ではなく当然人権なんてなかった時代だった(ように思う)。「オタク=アイドルオタク=キ
>>続きを読む

ZOMBEE 最凶ゾンビ蜂 襲来(2015年製作の映画)

1.0

レビュー約50人で1.3という低スコアの名に恥じないクソ映画、いや敢えて言おう、カスであると。
ゾンビ、サメ映画は大概おおらかな気持ちで観てきたけど、これは無理です。ほんと無理。

○○+ゾンビ的なの
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.6

気になりつつもなかなか観る機会に恵まれず早10数年、ようやく鑑賞。

ジブリのコメディ映画は本当に爽やかで楽しい!
時間短めだけど間延びするより全然良し。断然犬派だけど猫も可愛いなーって思った。声優陣
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.7

相変わらず原作は未見のままだけど、前作が楽しかったから絶対観ようと思ってた。まぁ前作は超えないよなーと不安もありつつ、劇場へ。

結果としては前作の数倍面白かったし、涙流して笑った。劇場には平日の朝っ
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.0

夏は毎年サメ映画を一本は観よう!という自分ルールのもと昨年の「海底47m」に続き鑑賞。
B級映画を感じさせないスタイリッシュな映像、そのギャップの緊迫感。
中盤にかけてはサメの姿自体をあまり出さないけ
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.8

ゴリゴリな子ども向け映画かなーと思って敬遠してたけど、ヒーローの華やかな部分だけではなく、社会との共存問題等やや重いテーマも含んでいたのは意外ですぐ引き込まれた。ダークナイトみたいな。
でも基本的には
>>続きを読む

クロコダイル・ダンディー(1986年製作の映画)

3.3

子どもの頃見て、すごく面白かった印象。
今観ても確かに面白い。面白いんだけど何か少し物足りない感じ。もっとハチャメチャやってもよかったかなぁと。でもあんだけ堂々としてたダンディーが失恋でションボリしち
>>続きを読む

ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲(2001年製作の映画)

3.7

ケヴィン・スミス監督作品の名物キャラであるジェイとサイレントボブを主人公に据え置いた、ゲストは豪華だけど日本で跳ねるわけのない映画よね。
映画のパロディ、小ネタ満載でずっと面白い。売れるとか考えないで
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.3

期待しすぎてしまったのか、少々残念な出来。前作が良すぎたんだよね。
ジュラシックシリーズはあのイスラ・ヌブラルという島、開放的でありつつ閉鎖された空間の中でのスリル感にこそ価値があるんだよ。あたかもジ
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.6

原作、アニメともに3部まではしっかり観てたけど、4部は軽ーい知識程度、5部以降は縁がなく全くの未見というレベルのライト層だから中立的に鑑賞。
酷評されていた割には良かったと思う、というよりガチファン以
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.3

スターウォーズの中でも最も魅力的なキャラクターであるハン・ソロの若き姿を描いたスピンオフ。
前評判やら本土での評価はアレだったらしいので、あまり期待せず鑑賞。

何と言ってもオールデン・エアエンライ演
>>続きを読む

君さえいれば/金枝玉葉(1994年製作の映画)

4.3

原題:金枝玉葉
英題:He's a Woman, She's a Man

多少香港映画をかじった人ならば「一番好きな香港映画は?」という問いにこの作品を挙げる人も少ないだろう。
登場人物が皆キラキラ
>>続きを読む

高校教師(1993年製作の映画)

3.2

森田童子さんの訃報でふと思い出し、、

もう25年も前の映画なのか…
ドラマ版はオリジナルの真田広之・桜井幸子版、リメイクの藤木直人・上戸彩版と全て鑑賞。
やはりオリジナルには到底敵わないものの、当時
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.1

久しぶりにドラゴンボール観たなー!
原作はブウ編くらいまで読んで、アニメもセルゲームくらいまでは観てたと思う、多分。
まぁ軽く観るにはそれなりに楽しめるけど、やはりナメック星編のフリーザ様の絶望的なま
>>続きを読む

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

4.1

15年前くらいの当時、予告編とのあまりの印象の違いにガッカリしたものだけど、今観てみたらまぁ面白い。
前半のノホホン青春パートと中盤の雪山シーン以降の転調の落差とか「おおお(゜o゜;」ってなる。
「ス
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.4

ザ・B級感ぷんぷんだし、全然期待してなかったけどオープニングから結構掴まれ、設定も意外と細かくて好感。
「ゾンビ狩り」がメインかと思いきやゾンビ狩り描写はかなり少なく、ゾンビの人権等もテーマとなってお
>>続きを読む

アルマゲドン(1997年製作の映画)

2.5

原題:天地雄心
英題:ARMAGEDON

20年近く前に鑑賞。
当時は「アンディ版のアルマゲドンとか面白いに決まってるやんけ!」とか意気込んで観たけど、蓋を開けてみたときのコレジャナイ感なかなか。
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

3.7

「脳味噌くれー」

言わずとしれたカルトゾンビムービー。
小さい頃はよくテレビでやってて(年齢バレるな)、怖いながらも観ていたけど、今観たら全然怖くないどころか面白い、というかただのコメディ(笑)。霊
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明(1991年製作の映画)

4.0

リンチェイによるワンチャイサーガの第一作。
ジャッキーのコミカルカンフーに慣れ親しんでいた若き日の自分がこの作品に出会った時の衝撃はすごかった。
速さ、力強さ、説得力のあるカンフー。敵役のアメリカ人提
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

3.4

ノアの方舟の話ってキリスト教徒でなくても聖書とか読んでなくても小さい頃からうっすらは知ってて、でも細かいところはよく分からないレベルな人が多いと思う。
自分もそんなうっすら知識と「スプリガン」で読んだ
>>続きを読む

>|