しまチャンさんの映画レビュー・感想・評価

しまチャン

しまチャン

LOVE:香港、スターウォーズシリーズ
LIKE:コメディ、アクション、SF等

殿堂入り→少林サッカー、スターウォーズep.4・5、マトリックス

過去鑑賞作は記憶を頼りに書いてます。

映画(414)
ドラマ(0)

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.3

スターウォーズの中でも最も魅力的なキャラクターであるハン・ソロの若き姿を描いたスピンオフ。
前評判やら本土での評価はアレだったらしいので、あまり期待せず鑑賞。

何と言ってもオールデン・エアエンライ演
>>続きを読む

君さえいれば/金枝玉葉(1994年製作の映画)

4.3

原題:金枝玉葉
英題:He's a Woman, She's a Man

多少香港映画をかじった人ならば「一番好きな香港映画は?」という問いにこの作品を挙げる人も少ないだろう。
登場人物が皆キラキラ
>>続きを読む

高校教師(1993年製作の映画)

3.2

森田童子さんの訃報でふと思い出し、、

もう25年も前の映画なのか…
ドラマ版はオリジナルの真田広之・桜井幸子版、リメイクの藤木直人・上戸彩版と全て鑑賞。
やはりオリジナルには到底敵わないものの、当時
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.1

久しぶりにドラゴンボール観たなー!
原作はブウ編くらいまで読んで、アニメもセルゲームくらいまでは観てたと思う、多分。
まぁ軽く観るにはそれなりに楽しめるけど、やはりナメック星編のフリーザ様の絶望的なま
>>続きを読む

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

4.1

15年前くらいの当時、予告編とのあまりの印象の違いにガッカリしたものだけど、今観てみたらまぁ面白い。
前半のノホホン青春パートと中盤の雪山シーン以降の転調の落差とか「おおお(゜o゜;」ってなる。
「ス
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.4

ザ・B級感ぷんぷんだし、全然期待してなかったけどオープニングから結構掴まれ、設定も意外と細かくて好感。
「ゾンビ狩り」がメインかと思いきやゾンビ狩り描写はかなり少なく、ゾンビの人権等もテーマとなってお
>>続きを読む

アルマゲドン(1997年製作の映画)

2.5

原題:天地雄心
英題:ARMAGEDON

20年近く前に鑑賞。
当時は「アンディ版のアルマゲドンとか面白いに決まってるやんけ!」とか意気込んで観たけど、蓋を開けてみたときのコレジャナイ感なかなか。
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

3.7

「脳味噌くれー」

言わずとしれたカルトゾンビムービー。
小さい頃はよくテレビでやってて(年齢バレるな)、怖いながらも観ていたけど、今観たら全然怖くないどころか面白い、というかただのコメディ(笑)。霊
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明(1991年製作の映画)

4.0

リンチェイによるワンチャイサーガの第一作。
ジャッキーのコミカルカンフーに慣れ親しんでいた若き日の自分がこの作品に出会った時の衝撃はすごかった。
速さ、力強さ、説得力のあるカンフー。敵役のアメリカ人提
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

3.4

ノアの方舟の話ってキリスト教徒でなくても聖書とか読んでなくても小さい頃からうっすらは知ってて、でも細かいところはよく分からないレベルな人が多いと思う。
自分もそんなうっすら知識と「スプリガン」で読んだ
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

2.5

ゲームはやった事なく、なんとなーくな知識レベルで結構前に鑑賞。
とにかく暗いし重い(重厚感とかストーリーとかではなくテンポが悪い)し、不快感の塊というか。
もっとスピード感を持たせたり、振り切っちゃえ
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.6

矢口監督らしい作品。
コミカルなシーンも多いけどシリアスだったり泣かせにきたり、、
例え電気が止まっても、電車やバスが動かなくてもいつもの日常をこなさないとっていう日本人気質の描写はもはや狂気に近い。
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.0

DC系はあんまり観たことなくて、同機内でやってた「ジャスティスリーグ」と迷った上で鑑賞。
コミカルなシーンは散見されるものの戦争が舞台のため重めの話。
アクションシーンのテンポはいいものの如何せん上映
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

役者一人一人の演技はとにかく素晴らしい。
日本の司法制度、人間の善悪、正義とは…等々に切り込んでいるのも面白い。
途中から薄々感じてはいたけど最後は「それでも僕はやってない」的な結局真実は分からないの
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

意外と豪華キャストながら、内容はどっかで見たことあるシーンをパッチワークみたいに繋いだような、お金のかかったB級映画。
期待していたほどではなかったかなぁ、、

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.8

記念すべき400マーク目!

プロメテウスの続編でエイリアン1への架け橋みたいな?
過去作1 〜4は鑑賞済、プロメテウス未見ながらすごい楽しめた。グロ描写は付き物だし、結局誰を信じればよいのか的なスリ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

4.2

アニメ版劇場版、紅桜篇の実写化。
というかそれしか観てないけど、面白かった。いやもはや楽しかった!!

