メイマーツインズさんの映画レビュー・感想・評価

メイマーツインズ

メイマーツインズ

映画(593)
ドラマ(2)
アニメ(0)

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.0

《イケダンになれば、もう一度妻の愛を取り戻せるのか?》


ライアン・ゴズリング、ジュリアン・ムーアの作品が続いたので、2人が出演の本作を。
ハートフル・コメディ作品。
Netflixにて再鑑賞。
>>続きを読む

ことの終わり(1999年製作の映画)

4.0

【隠れた傑作⁉︎シリーズNo.48】

《2人の恋を終わらせた第三の男とは…》

鬼才ニール・ジョーダン監督作品。
ソフト所有で再鑑賞。



舞台は第二次世界大戦下のロンドン。戦火の中、逢引を重ねる
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.5

【名作を観ようシリーズNo.122】

《きみが思い出すまで、ぼくは読む…》

ライアン・ゴズリング×レイチェル・マクアダムスの珠玉のラブストーリー。
ソフト所有。再鑑賞。



”ブルーバレンタイン
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.5

《きみを傷つけてしまうのは、愛しているから…》

ライアン・ゴズリング×ミシェル・ウィリアムズで描く、”愛〟の始まりと終焉。
U-NEXTにて再鑑賞。



出会った頃の2人の情熱は何処へ…
そして…
>>続きを読む

ふたりの5つの分かれ路(2004年製作の映画)

4.1

【隠れた傑作⁉︎シリーズNo.47】

《”終わり〟があるから、愛は”輝く〟のか…?》

名匠フランソワ・オゾンが描く、ある夫婦の物語。フランス作品。
ソフト所有。再鑑賞。



フランソワ・オゾンの
>>続きを読む

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

2.5

《”ある1日〟だけで遡る、ふたりの6年間…》

”ナイト・オン・ザ・プラネット〟の流れで。
Amazonプライムにて。



ジム・ジャームッシュの名作”ナイト・オン・ザ・プラネット〟へのオマージュが
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.1

【名作を観ようシリーズNo.121】


ジム・ジャームッシュ監督の名作。
”スモーク〟の流れで久々に。
ソフト所有で再鑑賞。



ジム・ジャームッシュ監督作品の中では1番好きな作品!
クールであり
>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

4.3

【名作を観ようシリーズNo.120】

《世の中で大切なものは、煙のようなもの…》


名優ハーヴェイ・カイテル主演の珠玉のハートフルドラマ。
90年代は、ミニシアター系映画の傑作が多く、その中でもフ
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.5

《炎は怖くない。恐れるのは愛する人の涙だけ…》

”トップガン マーヴェリック〟のジョセフ・コシンスキー監督が実話を基に描く、炎を恐れない勇敢な男たちの物語。
ソフト所有で再鑑賞。



”人間愛〟に
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.0

《誇りをかけて、飛ぶ。》

トム・クルーズ主演。80年代を代表するアクション映画の続編。
IMAXにて



約10か月ぶりの映画館。この作品だけはどうしても映画館で観たかった‼︎
しかも初IMAX‼
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.1

【名作を観ようシリーズNo.119】

《”さよなら〟の代わりに、記憶を消した…》

ミシェル・ゴンドリー監督作品。
ジム・キャリー×ケイト・ウィンスレットのダブル主演で描くロマンス映画。
ソフト所有
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.0

【名作を観ようシリーズNo.118】

《もう一度、抱きしめたい…》

デミ・ムーアの出世作であり、90年代を代表するロマンス映画の金字塔。
ソフト所有で再鑑賞。


とてもキュートなデミ・ムーア、
>>続きを読む

恋するシェフの最強レシピ(2017年製作の映画)

3.0

《料理こそ、心の暗証番号を解く鍵》

”猟奇的な彼女〟の流れで、ラブコメ×料理の本作を。中国作品。
Amazonプライムにて。


金城武は久々。相変わらずカッコいいね。
1990年代半ばは、金城武、
>>続きを読む

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

4.0

【名作を観ようシリーズNo.117】

《好きってイタい⁉︎》

劇場公開当時、映画館にて。
20代はロマンス映画をよく観ていて、その中でも思い出深い作品のひとつ。
ソフト所有で再鑑賞。



20代
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.5

《人生は、美しい色であふれている》

カナダの画家モード・ルイスを描いた物語。
U-NEXTにて。



今の時代、夫婦はパートナー的な意味合いもあって、様々な”カタチ〟があり多様化している。

”人
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.3

【名作を観ようシリーズNo.116】

英国が誇るリチャード・カーティス脚本作品。
久々にロマンス映画モードに。
”シャンドライの恋〟に続き、この作品を。
ソフト所有で再鑑賞。



ジュリア・ロバー
>>続きを読む

シャンドライの恋(1998年製作の映画)

4.5

【隠れた傑作⁉︎シリーズNo.46】

《切なくも、儚い、これもひとつの愛の姿…》

”ラストエンペラー〟”暗殺の森〟のイタリア🇮🇹の巨匠・ベルナルド・ベルトルッチが描く”無償の愛〟。
イタリア映画が
>>続きを読む

神様の思し召し(2015年製作の映画)

3.0

《真逆の立場で救ってきたふたりが出会って見つけた、”人生の宝物〟とは?》

パオロ・ソレンティーノ作品でイタリア🇮🇹映画の空気感に魅了され、”おとなの事情〟に続き本作を。
イタリア🇮🇹発ハートフル・コ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.3

《スマホの中身、他人にみせられますか?》

世界中でリメイクされた、イタリア🇮🇹男女7人”月食夜〟物語。
U-NEXTにて再鑑賞。



初鑑賞の時には、人間社会のタブーに踏み込んだ展開に好奇心をそそ
>>続きを読む

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)

3.5

《バカンスは終わり、人生が始まる》

前回レビュー作”グレート・ビューティー〟の流れで、パオロ・ソレンティーノ作品を。
U-NEXTにて。



セレブたちが集うアルプスの高級リゾート地を舞台に、著名
>>続きを読む

グレート・ビューティー/追憶のローマ(2013年製作の映画)

4.1

《何よりも求めたのは、初恋の人の面影だった…》

イタリアの名匠、パオロ・ソレンティーノが大人たちに贈る、”人生賛歌〟。
2014年度、アカデミー賞外国語映画賞受賞作品。
U-NEXTにて。



>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

4.3

【隠れた傑作⁉︎シリーズNo.45】

《君から教えてもらったこと、それは、決して、逃げ出さない勇気…》


”アナザーラウンド〟”グッバイ・リチャード〟は、人生観をアップデートさせてくれる素敵な映画
>>続きを読む

テキサスの五人の仲間(1965年製作の映画)

4.1

【隠れた傑作⁉︎シリーズNo.44】

ハリウッドの大俳優ヘンリー・フォンダ主演のギャンブルドラマの傑作。
フォロワーさんのレビューに惹かれて…
U-NEXTにて。



今、日本の若者のポーカー人口
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

4.0

《人生はくそったれで、愛おしい》

ジョニー・デップ主演で描く、”人生賛歌〟。ゴールデンウィークの締めは本作を。
Amazonプライムにて。



40代になると”人生とは?〟をよく考えるようになる。
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.1

《人生に乾杯を》

デンマークの名優・マッツ・ミケルセン主演で描く”人生賛歌〟。
デンマーク作品。
U-NEXTにて。



自分は最近でこそ、あまりアルコールを飲まなくなったけど、以前は酒豪だった(
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.5

《密やかな爆弾は、彼女の”告白〟で着火した》

ニコール・キッドマン×シャーリーズ・セロン×マーゴット・ロビーで描く衝撃の実話。
前回レビュー作”アザーズ〟のニコール・キッドマンに惹かれ…
U-NEX
>>続きを読む

アザーズ(2001年製作の映画)

4.4

【名作を観ようシリーズNo.115】

《その”存在〟が見えたとき、全てが変わる。》

スペインの名匠アレハンドロ・アメナーバルが監督・脚本、ニコール・キッドマン主演で描く、サスペンス・ホラー。
20
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

2.5

《魅惑的で恐ろしい、60年代のロンドンへようこそ》

傑作”ベイビー・ドライバー〟のエドガー・ライト監督作品ということで、どうしても期待値が上がる…
U-NEXTにて。


60年代のロンドン・ソーホ
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.0

《愛すべきクソやばいやつら。》

ジェームズ・ガン監督作品。
Filmarksで高評価。フォロワーさんのレビューにもよく上がり、気になっていた本作。
Netflixにて。



熱狂的なファンに支持さ
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.5

《勝者も、敗者も、海に全てを捧げた。》

太平洋戦争において天下分け目の戦いとなった”ミッドウェー海戦〟を描いた本作。
ずっと興味があったけど、”駄作の帝王〟ローランド・エメリッヒ監督ということで避け
>>続きを読む

君の誕生日(2018年製作の映画)

4.2

《ずっと忘れない》

”護られなかった者たちへ〟から続いた人間愛をテーマにした映画たち…
締めは、韓国映画のこの作品を。
U-NEXTにて。




2014年セウォル号沈没事故。
修学旅行中だった多
>>続きを読む

れいこいるか(2019年製作の映画)

3.0

《いつか、また会える》

ミニシアター系の日本映画。
前回レビュー作”遺体〟の流れで…
ゴールデンウィークは、いつもは観ないような映画を。
U-NEXTにて。


1995年1月17日。
阪神・淡路大
>>続きを読む

遺体 明日への十日間(2012年製作の映画)

4.1

《彼らには、悲しむ時間さえなかった…》

”護られなかった者たちへ〟を観るまで、存在さえ知らなくて…
2011年3.11東日本大震災での”ご遺体〟を題材にした作品。
U-NEXTにて



2011年
>>続きを読む

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

4.0

《母ちゃんも、僕も、生きて、生きる。》

日本映画の傑作”舟を編む〟の石井裕也監督作品。
”わたしは、ダニエル・ブレイク〟で心に刺さった針をとってくれる家族ドラマに触れたくなり、clipしていた本作を
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.4

《人生は変えられる。隣の誰かを助けるだけで》

2016年度カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品。
名匠ケン・ローチが描く、”人間の尊厳〟。
ずっとClickしていた本作。前回レビュー作”護られなかった
>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.5

《罪を犯してまで、護りたかったものとは。》


日本映画の社会派ミステリー作品。阿部寛主演ということでclipしていた本作。
U-NEXTにて。



東日本大震災の傷痕、そして生活保護受給問題を真摯
>>続きを読む

>|