大体こういうアニメの実写化ってパワーダウンして批判される事が多いけど再現力ハンパない、スタッフ・
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.1

こどもの日だからやったのかな?BSにて鑑賞。
20年以上ぶりに観たけどほんと面白い。あんな8歳いるかよ!っていうツッコミは置いといて、悪役も抜けてて憎めないし、何よりカルキン少年が可愛い(*´ω`*)
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.3

リーアムのおっちゃん大奮闘!
クワイ=ガンの時もまぁ貫禄あったけどおじいちゃんになったなー💦
でもアクションバリバリでラストの浮いた拳銃キャッチして撃つとか香港映画かよ!っていう(笑)。
たしかに犯人
>>続きを読む

モンスターズ・ユニバーシティ(2013年製作の映画)

3.8

モンスターズインクも含め、観たことなくて、知識もTDRとツムツム程度の知識しかなかったから、真っさらな気持ちで観たけど、面白いしキャラクターも可愛いし、ピクサー映画ってほんと素敵。

メジャーリーグ2(1994年製作の映画)

3.4

こちらも久々の鑑賞。
1に比べたらパワーダウン(と言うかやや詰め込み感)は否めないけど、それでも十分すぎる楽しさ(笑)。
あとは石橋貴明がまだ日本人選手がメジャーでブレイクする前なのにまぁまぁ主要キャ
>>続きを読む

メジャーリーグ(1989年製作の映画)

3.9

25年ぶりくらい?に鑑賞。
当時はそこまで野球に興味なかったけど、しっかり応援球団のある今観てみると改めて面白い。
まさに王道のスポ根コメディ。
昔の記憶ではテイラー(トム・べレンジャー)もっと硬派か
>>続きを読む

フレディVSジェイソン(2003年製作の映画)

3.7

VSシリーズは数あれど、やはりAVPと本作は別格か。
出来不出来度外視でやはりこの手の作品は映画ファンのロマンなんだよね。
あえてチープな感じに作ったりとか、定番のお色気もあったりとか。
終盤のフレデ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

ここまで話題になっちゃうと何だかなーと思ってしまう捻くれ者の私なので、どうせ単なる入れ替わりものの映画でしょ?って酷評しようと思ったけど、残念ながら始まってすぐ引き込まれてしまった(笑)。
スピード感
>>続きを読む

バイオハザード ディジェネレーション(2008年製作の映画)

3.5

CGアニメだからこそ実写版よりゲームに近いためか緊迫感はより感じられた。
寡黙なレオンカッコいい!
てっきりハリウッド映画かと思いきやメイド・イン・ジャパンなのね💡

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.4

「七人の侍」のハリウッド版、って言っちゃえばそれまでだし、じゃあ七人の侍と比較して〜とかなるとね、何か野暮なんだよ。
共通して言えるのは弱者を守るアウトローはカッコいい。理由なき戦いいいじゃないか。
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

4.0

小学生の頃、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」の読破に挫折した記憶があり、ずっと避けていたのですが、時を経てようやく鑑賞。
思ったよりもファンタジー(というかゴリゴリのSF)で面白かった!
上質なRPGやっ
>>続きを読む

FOR REAL ベイスターズ、クライマックスへの真実。(2017年製作の映画)

4.4

ベイスターズファン以外で観る人はほとんどいないと思うけど、スポーツドキュメントとしても一級品。というよりもはやロードムービーのような素晴らしい作品。
華やかな舞台の裏での努力、苦悩、涙…。時にフィクシ
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.2

子供の頃に観て以来、何度もテレビでやったりしてるものの機を逸していてものすごーく久々に鑑賞。
クセの強めなジブリ作品の中でもある意味異色の穏やかーな作品。
決して子供向けなだけではなく大人になっても何
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.6

アニメ版の大ファンだから、あまり期待せず鑑賞。予想よりは面白かったと思う。
最初はえ?素子じゃないの?パラレル設定なの?とか探り探りだったけど、段々と観進めていくうちにそういう事だったのか!っていう思
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

3.5

ただのコメディかなーと思ってたけど、思ってたよりグッとくる映画だった。
女優陣の華やかさ、豪華ミュージシャン、劇中の音楽の使い方も秀逸!
泣いて笑って恋をして、人生はうまく行く事ばかりじゃないけど、ダ
>>続きを読む

失業皇帝(1999年製作の映画)

3.5

当時現地買い付けのVCDにて鑑賞。
さすがに内容全然覚えてないけど、細かいニュアンスがよく分からなくても面白かったしジジ・リョンの可愛さが異常だった記憶が。
そしていま思うとエリック・コットにサム・リ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

オープニングからのワクワク、当然のごとく前知識無しでの鑑賞。相変わらず理屈無しで楽しめる作品。


叛乱軍の無策ぶりとかフォースのチート感とかシリーズ屈指のご都合主義さとか細かい部分で気になるところは
>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

3.6

約20年前に鑑賞。
新撰組関連の映画は数多あれど、色々な意味でとびきりの異色作。
司馬遼太郎先生の短編「新選組血風録」内の「前髪の惣三郎」「三条磧乱刃」が原作。大島渚監督の遺作。

これがデビュー作と
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.4

青春のキラキラした映画って苦手で、でもまぁまぁ話題になってるし実写よりもアニメならまだ観れるか…と思いながら鑑賞。
全体を通してキラキラした映画ながらチラチラ見え隠れする人間の嫌ーな部分というか深い闇
>>続きを読む

人形劇ギルド(2006年製作の映画)

4.0

20代の頃にドハマりしたバンプ。
そんな時代に観たシングルカットすらされていない屈指の名曲「ギルド」の世界観を人形劇にしたのがこの作品。
親子愛をテーマにしたストーリーはベタな無声映画なわけだけど、チ
>>続きを読む

>|